404 否猿 :04/07/02 19:36 ID:JoA/BUnv

ところで、俺の話も聞いてくれ。
俺の実家は山あいの村で、昔は猿がキュウリやらトマトやら
畑に盗みにくるくらい田舎だった。
小学校3年の夏、四つ上の兄貴と一緒に、友達んち遊びにいった時のこと、
すっかり日が暮れて、夕飯まで御馳走になってしまった。
帰る時、友達のおかあさんは、懐中電灯貸そうかって言ってくれたんだけど、
兄貴は、月がでてるから大丈夫ですって言って、断ったんだ。

その夜はいい満月で、雑木林の中でも暗いって思う事はなかった。
で、ジャリ道歩いてたんだけど、俺、急につまずいた。
手も膝小僧もすりむいちゃって、ちょっと涙目になったけど、
起き上がって、なんにつまずいたんだろ?って眺めると、
兄貴が「おい!お前・・・」って言って俺の足もと指差した。
最初兄貴が何言ってるのかわからなかったけど、しばらくして俺も気付いた。
兄貴の影はひとつ。俺の影、ふたつあった。





405 否猿 :04/07/02 19:39 ID:JoA/BUnv

その時、変な声が聞こえた。囁くような、いやらしいしゃがれ声。
見ると、影がますますおかしい。
俺は動いてないのに、右側の影だけ震えてる。
肩を震わせて、まるで笑ってるようだ。
兄貴が小さく叫んだ。「おい、走るぞっ」
だけど、俺は動けない。見たくないのに、すごい嫌なのに、
影から目が離せなくなってる。まるで金縛りだ。
「何やってんだ!行くぞ!」兄貴が怒鳴って俺の手つかんだ。
地面の上の兄貴の影が、俺の影をつかもうとした時、
一瞬早く、変な影は、腕を伸ばして俺の影をグイッて、ひっぱった。
変な影は俺の影をひきずったまま林ん中へぱたぱた逃げてった。

現実の兄貴は俺の手をしっかり握ってるのに、
地面の上の兄貴の影の先には何もない。


406 否猿 :04/07/02 19:43 ID:JoA/BUnv

なにか取り返しのつかない事が起きた気がした。
俺は泣き出した。急に怖くなって大声あげて泣いた。
兄貴も青ざめていた。
だけど、行動は早かった。
お前ここにいろ、絶対に動くなって言ったがはやいか、
兄貴は林の中を掻き分けて飛び込んでいった。
俺、行っちゃ嫌だーって叫んだんだけど、
動くなよっ
兄貴の最後の声が薮の中から聞こえてきて、それっきり静かになった。

ずいぶん待ったけど、二度と兄貴が帰ってくる事はなかった。
兄貴の言いつけを守れず、俺は泣きながら家に帰った。
両親は俺が独りで帰ったのでびっくりしていた。
俺は一生懸命説明したが、理解してもらえなかったらしい。
親父は兄貴を探すため、家を飛び出していった。
何度も本当の事だといったが、お袋はなだめるばかりで、
俺はとうとうかんしゃくをおこした。お袋は困った顔で言った。
でも、ほら、あなたの影はちゃんとあるわよ。
畳の上をみた。俺の影はあった。


407 否猿 :04/07/02 19:48 ID:JoA/BUnv

最悪の事態を予想していた両親と俺だったが、
次の朝、兄貴はひとりで帰ってきた。
そのまま倒れるようにして眠ると、夕方、目を覚まして俺に言った。
「お前、本物か?」
何言ってるの?と俺が聞くと、兄貴は難しい顔をした。
影を追って森の中を走っていると、草むらで大きな猿にであったらしい。
その猿は俺の顔をしており、俺の声で笑ったそうだ。
逆上した兄は、ポケットにあったベーゴマをわしづかみにすると
猿にむかって投げつけた。
ひとつが額に命中し、猿はぎゃっと悲鳴をあげて顔を覆った。
猿が振り向いた時、その顔は渦を巻いたようにねじれており、
もはや、目も口もわからなかったそうだ。
化け物は兄に飛びかかり、すごい力で兄の首を締め上げた。
かなわないと思った兄はその手に思いっきり噛みついた。
兄は突き飛ばされ、木に頭をぶつけてそのまま気を失ってしまったそうだ。
そこまで話すと兄貴は黙りこくった。

