14 山廃屋 (1/2) :04/09/23 17:43:46 ID:e26KfSxM

昔、群馬北部の里山を探訪した時の事。

その家は大層人里から離れており、なにかよほどの理由でもなければ訪れないような場所だった。
そんな場所にも関わらず、一軒家として存在していた。
人が暮らすにはあまりにも寂しい場所に。

もう長いことだれも住んで居ないのは明らかだった。

私はいけないことと思いつつも、戸口に手を掛けた。
まず抵抗があると思っていたそれは、すんなりと開く。
私を招くように、暗い玄関が私を誘うように開かれる。

中に入るとかなり荒れてはいたが、確かに人が暮らしていた名残があった。
散乱している調度品や装飾品、たたまれていない布団。
壁の、捲られなくなったカレンダーの日付がやけに物悲しかった。
1984/5/7 この日付を最後に、ここから人が居なくなったのだろう。

奥に入ると仏間があった。
中には位牌と遺影がそのままに放置されている。
天井近くには板渡しが拵えてあり、だるまが何体も置かれているではないか。
人が住んでいるならある意味当たり前のソレも、現状では異様な光景として目に映った。
背筋がぞくぞくした。





15 山廃屋 (2/2) :04/09/23 17:45:09 ID:e26KfSxM

(続き)

そのときだ、奥にあるふすまから誰かに覗かれているような感じがした。
時間は来たときから1時間過ぎていた。
もう既に夕闇が迫っていた。

室内の雰囲気と相まって、見られているような気配はかなり気持ち悪い。
去りがたい、郷愁に似た感覚が恐怖に摩り替わるあの感じを、今でも思い出せる。
同時に入ってしまったことへの後ろめたさが自分を支配した。

場所は人里離れている。
何かあっても、助ける人は居ない。
そう思った私は、引き返す事にした。

そのとき、

「もういっちゃうの?」

背後からかぼそい、女の子の声が響き渡った。
私は駆け足で家からでると、出来るだけ早く下山した。
どこをどう通ったか覚えて居ないが、どうにか麓の村まで帰ることが出来た。


39 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/09/24 00:57:28 ID:g2QqMHtZ

聞いた話

山中にある溜め池の水を抜いたところ、池の底に乗用車が1台沈んでいた。
溜め池までの小道は、軽トラックも通れないほど狭く、たまに林内作業車が利用する程度。
どうやって車が溜め池までやって来たのかも分からなかったが、
更に不可解だったのは、ドアを開けた途端、カーステレオが大音量で鳴り出した事だった。


43 本当にあった怖い名無し :04/09/24 01:43:03 ID:/U1XGEy/

六甲山に出る牛女ってしってる?
実際アレを見た人に話聞いたよ。

「牛女」にも色々種類あるらしいけどね。
走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で
車の後を猛スピードで追っかけてくる「牛女」
あと、丑三つ時になると出る女の幽霊で「牛女」
最後に、女の体に牛の顔の「牛女」私が聞いたのはこの牛女の話。
体験者は友人の両親だ。
4年ほど前のお盆の頃。
2人は弟夫婦と共に、墓参りの為、実家に帰省した。
4人は墓参りをし、実家で夕食をすませてから帰ることにした。
他の3人は酒を飲んでいたので、おばさんが運転手、
助手席にはおじさんが、後部座席には弟夫婦が乗り込んだ。
実家を出たのはもう真夜中近くだった。

しばらく山道を走っていると、前方の道沿いに畑がある。
(あれ・・?)
道路のすぐ横、畑の畦道に、着物を着た老婆が座っている後姿が見えた。
首をうなだれ、背中だけが見える。
「こんな時間におばあさんが畑にいるなんておかしいわね。」
後部座席の弟夫婦とそんな会話をかわし、
スピードを緩めた。
老婆はこちらに背を向けたまま、身じろぎもしない。
そして老婆の真横に来た瞬間、
座っていた老婆が、クルーリとこちらに顔を向けた。




