803 本当にあった怖い名無し :04/10/20 16:55:32 ID:rK4Syj4L

 2年前の話。

 夜半、車で雪の峠道を走っていると突然チェーンが外れた。
 降りて見てみると、後輪の向こう側で外れたチェーンがプラリと垂れ下がっている。ホイ
ールハウスに手を突っ込み、手探りで繋ごうと四苦八苦するうちに、指先に柔らかいモノ
が触れたかと思うといきなり掌を掴まれグイッと引っ張られた。思わず足を滑らせて転ぶ
と、車体の下を覗き込む体勢になった。
 子供がいた。ニヤニヤと笑いながら両手で私の手を掴んで放さない。小学生のように見
えたが、掴まれた手を振りほどこうとしてもビクともしなかった。もがくうちに、頭上でミシリ
とイヤな音がして車がゆっくりと動きだした。
 エンジンはかけっぱなしだったが、サイドブレーキは掛けてあったし、ATもパーキングに
入れたあったはずだ、勝手に動くはずがない。後輪の前に投げ出されていた腕の上をタイ
ヤが通過した時、激痛に襲われながらもそんな理不尽な思いに突き動かされ、私は車の
窓の方を見上げた。
 車内から子供が2人こっちを見て笑っていた。

 30分後、たまたま通りかかった車に助けられるまで、私は骨折によるショックと訳の分か
らない恐怖で立ち上がることができなかった。ずっと雪の上で横になっていたため、体は冷
え切っていたが腕の痛みはあまり感じなかった。車は数百メートル離れた路肩に停められ
ていた。
 後日聞いた話によると、十年程前に子供が3人その山に迷い込んで亡くなったらしい。





825 聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :04/10/20 23:30:54 ID:YSCm34KS

聞いた話

ある日、頼まれて人の山で木を切り倒していた時のこと。
チェーンソーのエンジン音に紛れて人の声が聞こえたような気がした。
エンジンを停めて耳を澄ますが声など聞こえない。辺りを見回しても人の姿はない。
そんなことを何度か繰り返すうちに、気のせいだと思うことにした。
物音に混じって人の声が聞こえるような気がするのは良くある錯覚だ。
そうこうするうちに、一本の木を切り倒している最中、
切り口に刃を挟まれ、チェーンソーが停まってしまった。
「帰れ」
一瞬、子供の声が背後からはっきりと聞こえた。
驚いて振り向いたが、やはり人の姿はなかった。


827 本当にあった怖い名無し :04/10/20 23:55:24 ID:zx7rCJEN

ボーイスカウトにいた時の話

夜間に班に分かれて山を歩いていた時、道の前方より光の点が2つ近づいてくるのが見えた。
最初は猫や狸の目が光ってるのかと思ったが、近づくにつれてそれの目の位置が大人の
背の高さ程あり、動物なら人間を避けるはずなので何だかおかしいぞと俺達は思い始めた。
それの形は明らかに人型だが猿にしては大きすぎる。俺達はびびったがそれの正体はすぐに判明した。
ただの山歩きのおっさんだった。後でその事をボーイスカウトの隊長や団長に話すと
人間も瞳孔が発達すれば暗い中でも獣のように夜目が効くので目が光る人も居るとの事。
旧日本軍の兵隊の中には夜中でもサングラスをかけて目を鍛えた為に、夜中でも昼間のように
目が見え目が光る人が実際にいたと団長は言ってました。
今思い出すとあまり怖くないが当時厨房だった俺達にはマジで怖い体験でした。


838 本当にあった怖い名無し :04/10/22 00:00:28 ID:DmLmcAUN

ある山の中、ハイキングに来た男が頭上の葉の間に何かを見た。
何故か無性に気になり、注意深く見ていると、突然男の顔が落ちてきた。
びっくりして尻餅を突き、そのまま這うように逃げたと言う。
その時に聞こえた笑い声が、今でも忘れられないそうだ。


851 本当にあった怖い名無し :04/10/22 17:15:54 ID:2P9fgJDt

祖父は伐採を生業としていました。
ある時祖父は山に買ったばかりのチェーンソーを忘れてきてしまったので
取りに行くと言い出しました。
しかし、生憎その日は「山の神様が木を数える日」でして、山に入る事を
禁じられていたのです。
いつもは頑なにその掟を守る祖父ですが、何故かその日だけは家族がどんなに
止めても聞き入れません。
結局皆の反対を押し切って祖父は一人で山に入ってしまいました。
それが祖父の生きた最後の姿でした。