俺はおそるおそる尋ねた。「お兄ちゃんこそ本物なの?」
むっとした顔で兄は俺の頭を殴った。「ふざけんな、この野郎。」
いつもの優しい軽いゲンコツだった。
俺は泣きながら笑った。兄貴も笑った。


412 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/02 22:14 ID:QnwCZeb9

山とは離れてるけど、ここ好きだから貢献してみる。

近くの公園での出来事。
この公園は今までの開発を止めて、自然な環境に戻そうって取り組みがされている。
公園の中には川が流れてるんだけど、散歩の途中でふと川辺に寄ってみた。

すると草むらから、何やら黒い毛の生えた生物が、水の中に音も飛沫も立てずに消え
ていった。見間違いかと思って辺りを探してみたが、隠れるような穴などは一切無かった。


414 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/02 22:23 ID:QnwCZeb9

近くの神社での出来事。
祭りを見に行って、ふと神木を見ると、水色の神主の装束(腕しか見えなかった)が
木の後に消えていった。神様かな?と思った。



418 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/03 00:42 ID:q31CrWLx

死んだ爺さんに聞いた話。
裏の山には蛇がいっぱい住んでる
古い浄化槽跡があるから、近づくなって言われた。
水の代わりに蛇がいっぱい居るんだそうな。

山に入って遊んでたけど、見たことはない。


419 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/03 00:47 ID:q31CrWLx

もいっちょ。
うちの家は小高い丘(?)の途中にある。
一番てっぺんは神社が建ってます。
でも、裏側から入る人には家があるとは
考えないんだろうね。

よく裏山でガサガサ音がすると思ったら、
でかい猟犬と、その後ろから
銃を持ったおっさんが出てくることがあった。
そういう時は外に出てなくてよかった、
と思っていたけど…うちの山、猟禁止なんですが。
(爺さんが警察に掛け合って禁止にさせた)
神社の敷地内ってこともあるけど、家があるのも
知らないおバカに撃たれるのも困るからだろうな。


439 あなたの後ろの名無しさん :04/07/03 19:28 ID:b+h4KGUY

へたれハンターです。遅くなりましたがタヌキ囃子を。
3年前の冬、山梨で巻き狩りをしておりました。
私はライフルチームとして、じぃーっと動かず猪が追い出されるのを待ちます。
無線のイヤホンを耳に嵌め、寒さを忘れようと風音や鳥の鳴き声を聞くこと
一時間ちょっと・・・。
山中に似合わない音が聞こえます。運動会の実況中継・・・・・w。
曲名忘れましたが、某カステラメーカーの『カステラ一番電話は二番三時の
オヤツは文○堂』の軽快なメロディにのって、実況中継が・・・。歓声まで
聞こえます。混乱して少し聞き入っていましたが、慌ててシカリ(責任者)
に無線を飛ばしました。
私『山頂方向から人の声が聞こえます!』
シカリ『ハァ?! なんだってぇ?おーい!皆聞いたな!トマレトマレ!』
仲間『○○の横にいるけど何も聞こえませーん!』
仲間『私もでーす。どうしたんですかぁ?』
シカリ『ともかく銃から弾抜け!○○!(←私) 音を探れ!イケィ!』
正直嫌だったんですが・・・・責任者の言うこと逆らえないのが猟の掟。
しぶしぶ登っていきました。次に続きます。


440 あなたの後ろの名無しさん :04/07/03 19:29 ID:b+h4KGUY

続きです。

が。どんなにゼェゼェいいながら登っていっても音が近くなりません?
その内、仲間から私が視認できるとの無線報告が・・・・。
シカリ『どうだー?』
私『なにもいませぇーん!(ゼーゼー)音も近くなりませーん!』
シカリ『でも聞こえるんかぁー?』
私『ハァーィ そですぅー』
シカリ『おめーそりゃぁーむじなだろー!テッポ派手に鳴らせ!』
なんのこっちゃ?と思いながら弾倉入れて手近な木の根元に向けて
ドンドンドンドンドンッ!と5連射しました。
耳鳴りが消えたら・・・・例の音楽聞こえません。
報告入れるとシカリ一言
『○○が騙されたから、この山やめるぞー!皆降りてこーい!』
一番疲れたのは、私でした。

ゴメンナサイ。読み直してみたけどホントつまらないですね。
私はこれで体験談尽きました。常連様がんばってください!


