701 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/10 21:44:24 ID:mX/drC5t

知り合いの話。

大戦前のことだ。彼の里では、毎年夏の終わりに盆踊りを執り行っていた。
規模は小さいながらも、会場には提灯を吊るし櫓が組まれ、夜店も出た。
その里では大切な行事だったそうだ。

彼のお爺さんは、会場の設営や撤去などを手伝っていた。
常々、不思議に思うことがあったのだそうだ。
撤去片付けは祭りの翌日と決まっており、当日は簡単に片付けてから帰っていた。
次の朝来ると、誰かがこっそりと会場を使用した後が見受けられたという。
ごく一部だけだったが、前日掃いた地面に足跡が残っていたり、物を焼いた形跡が
あったりしたらしい。痕跡は明らかなのに、誰もそのことは口にしなかった。

 もしかすると、山から下りてくる何かと共存していたのかもしれないね。

お爺さんはそう考えていたそうだ。
戦後に農暦を使わなくなってからは、とんとそんなこともなくなった。
今では隣町と合同で、大きな盆踊りを開催しているが、夜の間に会場を使う者は、
もういない。






702 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/10 21:45:41 ID:mX/drC5t

友人の話。

天文好きな仲間が集まって、山に数日間こもったことがあるという。
街の光を避けて(光害と呼ぶのだそうだ)、星の写真を撮るのだと。

ある朝目を覚ますと、テントの中にいい匂いが充満していた。
味噌汁の香りだった。
誰も味噌など持参しておらず、誰もが首を傾げた。

その日の朝食はインスタントラーメンだったが、皆どこか物足りない顔だった。
結局、予定を繰り上げて、その日の内に下山した。
そして全員が麓の町食堂で、味噌汁のついた食事を摂ったのだそうだ。



703 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/09/10 21:46:32 ID:mX/drC5t

知り合いの話。

夏の終わりに、山中の無人駅で野宿した時のこと。
ベンチで眠りにつこうとする彼の耳に、硬い小さな音が聞こえた。

 コーンッ カツッ

何かが繰り返し、固い床の上に落ちているような音。
一度意識すると無性に気になってしまい、音源を捜して暗い構内を歩き出す。
ホームの外れに、駅舎とは違う小さな建物が見えた。
どうやら音はそこから聞こえているらしい。
懐中電灯を構えて覗き込むと、そこは薄汚れたトイレだった。
黄ばんだ小便器の前、何かがモルタルの床で弾んでいる。

 コーンッ カツッ カッ カ カカカ…

ピンポン球ほどのきれいに磨かれた鋼球が、膝くらいの高さから落下していた。
鋼球は床で跳ねながら、段々と弾まなくなる。
弾まなくなると、何かに持ち上げられるように、ゆっくりと空中に上昇する。
そしてまた落下するということを繰り返していた。

気がつくと、吐く息が白い。
季節はまだ夏だというのに、トイレ内はかなりの低温状態になっていたようだ。
しばらく球を見つめていたが、他に何かできることがあるわけでなく、彼はトイレ
を後にした。夜半過ぎまで音は聞こえていたという。



760 あなたのうしろに名無しさんが… :04/09/12 18:23:21 ID:l6NUr9Ro

>759
新宿のアルタだったか紀伊国屋だったかの
地下通路にあるタバコで買えるぞw

子供のころ、梅雨の時期に
何日も大雨が降ったことがありました。
農業を営んでいた叔父は水田の様子が心配で、
日が沈んだのに、水田の目の前にある山のすその、
林に覆われた急斜面沿いのあぜ道を歩いて
見回っていたそうです。
すると、山の上の方から「おおい!」と呼ばわる声が聞こえたそうです。
斜面沿いのあぜ道からは上の方は見えませんが、
別のあぜを通り、今いる場所から水田の反対側に行けば
お山の中間あたりにいる人となら、
大声で話すことも視力がよければ見ることもできます。

しかし、大雨降る夜にお山に行く人なんて、まずいません。
不信に思った叔父は、とりあえず水田の反対側まで小走りしながら
「おおい!」「何してるんだ!」と答えたところ、また「おおい!」と。
叔父が反対側にたどり着いた時、とんでもない地鳴りがしたそうです。
ちょうど叔父がいたあたりの斜面が水田の半分まで崩れてきたのです…

翌日騒ぎで見に言ったのですが水田1つが土でつぶれていました。
叔父はといえば、笑いながら上記の話しをしてくれました。
しかしながら、その夜お山の上から呼ばわった人が誰だかは、
結局わからなかったそうです。付近住民に聞きまわっても、
お山を調べても人がいたという痕跡はなかったそうです。
今では叔父がほろ酔いの時の語り草となっています。


