340 オマージュ :04/08/06 11:11 ID:7Dl9gjIc

老人の話

夜テントの中で横になっていると、どこからか祭囃子が聞こえる。
不思議に思ったが、風の加減で遠くのものが聞こえることもあるんだろうと考えそのまま寝てしまった。
翌日目が覚めて下山すると、町が大騒ぎになっている。駐在さんに呼び止められていろいろ事細かに聞かれた。
どうやら、町に住む若い女性が行方不明らしい。

誘拐だ、家出だという声が聞こえたが、神隠しだと誰かが言った。
そういえば祭囃子に狐のような鳴き声が合いの手にはいっていたな、と思い出したが、
誰にも喋らず、汽車に乗ってその町を出た。






341 オマージュ :04/08/06 11:12 ID:7Dl9gjIc

その老人の話

汽車でうたたねをしていると、「もし・・・」と声をかけられた。
見ると、あでやかな着物姿の女性が恥ずかしそうに口元を袖で押さえて立っている。
「これを、私の家族にお渡ししていただけますか?」
そういって、赤い錦の小袋を差し出した。
彼は寝ぼけてたせいもあって、ついその袋を受け取ってしまった。
ふと女の顔を見ると、妙に目が吊り上っている。

気味が悪くなり、「困る、なぜ俺が」と袋を返そうとしたが女はひょいと身をかわす。
「お願いいたします」「いや、困る」「お願いいたします」
押し問答をしていると、ふいに女の姿がかき消えた。
外を見ると、汽車は鉄橋を渡っていた。
川は渡れないのだな、となんとなく思った。

袋を開けると、人の歯がいくつもじゃらじゃらと出てきた。
びっくりした彼は捨てようと思ったが、それも気味が悪い。
処分に困った彼は、その町の駐在所あてに郵便で送ってしまったという。



342 オマージュ :04/08/06 11:13 ID:7Dl9gjIc

さらに老人の話

数年後、その山にまた登る機会があったので、ついでに町に寄り
当時のことをそれとなく聞いてみた。
見覚えのある駐在さんが頭をふりふり言った。
「覚えてますよ。嫌な事件でした。犯人から、被害者の歯が送られてきましてね・・・残酷でしょう」

彼は内心冷や汗が出た。どうやら自分が殺人犯にされているらしい。
そそくさと退散しようとしたとき、駐在さんが奇妙なことを言った。

「でも、家族にそれを見せたら、なんだか妙に納得されましてね。
 町の人も急に捜査に協力してくれなくなりましたし・・・
 なんだか町中が嫌な雰囲気でしたよ」

送られてきた歯には、上下の犬歯だけが欠けていたという。



358 本当にあった怖い名無し :04/08/06 20:13 ID:ls7xVNXJ

>>355
多摩、丹沢あたりもほのぼのと恐いらしいですね...。
人里に近い低山のほうがコワ~イ話がたくさんあると思うな。
オレの友人は御来光を見に夜中に高尾山に登る途中、お年寄りのお遍路さんの集団とすれ違ったんだって。
時間的に不自然だから、おかしいと思って確かめに戻ったらしいが、早足で15分ほど降りてもついに追いつけなかったそうな。
当時友人20歳前後、元ワンゲル部。じじばばに足腰で負けるとは思えない。



362 kagiroi ◆KooL91/0VI :04/08/06 20:59 ID:uh6WmOzN

先輩の話で申し訳ない。
すでに俺もどこかで似たような話を聞いたんだけど既出ならスマソ。

ある山に入った時の事。ふもとの村まで後少しというとこだったけど
先輩たちは人里が嫌いで村の見える山の中腹で野営する事になった。
手ごろな大きく平らな岩が2つ並んでいたので、そこで夕食の準備と夕食。
夕食の片づけも済ませてさて寝るかとなった時、その岩の間にテントを張った。
テントの脇には、けもの道のような山道が通っていた。

深夜、ふと目覚めると、山の下の方から話し声のようなものが近づく。
ん?と思っていると今度は山の上の方からしゃくじょうの音が複数。
これはヤバイと仲間を起こしてテントの中で震えていると
山の上からも下からも、音と提灯のような明かりが迫ってくる。
「だめだ!」と思った瞬間、テントの窓がざっ!と開かれた。
そこには60代くらいの初老の男性の顔、ギャァ~~~!