翌日帰らぬ祖父を村中の人間で探しました。
夕方近くなって、祖父は良い枝ぶりの大木にビニール紐を括り付けて
首をつっているのを発見されました。

山の神様の日に山に入ると、神様が間違えて木と一緒に数えてしまうといいます。



857 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/22 22:58:40 ID:qnb6QCKe

後輩の話。

彼のお父さんが、一人で初秋の山に入っていた時のこと。
ある夜中、とてつもない悪夢に襲われた。
夢の内容はまったく思い出せないのだが、非常に恐ろしく気持ちの悪いもので
あったらしい。
意識のどこかで「これは夢だ」とはっきり判っているのに、自力で覚めることが
出来ず、どんどんと胸が苦しくなっていった。
夢の中であるのに、実際の体温が下がっているのが判ったという。
これは危険だ! 何とか目覚めようと苦闘していると。

唐突に、何かが空気を切り裂く音がした。続いて湿った物が地に落ちる音。
音を聞いた途端、はっきりと目が覚めた。苦しさは幻のように消えていた。
思わずテントの外を覗いたが、闇の中には何も見えなかった。

翌朝。テントの傍に奇妙な物が落ちていた。
白い破魔矢と、赤黒い柘榴の実が一つ。
柘榴は破魔矢に貫かれて、ばらばらに弾けていた。

柘榴はその場に埋めて、破魔矢は大切に持ち帰ったという。
今でも後輩の実家の神棚には、その破魔矢が大切に祀られているのだそうだ。



858 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/22 22:59:51 ID:qnb6QCKe

友人の話。

山で下生えを刈っていた時のこと。
鎌を振る手を休め、近くにあった樹木によりかかって休みを取った。

「!」小さな、しかし鋭い痛みを腕に覚え、慌てて身を翻す。
左の二の腕から血が滲み始めている。まるで小動物に噛まれたような傷だ。
傷を押さえたその時、自分がよりかかっていた木に、何か違和感を感じたという。

不審に思い右手の鎌を木の方へ伸ばすと、いきなり表皮が波打った。
そのままスルスルと表皮は木から剥がれ落ち、下生えの中を滑るようにして消えた。
唖然とする彼の前には、つるりとした百日紅の木が一本、何事もなかったかのように
残されていたという。



859 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/10/22 23:01:40 ID:qnb6QCKe

彼は学生の頃、映画作りに嵌まっていたという。
サークル仲間と一緒に、短篇ホラー映画を製作していた時のこと。
訪れる者とていない、ある山奥の廃村を舞台にしたそうだ。
撮影に入って二日目の夜、ある鳴き声が皆の目を覚まさせた。

 ワン!ワン!ワン!ワン!・・・

犬の声だ。遠くから聞こえてくるが、何故か耳によく通る。
一頭だけのようだが、どことなく奇妙な調子の声だった。
鳴き声はだんだんと近づいてきており、さては野犬かと、皆緊張したという。
やがて声の主は野営地に侵入し、テントの廻りをぐるぐると回り始めた。
その時になってようやく、鳴き声のどこが奇妙なのかがわかった。
ワンワン鳴いているのは犬ではなかったのだ。

 ・・・ワン!ワン!クソ!ワンワン!クソッタレ!ワン!・・・

犬の泣き声を真似している何かは、時々悪態を混ぜながら一晩中テントの周りを
うろつき、明け方にやっと去って行った。
辺りの湿った地面には、何の痕跡も残されてはいなかった。

結局、廃村の映像は使われず、その作品も未完成のまま日の目を見なかった。



868 本当にあった怖い名無し :04/10/23 00:00:26 ID:wt5mrq8s

ある男が森の中で弁当を広げていると、正面の草影ががさがさと揺れた。
小動物かと思い、おにぎりを一個放ってやると、毛むくじゃらの手がそれを掴んで引っ込んだ。
すると、一斉に周囲の茂みが揺れだし、慌てて逃げたと言う。
もう二度と、森の中で弁当は食べないそうだ。


882 本当にあった怖い名無し :04/10/23 20:53:02 ID:Kwf3ght6

マタギに伝わる、白神山地にまつわる話。
白神に入るときには12人のパーティーで入ってはいけない。
白神には12の神がいるといわれており、
12人で入るということは、生贄の意味になってしまい、
無事に帰ることができないのだそうだ。


891 本当にあった怖い名無し :04/10/24 00:00:16 ID:sS0Q3IiN

山中にある神社に、数人の子供で探検しに行った。
神社の中には入れなかったが、壁の穴から中を覗くと古びた太鼓が置いてあった。
何とか入れないものかと壁を蹴りつけていると、突如太鼓を狂ったように叩く音が響いた。
誰よりも先に逃げ出したと言う。