ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フィンランド共和国 Suomen tasavalta(フィンランド語) Republiken Finland(スウェーデン語) 国の標語:なし 国歌:Maamme(フィンランド語) Vårt Land(スウェーデン語) 我等の地 ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
    72キロバイト (8,310 語) - 2019年10月22日 (火) 11:42



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 Toy Soldiers ★ :2019/12/08(日) 12:25:43.38

    理崎 (@babyjustholdon2)さんが8:02 午後 on 月, 10月 07, 2019にツイートしました。
    世界トップクラスの男女平等国で育休環境が整っているフィンランドでも2019年の出生率見込みは1.35で日本を下回る見込みらしい。
    https://twitter.com/babyjustholdon2/status/1181162842893930496?s=03


    なぜフィンランドの出生率は崩壊したのか?そして私たちに教訓があるのか?

    これは、他の何かを探しているときにつまずいた見出しであると認めます。「フィンランド統計局は、今日の英語版ヘルシンキタイムズから、厳しい人口予測を発表しました。

    「出生率が現在の記録的な低水準から反発しない限り、フィンランドのどの州でも死亡よりも多くの出生を記録することはありません。

    念のため、これは私たちが話しているフィンランドであり、超低出生率に関する議論に通常登場する国ではありません。これはイタリアでも日本でもありません。

    これはフィンランドで、2019年のランキングで世界で最も幸せな国に選ばれました。
    2018年も1位、2017年と2016年は5位、2015年は6位、2013年は7位でした(2014年の報告はありません)幸福度と人生の満足度の客観的および主観的な尺度を組み合わせた世界幸福度レポート研究者へ。

    また、フィンランドには、育児休暇の条項が豊富にあります。
    出産休暇は期日の50~30営業日前に始まり、105営業日続きます。その間、フィンランドの社会保障機関であるケラは「出産手当」を支払います。父親は最大54勤務の育児休暇を取得できます。日数と「父母手当」を受け取る。
    これらの日のうち18日は、母親と同時に服用できます。その後、「育児休暇」はさらに158日間続きます。

    育児休業給付の終了後、親は子供の3歳の誕生日まで、無給であるが仕事の保護を受けながら家に留まり、「児童在宅手当」を受け取ることができます。
    または、両親は保育所を選択し、収入に基づいて補助金を受け取ることができます低所得家庭では何もありません。高所得家庭では月に1人あたり最大290ユーロです。

    しかし、ここに、過去10年間の出生率の推移があります(フィンランド統計局の「出生率の急激な低下が続いている」および推定2019年の「出生率の低下は、地域の人口増加に反映されている」レート)

    (出典 i.imgur.com)


    フィンランドTFRフィンランドTFR
    フィンランドのTFR 2009 – 2019 フィンランド統計局から
    または、グラフィカルな形式で、

    (出典 i.imgur.com)


    ここで何が起こったのですか?
    定期的な読者は、8月にスウェーデンの出生率の低下をプロファイルしたことを思い出すでしょう。私の読書の過程で、その極端な周期性は、特定の育児休暇や親が一時的に出産を早める他の政策の影響に起因していることを学びました。
    スウェーデンとフィンランドを並べると(最近のデータはやや少ない)、フィンランドは出生率がずっと安定しているが、過去10年間で崩壊していることがわかります。

    これは貧しい経済によるものですか?フィンランドの失業率は、2012年の比較的低い7.7%から2015年には不況後の9.4%に上昇しましたが、その後低下しており、現在は6.7%のレベルにあり、
    不況前の低水準にほぼ等しくなっています2008年には6.4%でしたが、それ自体は冷戦終結以来の低さです。
    同国の実質GDP成長率も同じ時間枠で同様に低下していましたが、その後回復し、それ以降わずかに減速しています。

    インタビューで、フィンランドのアンティ・リン首相はこの減少についてコメントした。

    「 『親のおかげで女性の年金が大幅に減ったのは事実です。女性のキャリアと所得の向上は、家族を始められることを望んでいる人がそうすることができるようにするために取り組む必要がある重要な問題です。これらは大きな問題です」と彼はコメントしました。

