ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年11月20日 (水) 05:31



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/04(水) 13:01:09 ID:e0cAsaTD9.net

    【動画】住宅街の畑にイノシシ…捕獲、その瞬間

    (出典 Youtube)


    埼玉でイノシシ捕獲 きのうは足立区 河川敷でも目撃

    4日朝、埼玉県南部の志木市や富士見市で、イノシシの目撃情報が相次ぎました。イノシシはその後、富士見市内の畑で見つかり、警察や消防が地元の猟友会とともに取り囲んで午前11時すぎに捕獲しました。

    警察によりますと、4日午前7時半ごろから埼玉県志木市を流れる新河岸川で「体長1メートルほどのイノシシが河川敷を歩いている」という通報が相次いで寄せられました。

    イノシシはその後、富士見市内の民家の脇にある畑にいるのが見つかり、警察や消防が地元の猟友会とともに、網などを準備して取り囲みました。

    イノシシは、1時間以上、畑の土を掘り返すなどしていましたが、午前11時すぎに捕獲されたということです。

    捕獲された現場は、東武東上線のみずほ台駅から2キロほど離れた住宅街で、警察によりますと、これまでのところけが人は確認されていないということです。

    イノシシは3日、東京 足立区の荒川の河川敷でも目撃されていましたが、埼玉県警によりますと、新河岸川と荒川はつながっていることから、捕獲されたのは同じイノシシの可能性があるということです。

    2019年12月4日 11時51分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191204/k10012201551000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【速報】足立区・荒川河川敷のイノシシ 埼玉で捕獲
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575425623/


    【【イノシシ】足立区のイノシシ、捕獲 その瞬間…(動画)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    部落(ぶらく) 集落 - 民家が集合している小規模な地域。原義。 小字 - 大字を構成する区画。 町内会 - 特定範囲の地域住民の自治組織。農村部等で部落部落会とも呼ぶ場合がある。 被差別部落 - 同和問題で差別の対象とされる地区。 ⇒ 部落問題、同和地区 サムライ部落 -
    1キロバイト (171 語) - 2018年10月23日 (火) 05:14



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/05(木) 14:16:54.46

    肉や魚、人によっては米や野菜も含むかもしれない。私たちが口にする食べ物は、“いのち”を犠牲にしたものも少なくない。命を食べて命は生きる――。
    日々の生活で、そんなことを考える機会は少ないし、毎日それに感謝して生きねばならないとなれば少し窮屈だ。

    それでも、例えば、焼肉。牛や豚の赤肉からホルモンと呼ばれる内臓類まで、余すことなく食べている。命をいただくことで、人間は自分の体を作る。その繰り返しだ。
    こうした営みは、牛や豚を解体する屠畜と呼ばれる作業があって初めて成り立つ。

    大阪府貝塚市に、牛の飼育から屠畜、さらには店頭販売までを家族ぐるみで行ってきた精肉店がある。「牛がかわいそう」「残酷だ」。
    そんな理不尽な言葉やいわれなき差別に苦しみながら、大切に飼育した牛を食用にするかけがえのない作業を担ってきた。

    精肉店はドキュメンタリー映画の舞台ともなった。映画を追体験するように店を訪ねてみた。
    出会ったのは、差別に向き合いながら何よりも人や動物の命を大切にし続けてきたある一家の姿だった。


    (出典 static.blogos.com)


    次男の昭さん(当時58歳)が黒毛の牛を「よしよし」と野太い声でなだめながら引っ張り、精肉店前の道路をゆっくりと進む。
    向かう先は歩いて5分ほどの距離にある貝塚市立屠畜場。屠畜場に入れた牛を落ち着かせると、昭さんは自らの腕で牛の眼を覆ってやった。
    その隙に、長男の新司さん(当時59歳)が牛の眉間をめがけてハンマーを振り下ろした。

    今から7年前の2012年3月。屠畜場は102年の歴史に幕を下ろした。その閉鎖前、最後に行われたのが北出精肉店による作業だった。
    その当時の2回にわたる解体の様子が、映画「ある精肉店のはなし」(13年11月29日公開)の中に記録されている。

    気絶した牛が巨体を倒れこませると、体内の血を抜く「放血(ほうけつ)」作業を素早く行う。床に充満する血を水で流し始めると、そこからは時間の勝負。
    かわいがった牛がたくさんの人に「あの肉おいしかったよ」と言ってもらえるように肉の鮮度を意識する。


    (出典 static.blogos.com)


    牛1頭を40~50分で解体 受け継がれた“いのちの職人”の技

    作業には、長女の澄子さん(当時62歳)、新司さんの妻・静子さん(当時66歳)も加わる。
    分担して牛の脚や腕を固定し、新司さんと昭さんが使い込んだナイフで皮をむいていく。牛の腹の部分を開くと、内臓が姿を現した。小腸や大腸、そして胃。いわゆるホルモンだ。

    昔から内臓の処理は女性と子どもの仕事だった。頻繁にナイフを使い分けながら、部位ごとに分けていく。
    大きな水槽で、長さ25メートル以上に及ぶ小腸を洗ったり、頭部から舌(タン)を切り出したり。この時ばかりは、女性2人の表情も真剣そのもの。黙々と作業は進んでいく。

    皮をむいた牛は天井からつるして、最終的には「枝肉」と呼ばれる半身の状態にする。電動のこぎりを持つのは新司さん。
    飼育してきた牛の背骨に刃を入れる。良質な商品にするため、肉を傷つけないように慎重にチェーンソーを扱う。

