皮革 (からのリダイレクト)
ゾウ - 傷に強く頑丈なである。ワシントン条約で輸入が規制されている。 ウサギ - 毛皮。 シカ - 繊維は細いが、からみ合いが粗く、非常に柔らかいである。鹿革では、印伝が有名で、特殊ななめしをしたうえに、漆で模様をつけたものである。 クマ - 毛皮。かつてとしても使われていた。 ネコ -
29キロバイト (4,367 語) - 2019年11月15日 (金) 12:16



(出典 1.bp.blogspot.com)



1 蝙蝠傘子 ★ :2016/03/28(月) 14:30:43.83 ID:CAP_USER*.net

 シカやイノシシなど野生動物による農林水産業や生活環境への被害が広がり捕獲による個体数減少が推奨される中、捕獲後に獣皮を資源として有効活用しようとする取り組みが始まった。獣害駆除(狩猟)で得られる獣肉は食肉加工され「ジビエ料理」として人気を集めつつあるが、獣皮は廃棄される場合が多く、皮革に加工しても販路がないなど問題を抱える。環境保全のための捕獲で生じる廃棄物を資源化してマーケットを創出することで、狩猟に伴う新たな価値づくりを加速化しようとしている。

 捕獲されたシカやイノシシなどの獣皮を利活用しビジネス化しようというのが、レザー・サーカス(東京都墨田区)だ。参加メンバーは獣皮産地、皮革素材加工会社、皮革製品メーカー、デザイナーのほか、自主企画商品を扱う小売業者を想定。国内で得られる獣皮を国内で皮革にし国内メーカーで製品化することで、国産ブランドの競争力を付ける狙いもある。取り組みは経済産業省の2015年度皮革産業振興対策事業費補助金付加価値化事業に採択された。

 運営責任者を務める皮なめし業、山口産業(同)の山口明宏社長は「有害獣駆除のため狩猟し、資源にしようと皮革化に取り組んでも、活用できず頓挫している産地がある。一方で、国産のシカ革やイノシシ革があるなら商品素材として使いたいというブランドもある。双方が情報交換できる場が必要」と話す。豚や牛の皮なめしを手がける同社は08年、北海道などからの依頼がきっかけとなり、シカやイノシシのなめし加工を受託するようになった。産地には口コミで広がり、15年はシカとイノシシで1551枚を手がけたが、今年は週100枚ペースで依頼があり、「産地の利活用への意識が高まっている」(山口社長)状況だ。

 国内では、シカやイノシシなどの獣皮革を“生産”する環境が整いつつある。

 農林水産省のまとめによると農産物の獣害被害額は1999年度以降、年200億円前後で推移、このうちシカやイノシシ、猿による被害が7割を占める。原因は生息地の拡大に加え、狩猟従事者の高齢化、耕作放棄地の増加などだが、獣害による営農意欲の低下も深刻視されている。

 農林水産被害の防止に向け、鳥獣被害防止特措法で被害対策や捕獲推進を講じる中、15年5月に保護を主体としていた鳥獣保護法が鳥獣保護管理法として改正施行され、個体数の適正管理という新たな視点が導入された。13年度の環境省推定によると生息数はシカ325万頭、イノシシ88万頭だが、23年度に半減させるのが目標だ。

 捕獲推進策の一つとして浮上しているのが捕獲鳥獣の食肉利活用だ。一部地域で先行してきたが、14年11月に衛生管理に関する指針を厚生労働省が策定したことで食肉処理施設は増加、地域おこしの食材として流通は拡大しつつある。

 そして、捕獲獣を埋設などで廃棄処理するのではなく、獣皮を資源として活用したいと考えた地域などが自然保護活動を行うNPO法人と連携、獣皮の利活用で地域活性化と雇用機会創出を目指す「MATAGI(マタギ)プロジェクト」が13年に立ち上がった。現在、獣皮産地として142地域が参加、獣皮の資源化に取り組んでいる。しかし地域おこしの素材として活用し6次産業化できた地域がある一方、人手不足で製品加工に至らない地域も多い。

 また、革製品の企画製造会社やデザイナーなどは、その規模や企画に応じた皮革素材を求める。捕獲獣は野生のため数量や品質にばらつきがあり、どの地域が供給元の産地となりうるかの情報を求めていた。

