296 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 21:04 ID:jFwUkvVg

巻機山(マキハタヤマ)のドッペルゲンガー(1/5)

読み辛いのでもう一度やります
高校時代に経験した話です。
ある心霊HPに音大くんの名前で投稿したものに手を加えて再発表致します。

僕は山岳関係の部活動をやっていました。
3年の夏休みに受験勉強の息抜きをしようと、後輩達の企画した山行に参加しました。
目的地は巻機山、群馬県と新潟県の堺にある標高1900m程度の山だったと記憶しています。

8月のある朝上野を出発して、上越線の六日町駅へ行き、そこから登山口まではタクシー
という行程だったと思います。

山登りを少しでも経験された方は分かると思いますが、登山口には「訊ね人」の貼り紙
が結構あるものです。





297 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 21:04 ID:jFwUkvVg

巻機山(マキハタヤマ)のドッペルゲンガー(2/5)
   ×月●日 何時 頃山に入る、2日後下山予定だが連絡なし。
   1人用カマボコ型テント 青色  その他携行品 XXXX等

なんてポスターが写真付で貼ってある。

それを見ただけでけっこうビクビクしながら、山を歩くことになります。
そこここに張ってある1人用のテントを見る度、1年生が見に行く事になるのです。
実際には遭難者に遭遇したことはありませんが、張ってから随分時間の経ったテントも多数あり、
荷物が散乱していたりして、死体なき遭難事件てなことになりかねないテントもないわけではありません。

幸い事件になりそうなこともなく、順調に行程をこなし、頂上を踏破した後、
少し下がった場所にある「巻機聖地(名前もけっこう怖い)」という場所で夕食を済ませ、
4つのテントに別れて寝る準備を終わったのがだいたい18時頃だったと思います。


298 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 21:06 ID:jFwUkvVg

巻機山(マキハタヤマ)のドッペルゲンガー(3/5)
真夏といっても高地のため、夜中の気温は0度以下に下がることもあるので、
上級生の特権として4人用のテントの一番奥で早々と眠りに就きました。

深夜0時頃テントの周りを歩くような音(テントの張られている場所は、直径20cmほどの
石を敷き詰めたような場所で、その上を登山靴で歩く音と同じような音がします)で起きてしまいました。

遂に来たか? それとも悪戯か?
テントの上に張る雨避けのフライシートの下を風が通る音だと思うようにして、30分ほど我慢しましたが、
原因がはっきりしないため眠りに就けず、出入口の一番近くに寝ている山中(仮名・1年生)
に外を見るように頼むと、「どうせ他のテントの連中がいたずらしているんだと思うんだけど」
と言いながら、渋々外に出て行きました。


299 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 21:07 ID:jFwUkvVg

巻機山(マキハタヤマ)のドッペルゲンガー(4/5)
1~2分して戻ってきた山中は「誰もいませんよ」と言い、さっさと自分の寝袋に入ってしまいました。
しかしその後も周りを歩くような音は止まず、10分ほどの我慢の後、再び山中に「外を見てくれよ」と頼みました。
もう寝てしまったのか、寝たふりをしていたのか彼は返事をしません。
業を煮やした私が、「早く見てこいよ!」と命令口調で怒鳴ると、彼は「嫌ですよ!怖いっすよ!」
と私以上の大声で返事をしました。
その声に只ならぬものを感じた私達は、それ以上強いることはせず、
外気温以上(以下だな)の肌寒さを感じながらいつのまにか眠ってしまいました。

翌日は何事もなく下山し、来たときと逆の道順をたどって、それぞれが家路につきました。


300 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 21:08 ID:jFwUkvVg

巻機山(マキハタヤマ)のドッペルゲンガー(5/5)
1週間くらいしたある朝、山中がバイクの事故で*だという連絡があり、あわてて仲間と共に通夜にかけつけました。

その帰り道、あの晩同じテントに寝た1年生が「先輩、ちょっと」と言って耳打ちした言葉に私は凍りつきました。
「山中はあの晩、テントの外を歩き回る自分自身を見たらしいんです」


・ ・ ・ ・ 山中の*だ今、事の真偽は分かりません。


315 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/30 12:57 ID:uoNP8dqu

伊豆での話し。
バイクで山道をツーリング中
下りのヘアピンでブレーキング中いきなりフロントタイヤがロックしてしまい
あっと思った瞬間、転倒してしまった。
そんなにきつくブレーキングしたつもりもなかったのだが....。

幸い後続車も対向車もなく、自分でバイクを起こして路肩へ運んだ。
自走できるか不安だったので車体を点検していると
バイクの下に折れたステップとブレーキベダルが落ちている。
まいったなー、家までどうやって帰ろうかと思って
もう一度バイクを見ると、自分のバイクにはステップもついており
ほとんどカウルの傷以外は損傷はなかった。

