スクリーンショット (136)


ダイオウグソクムシ先輩たちのお食事シーン。深海でむさぼるように食べていたものは、なんと!!(メキシコ) (2019年4月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
海生甲殻類の1種であり、世界最大の等脚目として知られているダイオウグソクムシは、深海200-1000メートルの海底に生息している「深きもの」だ。アメリカ・ルイジアナ大学 ...
(出典:エキサイトニュース)


ダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)は、等脚目スナホリムシ科に属する海生甲殻類の1種である。最大の等脚目として知られる。 メキシコ湾や、西大西洋周辺の深海200 - 1000メートルほどの深さの海底砂泥地に生息する。 等脚類としては世界最大であり、体長は20 -
7キロバイト (901 語) - 2018年8月6日 (月) 18:54







いつ見ても作りものにしか見えないフォルムのダイオウグソクムシたん。

いつ見てもそのかっこいい瞳にくぎ付けになってしまうダイオウグソクムシたん。

そんなダイオウグソクムシたん、チャーハンにされてしまいました。

……めっちゃうまそうwww