ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    2019年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (18)


    今回はこれがキャンプで作れたらテンション上がっちゃうよねっていう料理!


    子供は特にこういうの好きだよね。

    いや、大人も好きか。

    あー腹減ってきたww

    【【飯テロ】カリカリジューシー鶏肉を骨に巻いた漫画肉のキャンプ飯】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    52キロバイト (7,622 語) - 2019年8月10日 (土) 08:35



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/26(月) 23:54:58.98 ID:EBCpkJuu9.net

    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/919641
     ブランド名を示す織物製タグ「織ネーム」を製造する日本ダム(本社福井県福井市清水杉谷町、内山忍社長)は、蓄光材を使った獣害対策商品を開発し、
    本格販売を始めた。
    オオカミの目玉を模した蓄光材が夜間、青色に光り、イノシシを威嚇する効果があるという。
    野生イノシシが感染源とみられる豚コレラが福井県内でも問題となる中、電気柵などに比べて施工しやすい点をアピールし、
    県内外で販路を広げたい考えだ。

     同社は、太陽光や照明の光を蓄えて発光する蓄光プレートを開発し、店舗などの避難誘導用の看板として使われている。
    短時間の照射でも高輝度で発光できるのが特長。この技術を獣害対策に活用できないかと2017年に検討を始めた。
    イノシシは青色を識別することから、動物が天敵とみなすオオカミに似せた「目」を青く光らせることが有効と考えた。

     開発した商品「イノ用心」は、長さ75センチ、重さ75グラムの支柱の上部に、目玉型の二つの蓄光材がバネでぶら下がっている。
    昼間に太陽光を蓄え、夜間に約8時間光る。
    設置方法は、水田の周囲などに5~10メートルの間隔を開け、支柱を土壌に約15センチ刺す。電源や配線は不要。
    風で目玉が揺れて不規則な動きをするため「イノシシが慣れることもない」(同社)という。

     17年秋以降、福井市やあわら市など県内外14カ所の水田や畑で試験施工。
    同社が設置した暗視カメラでは「イノ用心」に近づいたイノシシが後ずさる様子が確認できた。
    設置した農家からも「イノシシが来なくなった」という声が寄せられている。

     昨年から水田に「イノ用心」を設置している福井市美山地区の農事組合法人「HJK」の半原定男社長は
    「(設置する)間隔を狭めたり、電気柵や侵入防止用のネットと併用したりすることでさらに効果が高まるのでは」と話している。
    メーカー希望小売価格は1本1980円(税別)。
    同社によると、100メートルあたりで一般的な電気柵は約3万円だが、イノ用心は約2万円(10メートル間隔に設置)。
    蓄光材は半永久的に光り続ける。

     福井県によると、18年に鳥獣害に遭った県内農地の面積は146ヘクタールで、獣種別ではイノシシが約8割を占めた。
    商品開発部の乾義明課長は「軽くて高齢者でも簡単に取り外しできる。農作物被害に悩まされている方の役に立てれば」と話している。
    県内のホームセンターなどで販売している。問い合わせは日本ダム=電話0776(**)****。

    ※問い合わせ先はソースで


    (出典 fki.ismcdn.jp)


    (出典 fki.ismcdn.jp)


    【【獣害対策】光るオオカミの目でイノシシ撃退だ! 新商品「イノ用心」とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 しじみ ★ :2019/08/30(金) 15:43:06.56

    これまでの定説では、最初に北アメリカ大陸にやってきた人類は1万3000年前に栄えたクローヴィス文化の時代の人々だとされてきました。そんな中、新たにアメリカで発見された石器の分析から、これまでの常識を覆す新説が浮上しています。

    (出典 i.gzn.jp)


    Late Upper Paleolithic occupation at Cooper’s Ferry, Idaho, USA, ~16,000 years ago | Science
    https://science.sciencemag.org/content/365/6456/891

    Stone tools suggest the first Americans came from Japan | Ars Technica
    https://arstechnica.com/science/2019/08/16000-year-old-site-in-idaho-indicates-people-sailed-around-the-ice-sheet/