    次第に、鮮やかな赤色の肉があらわになっていった。それは私たちが、スーパーなどで目にする「ステーキ用」「カレー用」として見慣れた肉そのものだった。
    解体作業にかかる時間は毎回40~50分。黙々と牛と向き合う4人の眼差しは、“いのちの職人”という言葉がふさわしいかもしれない。

    被差別部落として他地域と分断 住民を苦しめる理不尽な差別
    貝塚市がある大阪府南部。1994年に開港した関西国際空港が一つのランドマークだ。だが、それ以上に人々を魅了するのが全国的には岸和田市で有名なだんじり祭り。
    泉大津市や和泉市、熊取町など、それぞれの地域に古くから大切にしてきただんじり祭りがあり、貝塚でも毎年10月に催されるそれは住民の一大イベントだ。

    北出精肉店がある地域のだんじり(山車)は、とかく豪華絢爛だ。
    高さは3.7メートル、幅は2.3メートル。
    正面には、武田信玄と上杉謙信が争った川中島の合戦の模様が描かれ、内部の木彫りのこだわりぶりは際限がない。
    そんな立派なだんじりには、差別に苦しまされた地域の人たちの意地が込められている。

    https://blogos.com/article/418170/
    2019年11月19日 07:07

    前スレ                2019/12/05(木) 07:02
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575496928/


    【食肉を解体する「屠畜」 作業 その担い手に向けられ続ける理不尽な差別】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    701 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/10 21:44:24 ID:mX/drC5t

    知り合いの話。

    大戦前のことだ。彼の里では、毎年夏の終わりに盆踊りを執り行っていた。
    規模は小さいながらも、会場には提灯を吊るし櫓が組まれ、夜店も出た。
    その里では大切な行事だったそうだ。

    彼のお爺さんは、会場の設営や撤去などを手伝っていた。
    常々、不思議に思うことがあったのだそうだ。
    撤去片付けは祭りの翌日と決まっており、当日は簡単に片付けてから帰っていた。
    次の朝来ると、誰かがこっそりと会場を使用した後が見受けられたという。
    ごく一部だけだったが、前日掃いた地面に足跡が残っていたり、物を焼いた形跡が
    あったりしたらしい。痕跡は明らかなのに、誰もそのことは口にしなかった。

     もしかすると、山から下りてくる何かと共存していたのかもしれないね。

    お爺さんはそう考えていたそうだ。
    戦後に農暦を使わなくなってからは、とんとそんなこともなくなった。
    今では隣町と合同で、大きな盆踊りを開催しているが、夜の間に会場を使う者は、
    もういない。



    【【山怖】75「無人駅のトイレ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    体罰(たいばつ)とは、私的に罰を科す目的で行われる身体への暴力行為である。 体罰は、父母や教員などが、子供や生徒などの管理責任の下にあると考えられる相手に対し、教育的な名目を持って、肉体的な苦痛を与える罰を加えることを指す。この場合の苦痛とは、叩くなどの直接的なものから、立たせたり座らせるなどして束
    46キロバイト (7,556 語) - 2019年11月27日 (水) 10:40



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/03(火) 11:44:01.53

     来年4月に施行される改正児童虐待防止法で、親による体罰が禁止されたことを受け、「体罰」の定義や具体例を示した厚生労働省有識者検討会の指針案の概要が2日、わかった。しつけとの違いを明記し、「長時間の正座」「夕食を与えない」などは体罰に当たるとする内容で、3日に開かれる有識者検討会に提示される。

     指針案では、「たとえ親がしつけのためだと思っても、子供の身体に何らかの苦痛を引き起こす行為は、どんなに軽くても体罰である」と定義。その上で、「宿題をしなかったので夕飯を与えない」「他人のものを盗んだので罰として尻をたたいた」などは体罰に当たると例示した。

     一方、しつけとは「子供の人格や才能などを伸ばし、社会のルールを身につけさせる行為」と説明。「道路に飛び出しそうな子供の手をつかんで保護する」「ほかの子供に暴力を振るうのを制止する」など、罰を目的としないものは、体罰に当たらないとした。過去に起きた児童虐待事件では、親が「しつけ」と称して体罰をふるったとされる例が目立つ。

     厚労省は有識者検討会の意見を踏まえ、今年度内に指針をまとめる。

     ◇指針案に盛り込まれる「親の体罰」の例

    ・尻をたたく

    ・殴る

    ・長時間の正座をさせる

    ・夕飯を与えない

    ※いずれも理由を問わず禁止

    12/3(火) 7:18
    読売新聞オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00050063-yom-soci

    ★1が立った時間 2019/12/03(火) 08:56:41.61
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575335662/


    【【しつけと体罰の境界線は?】「宿題をしなかったので夕食を与えない」「他人のものを盗んだので尻をたたく」…厚労省検討会が指針案】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    サブスクリプション方式(サブスクリプションほうしき)はビジネスモデルの1つ。利用者はモノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。 英語の「サブスクリプション」(英語:
    4キロバイト (481 語) - 2019年11月21日 (木) 06:20



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    【最近の若者「選挙に行かない」「結婚しない」「子供生まない」「ブランドもの買わない」「車乗らない」←もう半分日本崩壊だろこれ…】の続きを読む

    このページのトップヘ