ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    カテゴリ: 海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    伝染性のがん、世界各地のムール貝で見つかる - ナショナル ジオグラフィック日本版
    伝染性のがん、世界各地のムール貝で見つかる  ナショナル ジオグラフィック日本版
    (出典:ナショナル ジオグラフィック日本版)


    悪性腫瘍 (からのリダイレクト)
    大腸、直腸、肛門およびその付随組織 肝癌 肝細胞 - 肝臓 胆嚢 胆管 膵臓がん(膵がん) 副腎 消化管間質腫瘍(GIST) 中皮腫 - 胸膜、腹膜、心膜など 頭頚部 喉頭 口腔 口腔底 歯肉 舌癌 頬粘膜 唾液腺 副鼻腔 上顎洞 前頭洞 篩骨洞 蝶型骨洞 甲状腺 腎臓がん 肺癌 骨肉腫
    84キロバイト (11,836 語) - 2019年11月10日 (日) 09:27



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 白夜φ ★@\(^o^)/ :2015/04/12(日) 23:47:02.57 ID:???.net

    「伝染性」がん、北米の二枚貝にまん延 研究
    引用元:AFPBBNews 2015年04月10日 10:01 発信地:マイアミ/米国
    http://www.afpbb.com/articles/-/3045011

    【4月10日 AFP】米国とカナダの北東沿岸沖に生息する食用二枚貝に「伝染性のがん」がまん延しているとの研究論文が、9日の米科学誌「セル(Cell)」に掲載された。
    このがんの発見は、海洋の健全性をめぐって新たな疑問を投げ掛けるものだという。

    米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)などの研究チームが発表した論文は、
    長年にわたり無数の二枚貝を死に至らしめているこの特異な種類の白血病の詳細を世界で初めて明らかにした。

    同センターでネズミの白血病を研究している論文主執筆者のスティーブン・ゴフ(Stephen Goff)氏は、
    2009年に海洋生物学者からの依頼を受け、二枚貝の病気がウイルス性のものであるかを調査した。
    調査の結果に同氏は「非常に驚いた」という。

    白血病に侵される二枚貝はオオノガイ(学名:Mya arenaria)として知られる種類のもの。
    病気の二枚貝を食べても人間ががんになる恐れはないと同氏は指摘している。
    (引用ここまで 全文は引用元参照)

    ▽関連リンク
    Cell
    Horizontal Transmission of Clonal Cancer Cells Causes Leukemia in Soft-Shell Clams
    DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cell.2015.02.042
    http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(15)00243-3


    【【悲報】北米の二枚貝に伝染性の癌が蔓延】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    双生児 (双子からのリダイレクト)
    双子(ふたご)のことであり、多胎児の一種である。多胎児の中では一番多い。受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)と二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)に大別される。 出産の時には数分程度の時間差で産まれることが多いが、中には数時間から数十日の間隔で生まれる場合もある(双子
    108キロバイト (16,657 語) - 2019年9月21日 (土) 01:21



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/11/06(水) 14:48:57.43

    基本的に同じDNAを持つ一卵性双生児は、容姿から行動までそっくりなことがありますが、同じ家庭環境で育つことが多いため、遺伝子なのか環境なのか影響がわかりにくいところもあります。

    一卵性双生児のジム・ルイスさんとジム・スプリンガーさんは、生後すぐに引き離されて別々の家族に育てられ、39歳のときに初めて出会いました。
    すると、びっくりするほど人生が酷似していたのです。

    全く別の家族に育てられた2人が対面したのは39歳のとき。
    まず、2人ともリンダという名前の女性と結婚し、そして離婚していました。

    ここまでなら偶然で片づけられる話ですが、その後再婚した女性がどちらもベティという女性で、さらにトイという名前の犬を飼っており、息子にジェームス・アランという名前を付けていたのです。
    乗っていた車もシボレーのペールブルー、休暇を過ごす場所はフロリダ州パス・ア・グリル、タバコの銘柄はセーラム、ビールの銘柄はミラーLite、非常勤保安官をしていたことがある、爪を噛む癖などなど。

