終末論 (人類滅亡からのリダイレクト)
978〉、1990年7月。ISBN 978-4-12-100978-4。 救済史 終わりの時 熱的死 宇宙の終焉 黙示 黙示録 ハルマゲドン ラグナロク カリ・ユガ 終末もの オウム真理教 キリスト教福音浸礼会 顕正会 ノストラダムスの大予言 2012年人類滅亡説 ブランチ・ダビディアン 技術的特異点 認知閾
11キロバイト (1,571 語) - 2019年5月9日 (木) 14:26



(出典 3.bp.blogspot.com)



1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/15(金) 11:46:51.53 ID:kx4a3O32.net

人類滅亡後の地球を妄想する





4 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/15(金) 18:25:07.87 ID:bnHFO1WZ.net

地球にはほとんど変化なし。


5 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/15(金) 21:43:55.02 ID:AzqQDAdc.net

滅亡の定義にもよるが人類の末裔生物群が死滅する頃には大半の大型生物は既にいない。
太陽は今よりもだいぶ膨張して海は半分ぐらい干上がってる。
人類滅亡後は暑さで大型生物が全部滅んでそのうち微生物も全滅、最後に水と大気が吹っ飛んで太陽に飲み込まれる。
滅亡から飲み込まれるまで数十億年はありそうだが。


9 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/16(土) 22:17:43.12 ID:TH4uq1Ij.net

>>5
今の計算だと飲まれないんじゃなかった?


6 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/16(土) 02:47:25.05 ID:CL0Uvj/F.net

そんなに長く人類の子孫が生き延びるかね


7 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/16(土) 18:02:20.92 ID:hO02D3Gj.net

種分化しつつ適応していけばおk
ただ地球が熱くなってくると耐熱タンパク質やらを獲得する代償で弱体化する。
その結果今では全く問題ないようなことでも滅ぶ原因になるだろうな。


8 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/16(土) 19:55:12.08 ID:CL0Uvj/F.net

こんなに特殊化した人類が分化適応なんて無理だろ
過適応した種は環境変化で子孫も残さず滅びるだけ


10 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/17(日) 08:50:22.54 ID:ICI8YdYX.net

いずれにせよ地球の寿命とみなせる


11 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/17(日) 09:51:40.40 ID:ICI8YdYX.net

もし太陽が膨張するまでに運悪く滅亡したら他の動物が空きニッチを埋めて第二の人類になる。
それが自滅しても余裕があるうちはまた次が出てくる。
太陽の膨張が始まるともう次はないと思われ。


12 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/17(日) 12:02:06.74 ID:pbgz34tZ.net

人類は滅ぶが、逆に繁栄する微生物もいるのではないか?熱さ最高!みたいな彼らが嬉々としてはしゃぐ姿が目に浮かぶ。


13 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/17(日) 12:30:37.76 ID:ICI8YdYX.net

海が煮えてくる頃になると火山の付近にしかいなかった好熱菌が勢力を広めるだろうな。
だが奴らも水がなくなったら生きられないわけで、好熱菌のパラダイスはそう長く続かない。
好熱菌から今の人類にあたる生物は時間がなくて多分出てこない。


14 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/18(月) 11:42:44.76 ID:sKZ30qkE.net

太陽が膨張しても外惑星の水は残るんじゃないか?
そっちで生物が発生しても不思議はない。


15 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/18(月) 14:11:38.55 ID:2aj/ATK9.net

人類が消えた後の地球の事が書いてあるそういう本があったなあ
雑誌じゃなくてやたら分厚い本だった


16 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/18(月) 15:35:53.07 ID:kKmTibAb.net

ムーミンの世界になる


18 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/19(火) 12:29:33.87 ID:Hydn/Thm.net

ヒストリーチャンネルで人類後のやつやってるな


19 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/19(火) 14:08:32.04 ID:E+kU4P4J.net

見た見た。タコが知的生物になってた奴だろ


20 名無しさん@13周年 :2012/06/19(火) 18:26:38.80 ID:8cH/9Wud.net

人間の歴史は一億年超えてないからなぁ~ 滅びるのはまだまだ先だな


22 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/21(木) 13:26:45.65 ID:BhdKTi0r.net

簡単に滅びた生物も多いぞ
特に人類は変化が急激すぎる


23 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2012/06/21(木) 22:48:07.13 ID:8Zoqur+C.net

人類はアセンションして物理法則をも超越する霊的生命体に進化するよ。


24 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/22(金) 12:24:56.40 ID:I4n3sP+5.net

今突然人類がいなくなったら、コンクリートの建造物は何年でなくなるだろう?