 レザー・サーカスが参加資格を産地、なめし関連業者と作り手、製品小売業者に限定したのは、ブランド力を高め、商品背景が消費者に明確に伝えることができる体制とするためだ。産地にはマタギプロジェクト参加地域に加え、国内ブランド豚生産地域など獣皮を革原料として販売していた畜産業者も参加した。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)締結後の環境変化をにらみ、食肉生産に加えて皮革もブランド化することで総合的なブランド力向上を求めていると、山口社長は分析する。

 募集から1カ月超で、12団体が加盟し、大手小売業者からも具体的な商品企画とともに参加への相談が寄せられているという。今後、3年で120団体の加盟を目指し、レザー・サーカス発のメード・イン・ジャパン皮革製品を生み出す土壌づくりを進める方針だ。(日野稚子)


・手前からイノシシ革、鹿革、オーストリッチ(ダチョウ)

(出典 www.sankei.com)


産経新聞 2016.3.25 07:00
http://www.sankei.com/premium/news/160325/prm1603250001-n4.html





4 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:33:51.25 ID:biX9Ku7Q0.net

ついこの間海外の有名ブランドが
動物愛護団体に屈して革製品をやめたんじゃなかったっけ


5 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:35:39.60 ID:lTnsUIhk0.net

三味線にならんかな?
鹿なら太鼓かな?


6 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:36:26.30 ID:IcekLp1D0.net

鹿皮の財布売ってたけど、ペラペラだったな。
肌触りは良かった。


7 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:39:24.39 ID:ArF2MFR00.net

買ってもいいけどえてしてこういうのは法外な値が付いてたり品質が安っぽかったりするからな


9 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:41:22.22 ID:QVuJ2Xhc0.net

ベンツのシートに採用してもらえば認知度アップ


10 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:42:00.91 ID:QaCXxX1b0.net

試してみたいが、高くて粗悪だとちょっと


16 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:29:35.10 ID:bV8HKhgP0.net

>>10
山梨に印伝屋ってのがあるみたい。
バッグがもの凄く軽くて感動した。
縫製もしっかりしてた。


11 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:43:27.89 ID:hVYnLs+C0.net

昔は軍需品用途で官営で買い上げてくれてたから
猟師が都心のリーマンより稼いでたんだけどな、戦前の話だけど
俺、爺さんの代から猟師だったから良く聞いて育った
今ヒキニートだけど


14 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:04:01.12 ID:+KGbT/Hk0.net

>>11
刑務所で買い取って受刑者に加工させよう。


17 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:40:46.70 ID:ENdHF6us0.net

>>11
昔の話をしたら、炭鉱労働者がサラリーマンの
何倍も稼いでいた時代があったけど
もうそんな時代には戻れない、無意味だ


12 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 14:51:55.86 ID:CB3yEQHl0.net

チェルボやペッカリは手袋にするにはいい素材やね
野生は傷が多いからどうか知らんけど


15 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:04:59.16 ID:MoMrmqOT0.net

皮の盾ほしい


18 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:41:15.66 ID:fW9Q5Y+g0.net

剣道の防具とか竹刀の柄の皮がシカ皮使ってあるって言われたような記憶が。


22 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:46:35.11 ID:RI9opY2iO.net

車拭きと手袋にして大量消費しましょうよ


25 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:07:32.83 ID:U9jspmq3O.net

>>22
キョンのセーム革なんかあった希ガス

害獣駆除した鹿革を個人で製品にして売ってる作家もいるけど、野生の皮は傷も多いしダニに寄生された部分なんかは穴が開くしで
マトモに使えるところが少ないから大変みたいだ

でも、ただ廃棄にするのは命の取扱い方としてなにか考えないといかんからね
この方向はいいことだと思うけど


23 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 15:46:37.43 ID:5zF36ZmK0.net

鹿や猪が日本にしかいないなら価値はあるだろう。
そうでもないものを資源としてメードインジャパンとか言うのやめてよ。


27 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:12:16.19 ID:G9pwzshp0.net

ジビエは血抜きが上手くいけば美味しいよ。
皮も全部使えば命は無駄にならんよ。


29 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:27:53.04 ID:bV8HKhgP0.net