    ただしヘアスタイルの好みに関しては、まったく違うようです。
    双子が似たような行動をとることはよく聞く話ですが、別々に育っていてもここまで同じ選択をしているのは驚きですね。

    ■写真

    (出典 livedoor.blogimg.jp)

    h
    (出典 i-cdn.embed.ly)


    ■ 動画

    (出典 Youtube)


    ☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    http://labaq.com/archives/51915062.html


    【【海外】39歳で生まれて初めて出会った双子の人生が驚くほどそっくりだった!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コアラ(Phascolarctos cinereus)は、哺乳綱双前歯目コアラコアラ属に分類される有袋類。現生種では本種のみでコアラコアラ属を構成する。 日本語の別名はコモリグマ(子守熊)またはフクログマ(袋熊)。オーストラリア東部の森林地帯やユーカリの林などに生息している。
    33キロバイト (4,837 語) - 2019年9月7日 (土) 00:26



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 みつを ★ :2019/11/01(金) 00:28:34.68 ID:UX9+/PSU9.net

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35144712.html


    コアラ350匹以上、山火事で死亡か オーストラリア
    2019.10.31 Thu posted at 11:53 JST


    (CNN) オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州で森林火災が発生し、動物専門家によるとコアラ350匹以上が犠牲になった可能性がある。

    CNN系列局の9ニュースによれば、森林火災は沿岸部のポートマッコーリー付近で28日に発生し、これまでにコアラの生息地2000ヘクタール以上が焼失した。
    地元ポートマッコーリーのコアラ病院は、コアラの貴重な生息地と繁殖地がこの火災によって破壊されたと述べている。

    オーストラリアのコアラ基金(AFK)によると、野生のコアラの個体数は4万3000匹にまで減っている。
    野生のコアラは生息地の破壊や森林火災、交通事故、さらには犬に襲われるなどして個体数が急減しており、オーストラリア政府が絶滅の恐れがある種に指定している。

    ポートマッコーリーのコアラ病院は「今回の火災でこれまでに焼失した面積のうち、3分の2以上はコアラの生息地(だった)」とフェイスブックに書き込み、「低く見積もっても、60%に当たる350匹以上のコアラが過去3日間で火災のために*だと思われる」と推定した。

    同州では、コアラの生息地を巻き込んで72件の森林火災や草原火災が発生。このうち38件は、30日の時点でまだ燃え続けている。

    https://www.cnn.co.jp/storage/2019/10/31/3a6f1785341747d3d033e7cafdd1b556/t/768/432/d/191030094057-koala-sto*-super-169.jpg


    【コアラ350匹以上、山火事で死亡か オーストラリア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。
    17キロバイト (2,756 語) - 2019年8月23日 (金) 12:40



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 :2019/09/08(日) 18:43:17.40 ID:t4NL3mTC0●.net BE:601381941-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

    ネッシーの正体は巨大ウナギ 研究チームがDNA調査の結果を発表

    ネッシーの正体は、巨大ウナギかもしれない。学術チームの調査結果が世界に衝撃を与えた。

    ■ネッシーとは?

    イギリス北部のネス湖には怪物が住むという伝説があり、その歴史は西暦700年ごろに書かれた
    「聖コルンバ伝」にまで遡る。

    1934年には産婦人科医のロバート・ケネス・ウィルソンが、ネス湖で撮影したという大きな首をもたげた
    怪物の写真を発表したことで、世界的に知られるようになった。


    (出典 img.huffingtonpost.com)


    未確認動物の代表格として「ネッシー」や「ロッホ・ネス・モンスター」という名前で呼ばれている。
    恐竜と同時代に生きた首長竜「プレシオサウルス」の生き残りではないかと憶測を生んだ。

    ただし、写真は何枚も撮られているのに、存在を示す決定的な証拠はこれまで出ていない。
    ウィルソンが撮影した写真も、潜水艦のオモチャに首をとりつけたイカサマだったことを1993年に関係者が告白した。

    2016年には無人潜水艇が、ネス湖の水深180メートルの湖底で、ネッシーのようなものを撮影した。
    しかしこれも、1970年の映画「シャーロックホームズの傍系」のために作成されたネッシー型の模型だと
    判明している。

    ■学術チームの調査結果は?