つづく




316 315 :04/06/30 13:00 ID:uoNP8dqu

つづき

あれっと思い、ふと5m位先のガードレールの下を見ると
そこには花束とビールが置いてある。
その付近には割れたウインカーやバイクの備品が
細かくちらばっていた。
そうやら最近ここで誰かが事故死したようだ。
そしてガードレールの外側を除いてみると、そこは20m位の崖になっていた。

もちろん下りヘアピンで事故が多い場所なんだろうけど
最初は俺も事故死した人の魂に呼び込まれたのかと思っていたが
最近は逆にがけ下に落ちるのを助けてくれたのかもと思っている。

事故死した方に合掌


317 炭焼き爺さん :04/06/30 13:59 ID:ksOYUkX5

炭焼き爺さんの昔話

ある時炭焼いてたらな、どこからとくなく*の臭いが届いてきおった。
山ん中では*やら死骸はそうそう臭わん。
ワシはてっきり*を踏んだかと思って足の裏みたけんどなんも付いとらん。
釜のまわりを見てみたがなんもない。
じゃが臭いはだんだんきつくなってきてな、どうやら山ん中から臭ってきおる。
しょうがないんでシャベル持って見に行ったんじゃ。
いやぁ、あれには驚いたの。
バケツ一杯くらいの*みたいなのがひってあった。
白っぽい半透明で、形は人のモンに似とったけど臭いは強烈じゃったわ。
ワシはそれに土をかけて草や木の枝なんか乗せたわ。
それでやっと臭くなくなったが、いったいあの*は誰がひったのかのう。


318 炭焼き爺さん :04/06/30 14:00 ID:ksOYUkX5

炭焼き爺さんの昔話

鬼の足音ちゅうのがあるんじゃ。
本物の足音じゃなくてな、山ん中で突然でかい足音みたいな音が鳴りおる。
山から降りてきてな、そんで別の山に登って行きよる。
姿は見えん。音だけじゃ。
ワシは3回しか聞いたことがないの。
3回ともちょっと足音が違ってたようじゃ。
あの音がすると天気が急に変わることが多いわ。



331 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/01 00:04 ID:JBtc+dW5

ある地方の特産品を作っている一族の末裔の方のお話。

その山深い寒村もまた、ごたぶんに漏れず日々の食べ物にも事欠いていたそうな。
ある日、京都のお坊様がこの村で一夜の宿を頼んできた。
話をしてくれた方のご先祖様が泊めてあげたそうですが、お坊様は大変感謝して
そのご先祖様に「特産品」の工法を伝授してくれた。

「これは金になる」そう思ったご先祖は、峠へと去っていったお坊様を追いかけると
「特産品」の作り方がこれ以上広まらないようにお坊様を山中で打ち*てしまった。
「最後の一人まで、お前の一族を呪ってやる!!!」お坊様はそう叫んで絶命した。

江戸時代は藩の特産として、今日では工業製品に押されていたものの、「伝統工芸」として
その筋ではメジャーになった「特産品」を作っているのは、今もまだ話をしてくれた方の一族のみ。
その方のお父上は幼くして養子に出たのでこの工法については知らず、公務員になった。
話してくれた人もむろん知らずに会社員をやっている。

上の逸話は、里人なら誰でも知っている事で、村の歴史書みたいなものにも明記されていたが
本家筋が「ウチのイメージが悪くなる。そもそも、その坊さんがうちの先祖だという話を聞いた。
改訂しろ」と、役所や郷土史家に捻じ込んでいるらしい。
「俺が離婚したのも、その呪いだと思うんだよ。歴史を改ざんしても、呪いは解けない」と
その方は言ってました。                  ・・・呪いなのかな?



334 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/01 01:03 ID:zgb2R8gq

適切なスレが見つからなかったのでここに書く。
俺は田舎出身で、小学校時代は近くの山の沢の滝で遊ぶのが日課だった。
その滝は25メートル四方ぐらいの滝壺に注ぎ込んでいて、
そこには「お滝」という大ヤマメがいると言われていた。
お定まりの滝に住む大動物は神様の使いとか言う…。
俺が高校に上がったころ、渓流釣りにはまり、「お滝を釣り上げよう」と考えて、いざその滝に行った。
ところが待てど暮らせどかからない。いるのかいないのかも不安になってきた。
帰ろうとした矢先、目の前で一瞬水面が弓なりに持ち上がり、
でかい鯉かとも思うようなヤマメが飛び跳ねた。1メートルはあったかと思う。

月日は流れ、俺が社会人になったとき、滝の上流にゴルフ場が出来ると聞いた。
俺が滝に駆けつけた時にはすでに遅く、沢の水は重機にかき回されて茶色く濁っていた。
あちこちに藻が発生し、滝自体がドブのような臭いになっていた。
そして滝壺のほとりには巨大な魚の死骸が…。
俺は泣いた。腐って死臭を放つ頭を抱いておいおい泣いた。
高校生の腕には余る相手だったけども、いつか俺が釣ってやると決めていたのに。
滝の神様ならこんな風に腐臭を漂わせながら*で欲しくなかった。
俺は亡骸を引き上げて、滝の近くに埋めた。水の生き物を陸に葬るのは
どうかとも思ったが、そうしなければいけない気がしていた。



