彫金(ちょうきん)とは、たがね(鏨)を用いて金属を彫ることを意味する。 プラチナ、金、銀、銅、真鍮、鉄、アルミ、錫などの金属を主材料にして作る。 装飾(ジュエリー・アクセサリー)や仏具・家具などの飾り金具などを主に制作するための技術である。 現在、金属を使って製作する物には大まかに分けると3つの分野
4キロバイト (656 語) - 2019年2月3日 (日) 16:33



(出典 3.bp.blogspot.com)



凄い細かい造形だね。

この人仕事が丁寧なんだよなー。

何作ってもきれいにやるのよw

こんな人に私もなりたい……