447 炭焼き爺さん :04/07/03 23:22 ID:syzVgfUi

炭焼き爺さんの昔話

夢の中で仙人を見たっちゅうてな、わざわざワシの釜まで来た仲間がおったわ。
牛に乗った仙人が山のてっぺんを順番に回っていたらしいわ。
その順番も聞いたんじゃが、そんときは面白い夢だと思っていただけじゃった。
その年の秋も深くなった頃な、山に雪がかぶるようになった。
そんときにな、奴の夢の話思い出したわ。
仙人が回った山の順番に雪がかぶっちょる。まあ近場の山は一緒に雪かぶるんだが。
山の中に長くいるとそんなこともあるモンだ。



448 炭焼き爺さん :04/07/03 23:22 ID:syzVgfUi

炭焼き爺さんの昔話

でかい星が流れた時あってな、炭焼きの仲間や猟師の間で騒ぎになったことあったわ。
ホントにな、空の端から端までこうビューっと流れおった。
ワシら炭焼きは気味悪い位にしか思わなかったんじゃが猟師共は違ったの。
獲物が全然捕れなくなったちゅうとった。
それどころか獲物になるような動物が全く見えなくなったちゅうとった。
猟犬も不安そうにしとるらしい。
結局一月ぐらいで徐々に元に戻ったらしいわ。


455 オマージュ :04/07/04 08:16 ID:PQGt/rPt

スキーヤーの話

山岳スキーで、吹雪に包まれた。
全く視界が効かないうえに、仲間ともはぐれた。

寒さに凍えながら足を休めていると、目の前を大きな影が横切ってくる。
 まさか、熊か?  彼は思わず身をこわばらせた。
ゴーグルを手でぬぐい、影をそっと見つめる。

樹氷が歩いていた。
彼は、あんぐり口を開けた。
木は、雪を掻き分け斜面の端まで動くと、何事もなかったかのように静止した。
彼はおそるおそる滑り降り、そばに寄ってみた。

 ず ず ず  ずどおーーーーーっ
凄まじい音にびっくりして振り向くと、
さっきまで彼と樹氷が立っていた斜面が、雪崩で跡形もなく埋もれていった。

膝の震えが止まらなかったが、雪崩が彼に届くことはなかった。
彼は思わず、その樹氷に敬礼してしまったそうだ。



456 オマージュ :04/07/04 08:18 ID:PQGt/rPt

測量士の話

山登りの最中、大雨になった。
ポンチョをはおり、登り続ける。

道の先に人が歩いていた。
革靴を履き、黒い傘を肩に差している。
この暴風雨に傘とは、と彼は苦笑いした。物好きな人だ。
お先に失礼します、と声を掛けて、傘を追い越した。
ふと振り返る。

傘の下には、首がなかった。
胸元からあいたシャツの中身はがらんどうだ。

やあ、と声でも掛けるかのように、それは傘をちょっと上に上げた。



457 オマージュ :04/07/04 08:19 ID:PQGt/rPt

地元の民話

斧を持って山を登っていると、途中、首輪をした犬がいた。

どこの犬だろうと彼が不審がっていると、犬が口を開いた。
「お前は誰だ。」
彼は驚いたが、日焼けした浅黒い彼の肌のせいで、表情が表に出ることはなかった。
彼は自分の名を名乗った。

犬はいらただしそうに首を振った。
「そうではない。お前は何だ。」
男はいやぁな感じがして、思案したあげく、こう答えた。
お前と同じだ、と。

「そうか。皆待っているぞ。急いで来い。」
犬はたちまち巨大な影と化し、長い胴体をのたうたせて森を這い上がっていった。

しばらくして、隣村の猟師が山から誰も戻ってこないという噂を聞いた。
猟犬も行方不明だと聞き、彼はぞっとした。
その日から彼は人を避けるようになり、同村の者とも口をきかなくなった。
晩年、偏屈となった彼は、あばら小屋で独り寂しく死んでいたという。



475 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/07/04 22:40 ID:zn5EOS0s

友人に聞いた話

山の頂上付近にある神社で遊んでいると、夕方になって雪が降ってきた。
鈍色の空を背景に大きなボタン雪が落ちてくるのを見つめていると、
自分の体が天に昇っていくような錯覚を覚える。
そんな感覚に夢中になって見上げるうちに首が痛くなってきた。
頭を下げて視線を水平に戻す…
トン
軽い着地の感覚。
「やれやれ、やっと戻って来た。早う家に入らんかね」
祖母の声で我に返り、辺りを見回した。
いつの間にか自宅の庭先に立っている。
薄く降り積もった雪の上には足跡一つなかった。


