釣り(つり)あるいは魚釣り(さかなつり)とは、釣り針、釣り糸、釣り竿などの道具と餌や疑似餌を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。 英語では Angling、あるいは Pole fishing などとされる。 釣りを動物の捕獲法として考えると、移動性の高い動物をおびき出したり、
24キロバイト (3,165 語) - 2019年9月16日 (月) 08:01



(出典 dvrs04bx77b2x.cloudfront.net)



2 名無しバサー :2019/04/25(木) 00:25:22.22 .net

112:浜名湖の怪:平成26年 03/31(月)20:39:28 ID:Xv8hM2Fnm ×
このまえ浜名湖に行った時のこと。
ここは溺死した少女の幽霊やら、事故死した亡霊出没やら、はてはウナギの幽霊まで出るという心霊ポイントなのだが、今回遭遇したのはその何れとも違う、
俺と友人とでゴムボートで繰り出したんだが風に流されながら釣りしてると突然

ガツッ

ボートが何かにぶつかった。
船底が水底に擦ったのかと思い湖面を見るとここはかなり深い場所だった。
俺らはボートに破損が無い事を確認し流木かなんかにぶつかったかなぁと首をかしげた。
それからしばらくして

ガツッ

また何かと接触したようだ。
なんだなんだと見渡すも周囲には何もない。
そんなことが何度か繰り返しあった。
そして夕方になり突然

モワッ

目の前の水面が盛り上がった。
湧き水か?と思い水面を見て俺らは息をのんだ。
ボートの真下に何かいる!
大きさは俺らのボートよりも遥かにでかい。おそらく5メートルは超えている!
目を疑い見直すもやはり何かいる。
しかしこんな巨大な生物が浜名湖にいるか?これはもしかして生物じゃなくて霊とか妖怪の類いなんじゃ・・
その巨大な何かはジワジワと底へ沈んでいきやがて消えた。
オチとか無いんだけど霊とか妖怪とか本当にいるのかもなぁ・・と考えさせられた一日でした。





3 名無しバサー :2019/04/25(木) 10:40:16.00 .net

115:名無しさん:平成26年 04/23(水)03:25:15 ID:KRQQFzXRz ×

少し詳しく書くと夏にダムでゴムボート浮かべて釣ってたときのこと。
11時頃少し早いけど山影で飯食ってそのまま昼寝したんだよね。
そいで13時頃目覚めたんだけど体が動かない。
焦ってたらだんだん太陽の位置がずれて直射日光にさらされた。
もうね、このまま熱射病になって*のかと思ったわ。
15時頃に体が動くようになって持って来てた飲料水全部飲んでしのいだよw
結局あれが金縛りってやつなのか、何か体に障害が起きたのかはわからず。
まあ*なくてよかったわw


6 名無し募集中。。。 :2019/04/25(木) 22:54:41.52 .net

雄蛇ヶ池とか神奈湖とか昔から
霊感名所ありますよ


7 名無し募集中。。。 :2019/04/26(金) 04:38:30.95 .net

花見川も出るとよく聞きますよ
関東も霊感スポットは多いな


9 霊視中毒 :2019/04/26(金) 12:26:54.10 .net

116:霊視中毒:平成26年 04/26(土)02:51:36 ID:X8b641zrI ×
私はバサー。
バス釣りに行くときはいつも友人とレンタルバスボート借りて琵琶湖で釣りしてるのですが、レンタル料金もバカにならずもう一人誰か誘って負担を減らそうってことになりました。
それで友人の紹介でA君が一緒に行く事になりました。しかしこのA君はいわゆる見える人らしいのです。
妙な不安と期待が入り交じり微妙な気持ちになりましたがとにかくメンバーは確定しました。

バス釣り当日、暗いうちから集合して車で琵琶湖を目指します。
今回ご一緒していただいたA君はなかなかハイテンションな人で、道中はA君の今まで見た霊の話で賑わっておりました。
話が弾む道中というものは時間が短く感じられるもので何も障害もなく無事琵琶湖に到着いたしました。
レンタルボート屋について手続きを済ませいよいよ出航でございます。
朝のヒンヤリとした空気も心地よく一路ポイントへ疾走する私たちのバスボート、思えばこの頃よりA君の異変は始まっていたのかもしれません。