762 本当にあった怖い名無し :04/09/12 18:38:57 ID:qImlwD+f

中学校の時、結構高い、裏山で友達数人とサバイバルゲームを
して遊んでいたのですが、夜、遅くになるつれ真っ暗になってきて
友人たちとはぐれひとりぼっちになってしまいました。
そこの山は自殺者が比較的多い山だったので次第に怖くなり
必死に、友人たちをさがしていました。
しかし、ほとんど真っ暗で方向感覚も麻痺し、自分がどこにいるのか
さえわからないほど迷ってしまいました。そこまでくると緊張度と
恐怖度はMAXで心臓がバクバク言ってるのが聞こえ、自分が
本気で死を覚悟したほど切羽つぱってるのが手に取るようにわかるほどでした。
そうこうしているうちにふいの物音に怯えて、崖とはいわないまでも
急角度の斜面から転げ落ちてしまいました。下は落ち葉でいっぱいだったので
痛くはなかったのですが30メートルほど転げ落ちたかと思います。
まぁ転げ落ちた事で無事山を降りることはできたのですが、落ちたショックで
買ったばかりのエアガンを無くしたのが悔いに残ります。



781 本当にあった怖い名無し :04/09/13 01:08:28 ID:12MtdYUH

2年前、屋久島の縄文杉へ行った時。
途中でオバハン3人+ガイドのオッサンのグループを追い越した。
帰り道、ガイドのオッサンとオバハン1人が「○○さーん」と叫んでる。
聞くと、オバハン二人がトイレに行く為に登山道から外れて、戻って来ないとの事。
自分も参加して捜索したが見付からず、島を後にした。
つい先日屋久島へ行った時、「あの二人見付かりました?」って聞いたら
まだ見付かってないとの事だった。


794 モチモチノキ :04/09/13 16:01:26 ID:qMFFcY31

“ほうほ”(フクロウ)に化かされた話

宵の口に自転車で林道を走っていると林道のど真ん中にとっても小さな”ほうほ”が居た
近づいても全く逃げる様子もない、捕まえてみようと思いさらに近づいたその時
「バチバチバチバチ・・・バチバチバチ・・・」
どこからか聞きなれない音が
「バチバチバチバチバチバチバチ・・・」
だんだんと音が近づく
「バチバチバチバチバチバチバチ!」
と耳元で聞こえた瞬間
「ぶわ!!」っと顔に風を受け一瞬視界が黄色一色に染まったのでビビって目を閉じた。

目を開けると、とても違和感がある、
それから記憶が曖昧です。
フッ・・・とあたりが静かになり、というよりも音がない空間に来てしまったような感じと、
何処から来るのか分からない圧迫感、見る物全てが平面的なのにリアルというか、絵本の中に迷い込んでしまったかのような感じが僕を襲った。
それと自分はそこにいるはずなのに、ほかの場所から自分を見ているような感じも覚えています。
一瞬だけど空一面に黄色の目玉がふたつが浮かんでいたような気もする。
その時のことを思い出せるのはそんな感じだけです。

永い時間なのかほんの一瞬なのか解らない

依然として違和感は続いている
「あ・・・かえらなきゃ・・・」と思い自転車を探した、しかし自転車が無い
そこにいたはずの小さな”ほうほ”もいつの間にかいなくなっていた。



795 モチモチノキ :04/09/13 16:02:51 ID:qMFFcY31

「あれ・・?あれ・・?」と自転車を探していると視線を感じた。
辺りを見回すと前方の木の上に木彫りの人形のように無表情で、目の所だけぽっかり黒い穴が開いた”ほうほ”がこっちを見ていた。
この時初めて「あ、化かされてるのかな」と思いました。
と、突然その”ほうほ”がするすると木を降り始めた
「・・・ん?」奇妙な違和感を感じる
当然鳥だから飛び降りるはずがしかし、枝を伝い降りてくる
「・・降りてる・・!?」
全身に鳥肌がたちました、
そのほうほには翼の代わりに猿のような手がついていたのだ。
そして逃げようかと思ったが、とてもめんどくさく思えて体を動かす気にもならない、ヤツは顔を正面に向けたまま首を左右に振りながら近づいてくる、
全身から汗が吹き出て気を失いそうになった、ヤツがとうとう僕の足下まできて、僕の足にヤツの細い手が絡み付いて来た、ヤツはふと僕を見上げる
その顔には目のような穴が四つ空いていて、クチバシの代わりにまだ開かれていない大きな口があった
ゆっくりと口が開いてゆく、その口からは鋭く細かい歯がびっしりと並んでいた
「やめろ・・その口を開けるな・・」と思った時、
なぜか遠くから沖縄のカチャーシーが聞こえてきて「はっ!」っとしました、
辺りを見回すと、さっきの化け物もいません。足下に自転車も転がっています。
自転車のギザギザのフロントギアが足首に触れてました。orz
なんだかとっても恥ずかしくなって急いで山をおりました。

>>689
このくらいならおちゃめですね、肥溜に落とされたり、馬糞食わされた日にゃ

>>692
おぉ、前の前の前の彼女は奈良の中の人ですか

前の前の前の彼女が、夜に見ると怖いですよね。目が光ってるし。
に見えてしまったすまんです