すると、その男性が「こんなとこで何しとるね?」ん?普通の人間だった。
脱力しながら外に出ると、行列が表で止まっているのが見えた。
全員が額には寸ぼうしという三角の紙を当てて、黒い喪服だった。
なんだこりゃ?!と思っているとその列の先頭には4人ほどで担がれた
今は見なくなった座棺という土葬用の棺桶がぶらさがっていた。


366 kagiroi ◆KooL91/0VI :04/08/06 21:20 ID:uh6WmOzN

葬列、夜中の葬列である。その地方では不浄を嫌って深夜に
死者を葬ってしまい、葬儀はその次の昼間に行うとのこと。
しかも、先輩たちが寝ていたその奥には土葬専用の墓所がある。
先輩たちが寝ていた場所は言わばあの世とこの世の境目だったらしい。
棺桶は数人だけで担がれてその墓所まで送られ埋められる。
仕方なく先輩たちはふもとの村で寝る事になったのだが
山の上から聞こえたしゃくじょうの音は何だったのかと村人に聞くと
「そりゃあんた、あの世からのお迎えだよ。わしらがもう少し遅かったら・・・」
翌日、先輩たちはその村の鎮守の神様の社にお詫びをして村を後にした。

どこなのかは教えてもらえなかったけど、まだそういうのって残ってるのかなぁ。


368 kagiroi ◆KooL91/0VI :04/08/06 21:36 ID:uh6WmOzN

オチが遅くなると思ったので、少し端折った分補足。
山間の小さな土地の小さな村だったらしく、
土葬する場所がいっぱいにならないように、
土葬用の墓所と、墓石のある墓地を別にしてあるそうな。
だから、実際に埋める方の場所は、古い場所の上からまた掘って
その土中にある遺骨を小さな箱に入れて、新しい棺の下に
埋め直すんだと先輩たちは教えてもらったんだって。

先輩たちが夕食の準備したり夕食を食べた平らな岩は
ちょうど座棺が置ける大きさになってて、下手は現世で上手は来世
下手から親族が上手の岩に置き直して、そこで最後のお別れになる。
その後は、選ばれた親族以外の人達の手で埋葬に向かうんだって。
言わば先輩たちの居た場所はさながら三途の川なんだって。
ある意味、墓所よりも恐いという話でした。


371 本当にあった怖い名無し :04/08/06 22:43 ID:jXb56dEq

尾瀬にて。

練習するため、宿から10分ほど脇道を歩き、
宿専用体育館の中で柔軟体操をしていたら(22:00頃)、

ジャリッ

という砂利道を人が歩いたような雰囲気の音がひとつした。
体育館までは、国道から脇道に至るまでが砂利道なので
後から同輩が来たのかな?ぐらいにそのとき思ったのだが
体育館に入ってこない。だーれも。

怖いという気持ちはなかったので、今度は肘の柔軟をしながら、
体育館の入り口から外を見てみた。誰もいない。

と。

今度は体育館の倉庫から音がした。がたん。

ん?

眉をひそめながら、そのまま倉庫のほうを見ていた。
柔軟体操はもうやめだ。蹴りの練習をしよう。
倉庫のある側の反対側にある壁鏡のほうに歩いていく漏れ。
観音開きの壁鏡の扉を開けた。
そのとき、その扉を開ける音に混じって背後から連続音がした。
ぎしっ。びしっ。きゅっ。床を踏む音だ。

畳のある部分ではなく床の部分。
鏡に映ったその付近には。。。。何もない。


372 本当にあった怖い名無し :04/08/06 22:45 ID:jXb56dEq

蹴りの練習をする前に基本の構えを確認し、ステップを軽く踏む。力が抜けていく。いいかんじだ。

と。

ピシッと揺れる自分の背中が叩かれたような。。。。?
理性(鏡には私しか写っていない)と感覚が合わない。妙な感じだ。まだ恐怖は感じていなかった。
今から思う。そのとき練習を切り上げればよかったんだ。妙に真面目な性格を呪いたい。
合宿3日経過した時点で、体育館自体に”活気”というイメージを真っ先に抱き始めていたためだろう。
マジ、何も思わなかったんだ。

自分に集中し、連の前蹴りを100本。右蹴から始めた。
10、20、30。。。。。
薄く汗ばみ始めた額。前髪が時折視界に入る。まるで黒い影が視界を横切っているようだ。

50、60。70本目。

と。

頬が強張った。
今のは前髪じゃない。じゃあなんだっ!!
心が折れた。

ぱっと、後ろに大きく跳び下がった。そこは畳のある部分。鏡の前は畳がしいてある部分。
新しくはないが綺麗な体育館の畳が。
サウスポーに構えてステップバックした漏れの後ろに引いた左足。その左足が