10 霊視中毒 :2019/04/26(金) 12:27:26.43 .net

最初のポイントに付いてA君の様子があきらかにおかしくなっております。
これはまるで何かに怯えているような・・それでいて焦っているような・・
「どうかしたの?」
たまらず友人がたずねます。
「うんちょっと・・いやなんでもない・・」
よく見ればA君は異常な発汗を・・それに息も荒いようです。
風邪でもひいたのかなぁ・・とも思いましたがまだ釣り始めて幾ばくも経っておらず流石に引き返す気にはなれません。
続けて次のポイントの赤野井付近にボートを進めます。
その間にもA君の様子はどんどんおかしくなり目がギラギラしてきました。
そして赤野井のポイントについて今まさに第一投をしようとしたときです。
「うわああああああああ!悪霊がいるうううううううう!」
突然A君が叫びました。
え?とA君を見る友人と私。
「く、来るなああああああああ!」
A君、竿をブンブン振り回しだしました。これは危ない!
「ちょ、落ち着け!落ち着けって!」
いくらバスボートとは言えこんな暴れられては危険です。友人がA君を押さえ込みました。
「お、おまえの全身にも悪霊が!うわわわっ!き、消え去れ!!」
えええ?と自分の袖やら腹やらを見渡す友人、A君が悪霊が憑いていると思われる場所を必死ではたきます。
もうどうしてわからない私・・とりあえずレンタルボート屋に戻ります。


11 霊視中毒 :2019/04/26(金) 12:28:40.17 .net

一度陸に上がってレンタルボート屋のトイレに吐きに行くA君。
「なあ、あの子いつもあんな感じなのか?」
「いやぁ、こんなん初めてだわ。いったい何が見えてたんだろう・・」
そんな雑談しているうちにA君が戻ってまいりました。だいぶ落ち着いたようです。
「すみません、迷惑おかけしましたがもう大丈夫だと思います」
「本当に?無理そうならもう切り上げてもいいよ」(嘘です、本当は釣りしたいです)
「いやもう本当に大丈夫、それに日も上がってきたから霊とかいなくなってますよ」
「あ、そう、じゃあ再出発しましょうか」(よかったー!)
再びバスボートは湖面を疾走し今度は浮き御堂付近へ。
付いてから「あ、しまった」と思いました。このポイントだとまたなんか見えるかもしれない。そんな雰囲気が浮き御堂には漂っています。というか今の気分がそう思わせてしまうのでしょうか。
おそるおそるA君を見ると・・鼻歌を歌いながら上機嫌で釣りしてました。
日が高くなったせいか、悪霊とやらは出てこなくなったようです。
その後は何も問題は無く夕方まで釣りして終了です。

帰りの道中にてA君に聞いてみました。
「ねえねえ、朝の悪霊ってどんな感じだったの?」
A君は真顔になって話はじめます。
「恐らく溺死者の地縛霊だと思います。半分溶けた顔でニヤニヤしながら近づいてきましたよ、本当怖かった・・」
え、そんなやばそうな奴だったのか!?
「そ、それじゃ俺の体に憑いてたやつは?」友人も聞きます。
「あれは本当にやばいぞ、おそらく蟲怪ってやつだろうな」
「マジかい、どんな感じのやつなんだ?」
「え、そうだな・・例えるならエロアニメに出てくる女除霊士を襲ってるような蟲かな」真顔で説明するA君です。
「え、いや、その例えわからんし・・つーかお前そんなアニメ見てんのかよw」
地縛霊や蟲怪が本当に見えていたのか、存在していたのかは確認のしようがありませんが、ただ一つ確信を持っていえることはA君は決して嘘を付いていないということです。
あの怯えと慌てようは決して演技では有りません。
見える人というのは本当に大変なようでございます。


12 霊視中毒 :2019/04/26(金) 12:29:34.67 .net

ところで、今回の話には体験談にしてはオチがございます。

暫くしてから友人とバス釣りプランを立てていたときのこと・・
「んじゃA君にまた連絡入れといてよ」
そう友人に言うと妙にこわばった顔をして言いました。
「あいつは誘えない」
「え、なんで?この前にことなら全然気にしてないぜ?」
怪訝な顔を浮かべて友人に訴えかける私。
何しろ交通費&レンタルボート料金をワリカンするのですから貧乏な私としては何が何でも誘いたいところです。
理由を問いつめると。
「・・・った・・」
え?なに?
「・・だから・・捕まった」
は?どゆこと?
「だからー、覚せい剤所持で捕まったんだって!」
へ?・・え?・・ええええええ!!!???
「あいつシャブ中だったんだよ、霊が見える人じゃなくて覚せい剤が切れて幻覚見える人だったんだ」
な、なんですとー!でもしかし、それだと全て納得できます。
一度上陸してトイレに吐きにいったのは実は覚せい剤を打っていたのです!どうりで・・
「で、彼は今どうしてるの?」
「会社クビになって留置所の中」
「長くなりそうなの?」
「強い幻覚を見えるくらいの中毒者だから長いんじゃないかなぁ・・」
「う?む・・」
A君がどうやって覚せい剤と巡り会いのめり込んでいったのかは全くわかりません。
普通の会社員のA君がなぜどうして・・謎です。