鹿革のバッグとかは、かなりのブランドになれるポテンシャル凄いけどな。


31 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:39:05.67 ID:/3uZJU/w0.net

鹿革は普通に見るけど猪革ってどうなんだろ
豚革みたいな感じなのかね


45 ◆pe5a2XkkHI :2016/03/28(月) 22:10:46.96 ID:lHiWvbLM0.net

>>31
豚革より分厚くてゴワゴワしてるイメージだな。

まったく知識なくて完全にイメージだけだがw


32 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:40:53.58 ID:iBOO+DkR0.net

安定的に原材料手に入らないのは商売としてかなり厳しいな。


33 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 16:47:43.42 ID:2lXU/6LZ0.net

沖縄ではハブの皮をなめしてキーホルダーや名刺入れに仕立てた商品がある。


36 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 17:36:01.21 ID:y/DqOynZ0.net

>>33
ハブはハブ酒にして、「安く」売れば売れると思うよ。
通販とかで。


34 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 17:15:07.74 ID:EX3Ij3YS0.net

鹿革財布は使ってみると手放せなくなるぞ
昔から日本で使われてて高温多湿の日本の気候にピッタリ
牛革みたいに汗でふやけるなんて無い

ただ今では全面鹿革の財布は貴重品だけどね


35 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 17:35:15.12 ID:aS1EzmNa0.net

質は高める事はできる、だがブランド化が課題だろう
地域がデザイナーや職人を育てる度量があるかだ


41 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 17:49:37.39 ID:xTfnbvYw0.net

皮革のためだけに*れるのよりよっぽどいい


42 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 17:57:43.38 ID:eAnPxStW0.net

ピッグスキンでさえマイナーなのにジビエのスキンが販路に乗るかよ


43 名無しさん@1周年 :2016/03/28(月) 19:17:17.71 ID:ZfhebLD50.net

>>42
鹿の毛皮は可愛いけどな


46 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 00:47:38.36 ID:eHOl7QnJ0.net

問題は値段や


47 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 00:50:15.72 ID:HuygTGqT0.net

ほう。。革は結構わかるけどこれはいいものだな
やっぱ野生のは一味違う

日本は畜産でも肉をうまくするレベルが高いから
かえって革質は低くなっちゃうんだよな
これは良い試み


50 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 08:35:37.82 ID:x0Sdqy9pO.net

>>47
和牛の革っつって売ってるけど、ブッテーロなんかと同じようなオイルレザーにはならないらしいね
ちょっと柔すぎるのか

野生の革は傷がな (´・ω・`)


49 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 01:05:49.33 ID:h8RzEwTn0.net

エゾシカのなめし革に印伝でアイヌ文様をつけたらかっこいいと思うよ、パターン化されているものだし
まあ印伝は北海道のものじゃないが


51 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 16:52:10.03 ID:XBIr32U/0.net

鹿も猪もネズミ算式に増えてきて、山が荒れてきてる。
何とか減らさないと森の木が大量に立ち枯れして、増え過ぎた動物も大量餓死が起きる。
勿論農作物も荒らされまくる。
ハンターを増やして、片っ端から肉と革に製品化出来れば最高なんだが。


55 ◆pe5a2XkkHI :2016/03/30(水) 00:39:22.58 ID:6rkWqUYo0.net

>>51
革とか肉の利用はあとで考えるとして、とにかく駆除数を増やすことが先決だと思う。
鹿も猪も、時間が経てば経つほどどんどん増えるんだから、対応のスピードが再優先だよ。


52 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 16:53:50.67 ID:jH8agEvY0.net

猪の革ジャン欲すい


53 名無しさん@1周年 :2016/03/29(火) 16:55:29.17 ID:f+so2gBQ0.net

セームは普通に拭き用の皮とかで使ってる
イノシシて結局豚よねよくあるねこれも


56 名無しさん@1周年 :2016/03/30(水) 01:23:19.48 ID:xmSuHlzRO.net

猪はどこかで猪豚と交雑してて、1シーズンで産む子の数が増えてるんだってな
少なくとも六甲あたりの、やたらと小さいのをゾロゾロ連れてる猪はそうだと聞いたことがある