26 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/06/22(金) 13:01:12.36 ID:SK2BBgRm.net

デイ・アフター・トゥモローでしてたよ。


27 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/22(金) 14:31:59.48 ID:OWXM+z+L.net

もし滅亡直前まで人類がいたとして、ちょうど太陽の活動期が終えて
いよいよ滅亡へのカウントダウンが始まった辺りの人類はいったい何を
思うのだろうね。
そもそも一瞬で死滅するのか、じわりじわり温度増加とかで何カ月もかけて
息絶えていくのかな。恐ろしい。


62 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/07(土) 10:02:45.16 ID:cDSaj2DB.net

>>27
「いよいよ太陽の最後か・・・」なんてドラマチックなシーンを想像してしまうけど、
実際は最後のプロセスに入ってから爆発するまでなんて数億年かかるんじゃないかな


28 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/22(金) 21:31:56.37 ID:9/tlvlZE.net

人類が滅亡するほどの大惨事があったらコンクリ建造物・ゴキブリ・他の哺乳類も無事ではすまないだろ


29 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/23(土) 17:51:43.57 ID:0MUrh+ID.net

太陽が燃え付き巨大になり、地球が、飲み込まれやがて大爆発し、今度は、太陽が
収縮し超新星になる。


30 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2012/06/23(土) 18:34:59.96 ID:7AY+Hbxs.net

その時人類は地球を宇宙船に改造して太陽系外に避難するので無問題ですよ。


31 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/23(土) 20:12:37.35 ID:ctQ4z5G4.net

太陽、新星になるほど質量あるのか?


32 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/24(日) 00:23:41.96 ID:YM+zzivS.net

ないね


33 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/24(日) 18:01:32.70 ID:EVUIP7xG.net

もしも?太陽の膨張が既に始まっていたとしても地球に
顕著な変化が現れるまでに、1万年以上はかかると思うので、
現文明世界の終焉までは何も心配ない!


34 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2012/06/24(日) 18:24:43.53 ID:WmaQUH1+.net

タイムリミットまでにワープ技術とか超光速航法とかワームホールテクノロジーを実用化すると人類は助かるよ。


35 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/25(月) 12:23:05.58 ID:qZYx/y/o.net

太陽の膨張以外に滅亡の危険はないの?


36 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/25(月) 13:31:10.27 ID:FmJxVytQ.net

いくらでもあるけど。
今のところ、一番現実味があるのはイエローストーン国立公園の破局噴火かな。
あれはとっくにいつ起こってもおかしくない状態に突入してるから。


37 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/26(火) 13:51:18.17 ID:IYJhQyhN.net

環太平洋地域の破談から地球が変形。人類消滅


39 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/26(火) 18:24:26.27 ID:Vrlw+zrk.net

脱出したらその後が大変そうだなw


41 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/26(火) 19:11:00.58 ID:Vrlw+zrk.net

太陽のない地球って。。。


42 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/26(火) 20:55:48.33 ID:/4dXeAfR.net

イエローストーンの爆発で人類の99%以上が死滅するかもしれないが、ちょっと残るだろ。
その後個体数と遺伝的多様性が回復するまでに第二の悲劇が起きなければ大丈夫。
むしろ進化して次同じことが起きても滅亡しにくくなる。
進化は種の世代交代なので滅亡の一種と考えることもできるがな。

大体破局噴火なんて歴史上何回も繰り返されてきたわけで、それでも人類は種を変えながら生き延びてきた。
恐竜絶滅だって複合要因だからな。それだけでは滅亡しない。

一番の脅威は突発的にやられるよりも何億年もかけてじわじわ来る方だな。
太陽の膨張や核の冷却が進んだ状態なら破局噴火がトドメになるかも。


43 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/06/26(火) 22:00:02.79 ID:vyfBAlla.net

ハードSF的な人類滅亡を防止する方法を実現して欲しいですよ。


44 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/27(水) 22:57:01.26 ID:2N9Jv/P+.net

自然を破壊させないためにも人類は滅亡するべきだな


47 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/06/28(木) 07:32:28.72 ID:0tWfJVbE.net

自然を再生させるナノテクノロジーを実用化して欲しいですよ。


48 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/28(木) 09:22:58.24 ID:ytjc5Hl0.net

人間は利益にならないとやらないからな


49 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2012/06/28(木) 12:20:28.23 ID:0tWfJVbE.net

自然を修復させるナノマシンを実現しろよ。


50 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/06/28(木) 13:02:41.91 ID:ytjc5Hl0.net

そもそも自然って言うのは人間にとって都合の良い条件のことで、カッピカピの砂漠が覆う地球になったって、地球からすれば自然に変わりはないよな


51 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2012/06/28(木) 22:34:45.93 ID:0tWfJVbE.net

最先端の科学技術で地球全体を緑化しろよ。


54 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2012/06/29(金) 12:38:21.70 ID:+OQFBDe7.net

逆に世界平和に貢献する人間は比較的簡単に繁栄するよ。


59 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/04(水) 21:47:10.55 ID:MySPPlIr.net

人類以外のものが全部無事というありえない設定だが


61 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/05(木) 09:50:08.87 ID:rXVJxT+C.net

>>59
まず最初にペットとして交配させてきたワンちゃんが犠牲に。
ニャンコは野性が残ってるのでそのまま野生化とか言ってたぞ。


63 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/07(土) 23:07:00.32 ID:7I4VmW5e.net

>>61
人間が下手に動物を品種改良すると弱体化したり奇形化するばかりでろくなことがない。
鳥インフルエンザや口蹄疫、狂牛病の流行も品種改悪による弱体化と多様性減少が原因だし。
やっぱり自然選択に勝る育種は存在しない。