44 続き :04/09/24 01:46:00 ID:/U1XGEy/

3人が悲鳴をあげる中、突然エンジンが止まった。
牛女が助手席側の窓を叩いた。
バァーーン!!
「きゃぁーーっ!早く車だして!!」
おばさんは震える手で何度もキーを回すが、エンジンは一向にかかってくれない。
「なんや!なんの音や!」おじさんが叫ぶ。
「なんでみんな騒いでるんや!?」
「なんでって、あなたには見えないの?真横にいるのに!」
「なにがおるんや!?なんで止まってる!?」
バーーーン!!
「牛の顔の老婆が窓を叩いてるのよ!!」
「そんなもんおらん!」
「いるのよ!そこに!あなたの真横に!」
バーーーーン!!!!
何度やってもエンジンはかからない。
「どけ!かわれ!」
おじさんが運転席に移り、キーを回した瞬間、
嘘のように簡単にエンジンは回りだした。
「はやくだして!」
牛女は追っては来なかった。

それから里帰りの度にその道を通るが、
「牛女」に会ったのはこの1回だけだったそうだ。




45 続き :04/09/24 01:47:43 ID:/U1XGEy/

「信じられへんような話やろ?でもこれ読んでみ。」
一緒に話を聞いていた友人(体験者の子供)が1冊の本を差し出した。

『太平洋戦争末期、西宮が空襲にあった。牛の屠殺で栄えていた家が焼かれ、
その家の座敷牢から頭が牛、少女の体をした物が出てきた。
「それ」は、周りが見つめる中、犬を食っていた・・・』

時間の経過と共に、牛女もまた、人間と同じように歳をとっていったのか?
ではなぜ、見える人と、見えない人がいたのだろう?



64 右手  ◆lemRS1HFjw :04/09/24 19:47:41 ID:KKRTN1AO

お初に書き込みまする。

友人から聞いた山の怪異を書きまする。
2年前のこと、友人が東京から新潟まで原付で単独旅行をしたそうだ。
道中、山奥に差し掛かった所で夜がとっぷりふけた。
近くに泊まれるような旅籠も民家もない。
仕方なく友人は近くの崖にあった横穴に身を寄せることにしたそうな。
横穴といっても木の枠組み構造があり、あきらかに人工物だったという。
山奥のそんな場所に泊まるなんて、と思うだろうが友人は豪胆だった。
持参していた迷彩布を入り口に掛け、寝袋にはいるとすぐ寝入ったそうな。
どれくらいたったか、ふと表からなにやら歌声がきこえてきた。
眠い目をこすり時間を見ると夜中の2時過ぎ。
なんだぁ?とおもって聞き耳を立てると、歌は童謡だったという。
歌詞は手まり歌のように思えたそうだ。
歌は泊り込んでいる横穴の上から聴こえてきている。



65 右手  ◆lemRS1HFjw :04/09/24 19:51:26 ID:KKRTN1AO

続き

ここで友人はすこしぞくりとしたそうだ。
しかし、眠り眼で考えもまとまらず、また寝入ったという。
するとややあって今度は歌が移動してきた。
どんどん降りて来てるように聴こえた。
自分と関わりないところでやってるならまだしも、近づいてくるとはなにか?
少々怒り気味になったと友人は言った。
さすが豪胆者の意見だと思う。
怒ろうがなんだろうが、歌はどんどん近づいてくる。
近づいてくるにつれて、これは山の怪異の類であると思った友人は、
凄みを効かせるため「寄らば切るぞう」と一言叫んだという。
すると歌はぴたり、と止んだのだそうな。
友人はそのまま朝まで無事に寝る事が出来たという。


100 本当にあった怖い名無し :04/09/25 22:55:23 ID:SxVxOuUx

>>99 
ヴァカ者、60越えてる方もいらしているぞ。
ケツの青いやつはもっと小さくなってろ。