    Google翻訳 続きソース
    https://www.forbes.com/sites/ebauer/2019/10/01/why-has-finlands-fertility-rate-collapsedand-are-there-lessons-for-us/

    ★1:2019/12/08(日) 08:57:18.49
    ※前スレ 
    【フィンランド】助けて!なぜか日本よりも出生率低いの!★2   
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575768190/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【フィンランド】助けて!なぜか日本よりも出生率低いの!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年11月20日 (水) 05:31



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/03(火) 16:54:17 ID:vWMnLNRl9.net

    【AFP=時事】フランス東部アルデンヌ(Ardennes)県で先週、野生のイノシシ158頭が1日の狩りで殺される出来事があり、自然保護団体などからは「大虐殺だ」と非難の声が上がっている。

     問題の狩りに参加した82人のハンターは先月27日、たたくなどして獲物を狩猟者の方へ追い出す方法で狩りを行ったが、地元当局によると参加者らは300頭あまりとされている今シーズンの狩猟割当数に達しておらず、権利の範囲内だという。

     しかし地元紙の取材に応じた狩り参加者の一人は、殺したイノシシの数について「大虐殺」だと表現し非難。狩りの光景は体が震えるほどだったと語った。

     AFPの取材に応じた地元狩猟団体の会長は、158頭というのは異例の数字であるとの見解を示し、「このような行き過ぎた行為は許されない」と述べた。

     また、自然保護団体の責任者は「(個体数)管理の必要があるとはいえ、この大虐殺は圧倒されるほどだ」と語った。

     動物愛護団体からの高まる抗議の声に直面しながらも、フランス国内のハンターらは狩猟が自然に有益で、国の伝統にも根差したものであると主張している。

    2019年12月3日 14時40分
    AFPBB News
    https://news.livedoor.com/article/detail/17471472/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【フランス】82人のハンターが刈りで1日にイノシシ158頭“殺”す…「大虐殺」と非難の声】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/05(木) 08:01:49.65

    朝起きると車のフロントガラスがバリバリに凍っていた...!

    そんな経験、あなたはないだろうか。もし霜に覆われてしまった場合、解氷スプレーを使う、暖房をつけて溶けるのを待つなどの方法がある。凍る前の対策として、フロントガラスカバーをかけるという人もいるだろう。

    そんな中、市販の対策グッズに頼らない、ある画期的な方法がツイッターで話題になっている。

    フロントガラスを覆っているのは...商品の梱包などに使われる緩衝材「プチプチ」だ。気泡の面を下にし、ワイパーと運転席、助手席のドアで挟んで飛ばないようにしている。

    投稿したのは福島県郡山市在住のツイッターユーザー・天手力男(@JkKu17)さん。2019年11月29日に、

    「今朝の車、がっちガチになってました、が!
    昨夜のうちに、ぷちぷちでフロントガラスをガードしたおかげで霜取り作業レスでした」

    と、この写真を投稿したところ、大きな反響があった。他のユーザーからは、

    「コレいいですね!この発想はなかった!」
    「活躍できず、余ってるプチプチが役だつ時がきたかな?!試してみます!」
    「もっと早くにこの方法知りたかった...」

    といった声が寄せられている。

    窓に貼る断熱シートのような役割

    Jタウンネットは12月3日、投稿主の天手力男さんに詳しい話を聞いた。

    天手力男さんが車を停めていたのは屋根のない駐車場。気温3度を下回る朝などはフロントガラスの霜取りが欠かせないといい、本格的な冬が到来した今となっては毎朝の日課のようになっている。

    天手力男さんはプチプチを用いたこの方法を思いついたきっかけを、次のように話している。

    「最寄りのイエローハットで車用防霜シートのようなものを見かけて、買うより梱包用プチプチで代用出来るだろうと思い、試した次第です」

    結果は天手力男さんの予想通り。プチプチを被せていない端の部分は霜で覆われているが、被せた部分は霜が付かず、綺麗な状態が保たれている。用が済めば気泡を潰して遊ぶだけのプチプチに、こんな使い道があったとは驚きだ。