64 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/09(月) 14:10:59.33 ID:5UKtH41S.net

1億5000万年前の恐竜時代は、巨大隕石の衝突で、恐竜は絶滅したと言う説が
有力。アメリカは、地球接近が予想される隕石を調べ上げ、名前まで着けて追跡している。


66 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/09(月) 21:01:15.25 ID:FI3qqO6c.net

>>64
恐竜をはじめとする多くの生物が絶滅した白亜紀末の大量絶滅は、6500万年前の
小惑星衝突が原因、と考える科学者が多い。
この小惑星の大きさは10~20km程度だったらしい。
トリノスケールによると、地球上の壊滅的気候変動が避けられないレベルの衝突は
10万年に1回ほどの頻度で起きるとされている。


73 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/07/26(木) 21:51:28.38 ID:omZ/SdV2.net

地球は結構凸凹してるが地形からして隕石は今まで何回くらい衝突したんだ?


80 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/18(火) 23:39:53.50 ID:wajPeuOK.net

例えば、人類の始まりが男と女の二人しかいない
その二人が交尾して子供をいっぱい作る
子供同士がまた交尾して子供を作る
白人がいたり黒人がいたり、やがて今の地球みたくなる
何億年掛かってもいい
あり得るか?
 


83 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/24(月) 03:22:48.32 ID:BJtrpJB/.net

マジレスすると人類は突然ひょっこり(^∀^)出てきたわけではない
サルの集団が少しずつ人類化していっただけ


85 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/24(月) 10:39:51.91 ID:HwpoJ1Hn.net

>>83
その『猿の人類化』が今はストップしてるのはなんでだろ?


87 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/24(月) 17:33:04.19 ID:y3QJZon2.net

人類滅亡したほうが地球にとってはいいと思う。


88 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/24(月) 19:15:40.64 ID:jIrWkYSa.net

今の地球環境は太陽系絶妙関係で成り立ってる現象で
人類と地球がどうだろうと太陽異変あるだけであぼん


90 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/27(木) 02:57:29.80 ID:NAVbs4NC.net

多分地球の最後はアメリカの天災パニック映画のうちのどれかになると思うよ
僕が一番可能性が高いと思うのはグランドクロスの映画のような冷凍災害系かな

太陽の黒点が周期的に異常活動して何千年に一度の氷河期が訪れるらしい

その日が来れば人類は滅亡。対応生物は生き残れるかも知れない。
地球の最後とは関係ないけどね。 地球の最後は太陽が赤色巨星になった時に
飲み込まれてボン。
 


93 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/28(金) 13:22:24.98 ID:ii/38h3c.net

>>85
猿が進化して人間になったのではなくて、人は途中で枝分かれして人として
進化して人になったんだよ だから、猿はどこまで行っても猿なんだよ


95 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/28(金) 22:31:07.72 ID:smu58M+t.net

>>93
枝分かれの際にある人間は絶体猿と交尾してる
そしてその中からより人間に近い群れが発生したはずだ

つーことは
現在でも猿と交尾する人間が多数現れればその中からより人に近い猿が生まれて・・・・・・・・・


94 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/28(金) 19:13:53.35 ID:jfKDdPmT.net

宇宙人にも会わず、宇宙のなぞ解く前に滅ぶなんて駄目だよね
どうやって進化して一体何かもよく分かってない
滅ぶ前に苛酷な環境で活動可能な人工知能機械生命体を産み出す
人類の遺伝子情報を保存して滅んだ場合は、住める環境探してもらい復活させてもらうしかない


96 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/28(金) 23:25:20.61 ID:LbiKIg5B.net

ぎゃくに人類からまた違う生物に進化するとかは無いのか。


98 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/29(土) 20:54:31.11 ID:QKmBHCLb.net

実は進化論は創造論と変わらないくらい証拠ないんだよね。
いつのまにか人が進化していましたみたいな。
>>96
前5000万年後人類見ると中々キモかっこよかったw
ただしスティーブ・ジョーンズ教授によると、人類の進化は止まっており、今後人類が100万年生存していたとしても、今の人類とほとんど変わらないようです。


99 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/30(日) 00:56:12.03 ID:d/1IGt9t.net

生物の進化とは突然変異が起きて
その突然変異の種がうまく環境に適合してた場合に
生き残ることを言うんでしょ
その意味では、人類が進化したらそれはもはや人類ではない


100 名無しさん@お腹いっぱい。 :2012/09/30(日) 11:41:43.04 ID:qXD8EALc.net

デブや老人が大量に生存するようになると脂肪が沢山付いても生活に何ら支障を来さない
高齢にも耐えられる内蔵機構や骨格、筋肉の作りとかに選択的進化と*るんじゃね?






面白かったら押して下さい|ω・)


にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村



狩猟・ハンティングランキング

DOOMSDAY HANDBOOK 人類滅亡ハンドブック
Alok Jha
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-01-29


渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)
ネヴィル・シュート
東京創元社
2009-04-28


人類滅亡小説
山田 宗樹
幻冬舎
2018-09-06