今回の経験から案外見える人というのは何らかの薬物中毒者なのかもしれません。
もしくは自前の脳内*で見えちゃうのかもしれませんね。
なんにせよ「見える人」と遭遇しちゃった場合はご注意ください。そのうちあなたも「見える人」の仲間入りしているかも・・

おわり


13 名無しバサー :2019/04/26(金) 15:27:43.40 .net

一昨年だったか琵琶湖であぶねえオッサン連中みたわ
多分俺たち以外にも気が付いた人いると思う

プレジャーボートでオッサン4人ほどでウエイクボードやってやがったんだがテンションがやたら高い。
んでウエイクボードのオッサンが転倒して俺らのボートのすぐ横で停船、転倒したオッサンは一旦ボート内へ。
奇声を発しながらゲラゲラ笑うオッサン。
うるせえな・・とプレジャーボートの方をチラっと見てギョっとした。
入れ墨したオッサンが「どうも足りんようやのうw」と言いつつ別のオッサンに何かを注射しとる。
注射されたオッサンも「勘弁してくれ~~W]といいつつゲラゲラ笑いっぱなし。
さらに別のオッサンの手には拳銃らしきものが・・・・
よくよく考えればオッサンだけでウエイクボードってのもなんか不自然だ。
あの注射されたオッサン、今でも生きているんだろうか・・・


19 名無しバサー :2019/05/05(日) 05:26:15.36 .net

>>13
場所は琵琶湖のどの辺りでしたか?


20 名無しバサー :2019/05/05(日) 16:31:27.06 .net

>>19
確か雄琴あたりだったかな?


22 名無しバサー :2019/05/05(日) 22:58:06.20 .net

>>19
たしか烏丸半島の沖合付近だったと思う
緑ブイ2つ目か3つ目くらいのの少し南側だったな
ちなみに船体カラーはダークメタリックだったような・・・他のプレジャーボートと違ってかなり威圧的な印象でした


17 名無しバサー :2019/04/29(月) 23:59:37.68 .net

さっき琵琶湖で鬼火見たわ
リンの発火って本当にあるんだな


18 名無しバサー :2019/05/03(金) 19:15:11.83 .net

節子それ蛍や


21 名無しバサー :2019/05/05(日) 18:33:39.37 .net

嘘つくな本当ならソース出してみろよ


24 名無しバサー :2019/05/06(月) 00:36:02.30 .net

>>21
とんかつソース??


32 名無しバサー :2019/05/06(月) 13:29:52.30 .net

>>24
>>25
ワロタwwwwwwww


30 名無しバサー :2019/05/06(月) 11:29:55.90 .net

同じ人がわからをんけどグラサン刺青おっさん見たよ。
雄琴港近くのファミマでボートの用意がどうとか言って騒いでた。
異様な雰囲気だったからよく覚えてる。
まぁ違う人かな?


40 ズル、ババババ! :2019/05/30(木) 09:34:43.74 .net

120:名無しさん@おーぷん:14/05/03(土)20:33:25 ID:T4U0q04aN
去年の秋に山奥のダムにジョンボート浮かべて釣ってた時のこと。
どこかでターン!ターン!と発砲音がする。
どうこの辺りは狩猟区域のようでハンターが猟銃ぶっ放しているようだ。
いや?な予感がしつつも岸に沿ってボートを進めていくと山の斜面に猟銃持ったおっさんを発見。
向こうもこちら気がついて手を振ってくれた。
感じよかったのでこちらも振りかえした。
すると俺が手を振ったことに驚いたのかどからかバタバタ!て鳥が飛び立った。
おっさん瞬時に猟銃を構えるが!?
なんとおっさん山の斜面で滑って転んだ。そしてその弾みでターン!散弾銃発射!銃口はこっちの方向いてる!
バババババ!
俺のボートの先1メートルくらいに散弾銃が炸裂し水しぶきがあがる。
何かが少し違えばボート諸共全身で銃弾を浴びるとこでした。