    しかし、なぜプチプチなのか。天手力男さんは防寒対策で窓ガラスに貼っていた、大判のプチプチを使用したとしている。

    雪国では冬になると窓にプチプチした断熱シートを貼る家庭も少なくない。ガラスに関するトラブル相談を受け付ける「ガラス110番」のサイトによると、一般的に空気は熱を伝えにくいため、断熱材は空気を含んだものになるとのこと。

    そのため梱包用のプチプチでも断熱シートのような役割を果たせることが期待できる。断熱シートおよび梱包用のプチプチでフロントガラスの霜を防ぐこともできるというわけだ。

    天手力男さんは今回ツイッターで話題になったことについて、

    「市販品の存在を当たり前に思っていたので、この反響に驚き、戸惑っています」

    と話している。

    2019年12月4日 18時0分
    Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/17478170/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【クルマ】朝起きるとバリバリ…車ガラスの凍結「プチプチ」で防止できる!雪国民のアイデアに「もっと早く知りたかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境において極めて大きな問題になっている。一部の海洋研究者は1mmよりも小さい顕微鏡サイズの全てのプラスチック粒子と定義しているが、現場での採取に一般に使用されるニューストンネットのメッシュサイズが333μm
    24キロバイト (3,375 語) - 2019年11月23日 (土) 12:15



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2019/12/05(木) 15:02:02.25

    ■あまり知られていなかった、タイヤによるプラスチック汚染

    多くの人は毎日何らかの形でタイヤを利用しているが、タイヤがプラスチック汚染の原因の一つであることはあまり知られていない。

     タイヤは道路を走行する際、摩擦により合成ゴムの破片をまき散らす。合成ゴムは石油を原料とするポリマー(高分子化合物)で、こうした破片は雨が降ると道路から河川へと流れ込むことがある。ある推計では、海に流入するマイクロプラスチックのうち、タイヤが28%を占めるという。

    ■環境に配慮したタイヤの開発も

     ゴムはかつてゴムの木の樹液だけで作られていたが、車を運転する人が増えるとゴムの需要も急増した。1909年、ドイツの化学者フリッツ・ホフマンが初めて商業用の合成ゴムを開発し、タイヤの原料として使われるようになる。31年には、米デュポン社が合成ゴムの大量生産を始めた。現在、タイヤの原料は天然ゴムが約19%、合成ゴムが24%を占め、さらに金属やほかの素材が使われている。

     一般的に使われるラジアルタイヤは、数十年前からデザインがほぼ変わっていないが、近年、環境に配慮したタイヤの開発が進められるようになった。米ミネソタ大学が率いる研究チームは、樹木や草、トウモロコシなどの天然素材を使って合成ゴムの主原料を作る方法を発見した。

     タイヤの原料からプラスチックを完全に排除することは難しいが、路面を現在よりなめらかにし、なおかつ滑りにくくすることはできるかもしれない。また、マイクロプラスチックを含んだ雨水が海に流入する前に回収する方法もあるだろう。タイヤの問題が認識されるようになったのはごく最近で、解決に向けた研究は始まったばかりだ。


    (出典 cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp)


    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/112600683/


    【【環境】海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    819 あなたのうしろに名無しさんが… :04/09/14 13:17:44 ID:kBTDad42

    森の仲間たちというか…

    子供のころ、二足歩行で歩く
    野うさぎに出くわしたことがある…
    小学校に上がる前の記憶なんだが、
    そのころは家の目の前に広がる丘陵地帯が遊び場所。
    得意技は獣道探しw である日、
    ウサギノうんこがぽろぽろ落ちている場所を発見! 
    すわ、うさぎの通り道発見と、付近をうろうろしていたら、
    少し離れたところをソローリソローリと
    二足歩行する野うさぎが…あの愛玩用よりも長い手足で
    キョロキョロあたりを見渡しながら…
    その頃『ピーターラビット』など
    読んだことのないヘチャムクレのお子様だったので
    うさぎも人が見ていないと、二本足で歩くんだなと納得した私。
    あれ以来そんな野うさぎには、再び会う機会はありませんでした。
    トトロ遭遇チャンスぐらいのラッキーだと思っています。



    【【山怖】76「狼煙」】の続きを読む

    このページのトップヘ