畳 を 踏 ま な か っ た の だ

理性が折れた。
反射的に左足を見た。


374 本当にあった怖い名無し :04/08/06 23:04 ID:jXb56dEq

畳だ。畳。畳。

畳のしかれた部分は、6Mぐらい向こうまである。
そう、後輩(1年)と俺たちの代(2年)がしいたんだ。
なんだ、そのとおりだ。なんでもないじゃないか。
だが、まだ心の揺れは止まなかった。まだある。視線を前に向けた。
もうひとつの”なんだ?”を探した。あの影は。。。

まだまだ未熟な漏れだが、心気を澄ませてみた。

体育館を取り囲む木々の音が聞こえてきた。風で揺れる枝。葉の立てる音。
次に草達の立てる音か?小さな雨が降っているかのような低いところから聞こえる音。
集中した耳は、室内をたどり始めた。
体育館の床。四方の壁。天井。

音がした。
それは天井の照明付近からだ。3日目の今となっては聞き慣れた音だ。バッという音。
先ほどからぴたりと動きをやめた私は、今度は首を、目を動かした。下から睨むように。
目で追ったんです。さっきの何かを。


375 本当にあった怖い名無し :04/08/06 23:12 ID:jXb56dEq

前にはなにもない。なにも居ない。足を踏み替えた。今度は後ろをみるために。
そのとき、足の裏がひどく汗をかいていたことに気がつく。
かなり緊張している自分に気がつきながらも、強いてゆっくりと足を踏み替えた。動揺を押し*た。

と。

後ろに引いた右足が。その足の裏に、畳の感触が、そうではない別の感触を伝えた。
柔道のようなすり足ではないが、摺り足で動くのはうちの流派でも同じだ。
踏むというより、する。
すったその足の裏が、あらぬ感触を伝えてきたんです。
左を向きながら、足を踏み替え、体重移動してその勢いで軽くターンする。
そんなカンジで後ろを向こうとしていた私は、いっきに顔を右足のほうへ向けた。

そのときだった。
(前振り長くですみません。。。)


380 本当にあった怖い名無し :04/08/06 23:42 ID:jXb56dEq

ぱっと動かした視界にひっかかった白い「もの」。

もはや余裕はなくなっていた。2年続けた不動心鍛錬が効果を失った瞬間だった。
視線をそちらに反射的に向けた。

足が止まった。上体も。目も。

止めたんじゃない。止められたような。
白いその人は、斧を持っていた。男のような女のような。
なんだか分からない。
漏れはもはや何も思わなかった。ただ逃げたくないの一心で
コントロールできる全てをやってやった。目を、大きく見開きそいつをよく見ようとしたんです。
逃げたくなかった。。。。
やつ(彼女?)は、薄れていった。壁に吸い込まれるように。徐々に。
足の裏からまるで肉を踏んでいるような感覚がまた、伝わってきた。
でも持っている全ての力を目に集めて、漏れはその感触に振り回されないように
ガッっと見ていた。それだけを。


381 本当にあった怖い名無し :04/08/06 23:43 ID:jXb56dEq

汗が背を伝わった。ふと力が抜けた。やつが消えた。足の肉を踏んだような感覚が消えた。
しりもちをついた。構えていられなかった。急に体育館の中が明るくなったような気がした。
何がなんだか分からなかった。ふいに正体を突き止めたくなった。

畳を蹴った。床面に出た。入り口に向かった。いや、行こうとして倉庫をみてやった。
倉庫の扉を一気に開けた。赤札(なんか書いてあるが、草書体で読めなかった)が
倉庫の入り口すぐの壁の部分に半ばはがれそうに貼ってあることにすぐ気がついた。
畳を出すときには気がつかなかった。倉庫の照明を点けた。ないもいない。
畳が少し、器械体操用の器具と大型の扇風機が残っているだけだ。

外からまた、ジャリッと音がした。瞬時に入り口に向かって駆け出した。
今度は外に出た。真っ暗な森の中も怖さを感じなかった。空を見上げた。
また、森を見た。体育館の裏手に回るには、古タイヤの壁を乗り越えないといけない。
裏手は草天国。腰ぐらいの高さに草が生えている、本当に森の一部といった部分だ。
また、そちらから音がした。ジャリッ。


384 本当にあった怖い名無し :04/08/06 23:54 ID:jXb56dEq

そこまで行くのが億劫に感じた。立ち尽くした。
.........



これは実話。去年体験した。
どうにかこうにか体験したことを幹部先輩に報告したときには信用されなかったけど、
今日、事前練習で部室にいったときに、たまたま昔の部日誌をハケーンして読んでたら
同じようなことを体験している先輩がいたことが判明した。
やっぱり、よくあることはあるんだなぁと思った次第。
怪談って根も葉もないと今まで思っていたけど、どこかで誰かが本当に体験したことが
元になっている話もあるんだろうなぁと思っている20代最初の夏。