335 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/01 01:04 ID:zgb2R8gq


その晩夢を見た。
老人ホームの前で、頑固そうな白髪白ひげのおじいさんが倒れているのに誰も助けないとか言う、そんな夢。
俺は「フラワーエッセンス」というのにもはまっていたので、「レスキューレメディ」というのを
おじいさんに飲ませたところ、
「とりあえず楽になった。有り難う」
そしてしゃんと立ち上がり、「お前、俺と勝負するか?どのくらい強くなったか試してやろう」
…というところで目が覚めた。
俺は翌日さっそく滝に行ってみた。臭いがかなりきつかったので、動物に掘り返されでもしたら
大変だから、念のため。
ところが俺がお滝を葬った場所には、昨日と違って何の臭いもなかった。
その代わり、不思議なことにフラワーエッセンスの箱の中の甘い匂いがした。
フラワーエッセンスは保存料としてブランデーやコニャックを使うので、
スポイトのゴムを通して箱の中が甘いいい匂いに満たされるんだけど、そのいい匂いが強く薫っていた。

気にしすぎなのかもしれないけど、夢のおじいさんはお滝だったのかなと思う。



353 1/3 :04/07/01 13:11 ID:h0hgZQ/4

いつもROMってばかりなのもアレなので…。

知人Aが若かりし頃、夏休みを利用して悪友Bとキャンプに行った時の話。

それぞれ女の子(C、D)を誘っており、カップル×2で盛り上がろうという魂胆だ。
キャンプ場には他に人はおらず貸し切り状態だったらしい。
夜になり、焚き火を起こし、メシを食い酒を飲み、
さてどうやって女の子を口説き落とそうかという算段になったところで
少し登ったところに古びたお寺(神社)のようなものがあったのをAが思い出した。
「肝試ししようぜ」Bが言い出したのも自然ななりゆきだった。

ルールは単純だ。
2組に分かれ、それぞれ坂を登って入り口まで行き、懐中電灯を振って着いた事を合図して帰る。
肝試しと言ってもただそれだけの、往復10分もかからないような簡単なものだ。
4人はランタン型の大型懐中電灯を持ってひとまず建物が見えるところまで移動した。
それとは別にAとBがそれぞれ小型の懐中電灯を持つ。これで合図を送るのだ。

まずはBがDを連れて先発した。待っている間、Aは自分とペアの女の子Cと楽しくトーク。
合図の懐中電灯が振られ、数分後戻ったBが首をひねりながらおかしな事を言い出した。
「なぁ。さっき合図した時さ、誰かここ来てなかったか?ナイショで他の友達でも呼んでたのか?」
聞くと、一緒に行ったDも同じような事を言っている。もう一人居た、と。


354 2/3 :04/07/01 13:13 ID:h0hgZQ/4

そんなワケは無い。自分はCと喋っていただけだし誰も呼んでない。
他に誰も来なかったし周りに人も居なかった。自分たちだけだ。
大体キャンプ場には自分たちしか居なかったではないか。

幽霊なんじゃないかと怖がるBとDをなだめ、Aが言う。
「ハァ?何言ってんだ。幽霊なんているわけないって。見間違いかなんかだろ。
 そんなに言うなら俺らもあそこ行って確かめてきてやるよ」
AはCを連れて出発した。
ちなみにCも「あの2人、怖がりだよね~(笑)」とか言って信じなかったらしい。

歩く事数分。別段何事も無く建物に辿り着く。
だが懐中電灯で合図を送ろうと振り返ったとき、2人は凍りついた。
ランタンに照らされてBとDの姿が見える。その横に─────もう一人誰か居る!?
男か女かはハッキリしない。だが横に並んだ人影は確実に人間のものだ。

そ こ に 何 か が 居 る の は 間 違 い な い

「うわああぁぁぁ!」
AとCは転がるように坂を降りた。戦々恐々と待っていたBたちもその様子をみてすぐ走り出す。
結局4人で逃げるようにキャンプ場から撤退したという。


355 3/3 :04/07/01 13:15 ID:h0hgZQ/4

それ以来、Aはオカルトがダメになった。テレビの怖い話もNGだ。
特に何があるわけではないのだが、
オカルト話を聞くとそばに誰かが居るんじゃないかという気がして怖いんだそうな。

「あれは絶対見間違いなんかじゃない。誰かが居たんだ。Cも見たって言ってた。
 でも俺たちが行ってる間、やっぱり誰も来なかったってBも言ってた。
 …少し離れた場所からはあんなにハッキリ見えたのにな、
 すぐそばに居たのに、俺たちには全然見えなかったんだよ…」

今このスレを見てるあなたの横には、見えない誰かが居たりしませんよね?


後日談:
その後、CとDには見事フラれてしまったそうです。
肝試しで男がガクガク((((;゚Д゚)))ブルブルするのはダメですかそうですかorz

…でもそれって、本物が出ても?