476 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/07/04 22:42 ID:zn5EOS0s

山持ちに聞いた話

久しぶりに入った山で、カラマツが一本枯れ上がっていた。
切り倒そうと、チェーンソーを片手に枯れ木に歩み寄る。
踏みしめる地面は、カラマツの黄色い落葉に覆われて絨毯のようだった。

と…足下を何かが通り過ぎた。
落葉の絨毯が畳半畳ほどの大きさで数センチ盛り上がったのが、
枯れたカラマツの方へ滑るように移動して行く。
やがて、ソレが根元にぶつかると、幹全体がユッサユッサと揺れ始め、
ついにはメリメリと音を立てて倒れてしまった。

数日後、見回りに行くと倒れたカラマツはびっしりと茸に覆われていて、
半年もすると、すっかり腐って土に還ってしまった。


477 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/07/04 22:43 ID:zn5EOS0s

山持ちに聞いた話

梅雨の合間のある日、山林の見回りを終えて山道を下っていた。
前方から同じ村の知人が登ってくる。
こちらに気付くとなぜか不審そうな顔をするので、尋ねてみた。
「どうした?」
「お前、いつの間に戻って来たんだ?」
「なんだって?」
「さっき、下の橋のところですれ違ったじゃないか。挨拶も交わしたぞ」
そんな覚えは全くなかったが、知人が嘘を吐いているとも思えない。

互いに首を傾げていると、ふもとの方から大きな地鳴りが聞こえてきた。
ゴォォォォォ・・・・という低音が腹に響く。
慌てて下ってみると、橋を通り越したあたりで大量の土砂が道を塞いでいた。
長雨で地盤の緩んだ山肌が、道の方に崩れたらしい。

数名が慌ただしく土砂を掘り起こしていたが、こっちを見ると一様に驚いた顔を見せた。
「お前、無事だったのか?」「信じられん…」「いつのまに這い出したんだ?」
矢継ぎ早に問うてくるのを遮って、事情を聞いてみる。
どうやら、山道を下ってきた自分が崖崩れに巻き込まれるのを目撃したらしい。
急いで救出しようと土砂を掘り起こしていたところで、
埋もれたはずの本人が何食わぬ顔で山を下って来た、と。

その後、重機によって慎重に土砂の除去作業が進められたが、
結局、土砂の下に埋もれている人はいなかった。
すっかり土砂が取り除かれた道を眺めながら、知人がポツリと漏らした。
「あいつ、お前の身代わりになってくれたのかもなぁ…」
どちらからともなく、手を合わせて目を瞑った。


478 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/07/04 22:44 ID:zn5EOS0s

杣人に聞いた話

よく晴れた夏の昼時、山で働く数人でバーベキューをした。
仕事を早めに切り上げ、持ち込んだ肉や野菜、山で採った茸などを焼く。
美味そうな匂いが辺りに漂いだした頃、急に雨が降り出した。
慌てて肉を皿に移し、作業小屋の軒下へ避難する。
空を見上げると、雲一つない青空に夏の太陽がギラついていた。
「お日さんが涎たらしよるわ」
年嵩の作業員がそう呟くと、皆が笑った。


492 あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/05 15:09 ID:pr2Rye+m

ずっと前にもどこかに書いたけど。

小学生の頃、近所にあった神社の山(古墳の跡らしい)を探検しようと
友達とその山の横を流れる小川を遡って行った。
しばらく歩くと回りに木が鬱蒼と茂り頭上も枝で覆われ、薄暗くなって
きた。なんとなく怖かったけどまあそこは子供のこと。平気な顔で
喋りながらどんどん川の上の石や横の土手みたいなとこを歩いて行った。
しかしいつまでたっても同じような景色。さすがに心細くなって
二人とも口数が少なくなり、ふと頭上を覆う木を見上げたら、小さな
猿のような影がびっしり。恐ろしくなってあわてて走って川を下って
行った。

田舎の山里みたいなとこだったけど、そのあたりの山には猿は
いないし、ニホンザルよりもかなり小さな生き物という感じだった。