41 またんかーい! :2019/05/30(木) 09:36:01.53 .net

120:名無しさん@おーぷん:14/05/03(土)20:33:25 ID:T4U0q04aN
20年近く前に割と都市に近いダムでゴムボート(ビニールボート5000円なり)で夜釣りしてたとき。
まあゴムボで夜釣りとか中坊なので無謀でしたな。今じゃ絶対できませんが。
アホなもんで夜釣りなら大物がボコボコ釣れると信じてたんだけどね。
それで案の定なんにも釣れい。
そもそもルアー投げてもどこに着水したの*らわからないし、ボートも流されてるのか止まってるのかわからない。
もう諦めて岸際でボートの中で仮眠してたらどこからともなく足音が聞こえる。
んあ?と思ってたら俺のすぐ上の斜面を人が歩いていく。向こうは全く気づいていない。
そして少し離れたところで妙な呪文を唱えながら何かに火をつけてダムに投げ捨ててる。
そしたらまた上の斜面で足音が、今度は複数人のようだ。
キャッキャワイワイ言いながらグループが先へ進んでいったら
「うがあああああああ!!!!!!」
って女の雄叫びが!いや女だから雄叫びっていうのはおかしいか。
その後すぐに
「キャー!」「わー!」「ひえええ!」と走って逃げてくるグループ。俺の上斜面を通過していく。
その後からヘッドライト付けた女がガスバーナーに火をつけて追っていく。
怖くて朝まで動けなかった。
で、誰もいないことを確認して釣り再開。
女がいた付近には燃え残った藁人形が複数・・これは新型の丑の刻参りなんだろうか?
いい加減疲れたのでゴムボート畳んでチャリに乗せようと思ったらチャリのタイヤやサドルが焼き切られていた。
それでもそのチャリにゴムボート乗せて押してたら、道にオビタダしい血糊が・・
とりあえず警察に連絡したんだけど、そんなオモチャのボートで釣りなんかしちゃいかん!と怒られてしまった。
警察から連絡受けてやってきた親にも怒られた。
いい事無しの夜釣りでした。


43 感センサー付きLED電球 :2019/06/01(土) 21:14:46.29 .net

122:霊感センサー付きLED電球:14/06/13(金)20:57:25 ID:AXrbC18tc ×
俺と弟と弟の友人の竜二君(仮)とダムに釣りに行った時のことだ。
この竜二君は霊感が強い子とかで見えたりはしないものの霊だか妖怪を肌で感じるという。
ダムに着いてボートに乗って・・と言いたいところだけど俺たちはボートを持ってないのである、
したがって徒歩で攻略するのだが、獣道を通り随分開けた場所に来た所で竜二君が足を止めた。
なんか竜二君、こころもち緊張しているような・・・
開けた場所で何度かキャストしてからまた奥に進もうとすると
「ここから奥は行かない方がいいんじゃないかな?」
と竜二君が提案。
弟はアホ言ってんじゃねーと先に進んでしまった。
俺はちょうど昼時だし場所も良いのでここで竜二君と昼食を取ることにした。
飯を食いながら問うてみた。
「竜二君、ここから奥に進むとなんかあるの?」
「さあ、わからないけど妙な気配がするんですよ」
「クマとかイノシシとかスズメバチみたいな?」
「いや、ぶっちゃけ霊です」
「・・・・」


44 感センサー付きLED電球 :2019/06/01(土) 21:15:11.33 .net

霊など全く信じていない俺には竜二君がどこまで本気で言ってるのかはわからない。
ただ竜二君は飯を食ってる間、常に意識を奥に続く獣道に気を払っていたようだ。
飯を食い終わってからしばし昼寝をしていると弟が戻って来た。
何か異変はあったかと聞くと
「特に何も無かったけど高い枝にロープが結びつけてあったのが気持ち悪かった」
とシャレにならんことをぬかしよる。
そして竜二君の素敵なお言葉、
「ぶっちゃけ言うと、おまえ憑かれてるぞ」
うむ、ますますシャレにならん。
「今どんな気持ち?」
インタビュー・ウイズ・ブラザーに弟は
「なんか首廻りが生暖かいような気がする」
「うむ、本当に憑かれたみたいだな」
「はい、完璧に憑かれました」
「除霊しろ」
「できん」
「役立たず」
「あ?」
「お?」
その後は特に何も起らず俺らは帰った。
しかしその日の晩から我が家では誰も居ないのに【人感センサー付きLED電球】がちょくちょく点灯するようになった。
今のところは此の程度だがこれから先に何が起るかは検討もつかない。