    15,000-year-old Idaho archaeology site now among America’s oldest
    https://www.nationalgeographic.com/culture/2019/08/coopers-landing-idaho-site-americas-oldest/

    First Americans arrived at least 16,000 years ago, and probably by boat | NOVA | PBS | NOVA | PBS
    https://www.pbs.org/wgbh/nova/article/coopers-ferry-first-americans/

    1930年代に、アメリカのニューメキシコ州にあるクローヴィスで後期氷河期ものと見られる遺跡が複数発見されました。さらに、その後の調査で北アメリカ大陸全土に分布する約1万3000年前のクローヴィス層という地層から、尖頭器をはじめとする石器などが多数発掘されたことから、この時代に栄えた石器文化はクローヴィス文化と呼ばれています。

    (出典 i.gzn.jp)


    こうした多数の発見から、クローヴィス文化の人々がアメリカで栄えた最初の人類だとする「クローヴィス・ファースト」という説がこれまで有力視されてきました。また、この説では、アメリカの先住民の起源として「アフリカで発生した人類は、氷河期後期に氷が溶けて通れるようになっていたベーリング地峡を通ってアメリカにやってきた」と説明されています。

    しかし、その後クローヴィス層よりも古い地層からも人類の痕跡が見つかるようになり、「クローヴィス・ファースト」仮説に疑問がなげかけられるようになりました。そんな中、オレゴン州立大学の人類学教授であるローレン・デイビス氏は、アイダホ州西部にある「クーパーズ・フェリー遺跡」から石器や炭、動物の骨などの遺物を発掘しました。放射性炭素年代測定によると、これらの遺物の多くは約1万5000~1万6000年前のものだとのことです。

    以下の図は1万6000年前のクーパーズ・フェリー遺跡周辺をシミュレートした地図で、地図北部の水色で示されている部分は氷床です。

    (出典 i.gzn.jp)


    ニューハンプシャー大学で地質学を研究しているアリア・レスネク氏は今回の発見について「これは本当にエキサイティングです。おそらく、北米における最も古い人類の痕跡の一部だと思われます」とコメント。また、遺物の年代から「アメリカ大陸最初の人類が、氷に覆われていない陸路でやってきたという考えは基本的には排除されると考えられます」と話しています。

    というのも、1万6000年前のベーリング地峡はほとんど氷に閉ざされており、人類が移動できる状態ではなかったと考えられているためです。このため、レスネク氏は「アメリカに最初にやってきた人類は、氷のない陸路ではなく、太平洋沿岸を通ってやってきたのではないか」という説を提唱しています。

    以下の図で赤色の矢印で示されているのが、かねてからの定説だった「氷のない陸路」ルートで、オレンジ色の矢印が最近提唱された「太平洋沿岸ルート」です。レスネク氏は、「太平洋沿岸なら約1万7000年前のころには氷が溶けていたので、アメリカにやってきた最初の人類はこのルートを船で通ったのではないか」と考えています。

    (出典 i.gzn.jp)


    また、デイビス氏らは今回発見された石器が、日本で発見された同年代の石器と酷似していることを発見しました。以下の図はクーパーズ・フェリー遺跡で発見された石器の写真と、北海道の白滝遺跡から出土した石器のイラストを比較したものです。大きさや形状がかなり似ているのが一目でわかります。

    (出典 i.gzn.jp)


    続きはソースで

    https://gigazine.net/news/20190830-first-americans-from-japan/


    【【人類学】新発見「最初のアメリカ人は日本から来たかもしれない」説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (16)


    今回は寄生虫、しかも人間に寄生する危険な奴らを紹介するよ。

    個人的には7位がキモすぎ……芋虫が皮膚の中って……

    笑えないよ……

    【【閲覧注意】人間に寄生する寄生虫ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (14)


    誰しも仕事で失敗したことはあると思うけど、

    流石にここまではないよね。

    気分が落ちた時は自分より大きな失敗をした人たちを見て勇気を貰おうw





    【【爆笑】仕事中にやらかしてしまった人たち in 世界】の続きを読む

    このページのトップヘ