    そんなネッシーの正体を確かめようと、ニュージーランドのオタゴ大学に所属する生物学者ニール・ゲメル教授が
    率いる調査チームが立ち上がった。2018年10月にネス湖に行き、さまざまな水深の250カ所でDNAを採取した。

    データの解析を終えたゲメル教授は再びネス湖を来訪、9月5日に記者会見を開いた。ネッシーの正体について
    「残念ながら、私たちの調査データからすると、プレシオサウルスというのは厳しい」とした。巨大魚であるサメ、
    チョウザメ、ナマズのDNAも採取されなかったという。そこで、ゲメル教授が出した推論は「巨大ウナギ」だった。

    「ウナギのDNAは非常に大量にあります。ネス湖ではウナギが非常に豊富で、調査点のほぼすべての場所で
    ウナギのDNAが検出されます。DNAからはウナギのサイズまでは分かりません。でも、DNAの量から言って、
    人々が目撃したネス湖の怪物は巨大なウナギである可能性を無視することはできません」

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/nessie_jp_5d731be9e4b0fde50c2691d3


    【イギリス・ネス湖のネッシー、巨大ウナギだったと判明 生物学者らがDNAを徹底調査】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本人(にほんじん、にっぽんじん、英: Japanese、Japanese people)は、日本の国籍(日本国籍)を持つ日本国民。または祖先が日本列島に居住していた民族集団を指す。 主に日本人という語は、日本国の法律で「日本国民」と呼んでいる日本国に国籍を有する人々の呼称として用いられる場合と、日
    118キロバイト (15,749 語) - 2019年10月29日 (火) 04:34



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 :2019/10/31(木) 20:59:03.85 ID:pWbEd1AU0.net BE:123322212-PLT(13121)


    (出典 img.5ch.net)

     近年、訪日外国人客の急増がしばしば話題になるが、日本人の出国者数も着実に増えており、2018年は過去最高を記録。
    2019年はそれをさらに更新しそうな勢いだ。日本人と韓国人、中国人、モンゴル人などは、日本人でも見分けがつかないことがあるが、
    海外に行くと、「あれは絶対日本人」と見抜かれるポイントがいくつかあるという。それは一体どういう点なのだろうか。

     国籍は日本だが、海外生活のほうが遥かに長く、アメリカ、ドイツ、フランスなどに住んだ経験を持つダイジュさん(40代・男性)は、
    「日本人はとにかく不用心だ」という。

    「尻のポケットから財布が飛び出していたり、カバンのファスナーが開いて財布が丸見えだったり、荷物を置いたまま席を離れたりと、
    見ているこちらがハラハラするような不用心な人は、まず日本人。外国人の友達から、『あの日本人、危ないからちょっと注意してやれ』
    と言われたことは何度もあります。“席をとっている”ことを示すためか、スマホを置いたまま席を離れる人もいますが、
    海外なら数分で盗まれてもおかしくないでしょうし、警察に行っても『置きっぱなしにした人間が悪い』という反応でしょう。
    電車で寝るのも日本人ですね」(ダイジュさん)

     海外に行ったら気をつけろとは口酸っぱく言われるが、染み付いた習慣はなかなか抜けないということか。日本の治安の良さは
    誇るべきことだが、海外でも日本にいるような気分でいれば、トラブルに見舞われるのは必至だ。

     一方、実害はないものの、海外で何となく気恥ずかしい気分にさせられるのがエレベーター。欧米諸国を計10年以上渡り歩いた
    マサヒコさん(40代・男性)はいう。

    「いつまで経っても慣れなかったのがエレベーターです。私はアメリカ、フランス、ベルギーなどに住みましたが、
    エレベーターの“閉まる”ボタンは押さない人が圧倒的に多く、そもそも“閉まる”ボタンがないエレベーターも少なくありませんでした。
    外国人の同僚とエレベーターに乗って、一生懸命“閉まる”ボタンを押していたら、『5秒で何ができる?』とからかわれたことがあります。
    “閉まる”ボタンをバンバン押すのは、日本人ならではですね。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00000002-moneypost-bus_all


    【海外で「あれは絶対日本人だ」とバレる行動】の続きを読む

    このページのトップヘ