ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    カテゴリ: 文化、カルチャー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    鎖国(さこく)とは、江戸幕府が、キリスト教国(スペインとポルトガル)の人の来航、及び日本人の東南アジア方面への出入国を禁止し、貿易を管理・統制・制限した対外政策であり、ならびに、そこから生まれた日本の孤立状態、外交不在の状態及び、日本を中心とした経済圏を指す。幕末に「開国」を主導した井伊直弼は、「鎖
    59キロバイト (7,962 語) - 2019年11月4日 (月) 10:35



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/11/23(土) 06:23:43.57

    ダイヤモンド・オンライン
    11/23(土) 6:01配信
    なぜ、あの時代に「鎖国」ができたのか?

    ● なぜ、「鎖国」ができたのか?

     次に、なぜ江戸時代の日本が「鎖国」をしたかという話をしましょう。

     みなさんが、昔、習ったのは、島原の乱(1637‐1638)を経験した徳川幕府が、
    「キリシタンを放っておくと怖いよなあと思って、鎖国をした」
     ということだったと思います。

     でも、僕が考える鎖国の理由は、

     「徳川幕府を永続させようと考えたら
     鎖国が一番合理的だったから」

     です。

     当時は石高で国を仕切り、統一していたのですが、最も石高が大きいのが、江戸時代に加賀、能登、越中の3国の大半を領地とした加賀藩の「100万石」。
     一方、徳川幕府は450万石ぐらいでした。

     徳川幕府は、大名同士の結婚や同盟を厳しく管理していました。

     江戸時代は、お城をつくったり、修理したりしただけでも改易(大名・旗本などの武士から身分を剥奪し、その所領や居城・陣屋・屋敷などを没収)されていました。

     豊臣秀吉が改易を考えつき、徳川家康が踏襲したのですが、鎖国をして貿易をしなければ、徳川幕府に勝つ大名はいない。

     ところが、各地の大名が海外と貿易を始めてしまったら、あっというまに彼らが金持ちになってしまう。たとえば、仙台の伊達氏や福岡の黒田氏は、海外との交易に興味津々でした。

     徳川幕府としてはその焦りがあったと僕は思います。

     次回は鎖国の時代に活躍した名学者・平賀源内の興味深いエピソードを紹介しようと思います。

     過去の僕の『哲学と宗教全史』全連載は「連載バックナンバー」にありますので、ぜひご覧いただき、楽しんでいただけたらと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00217612-diamond-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【江戸幕府】なぜ、あの時代に「鎖国」をしたのか? 本当にキリシタン対策だったのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    古代日本の戸籍制度(こだいにほんのこせきせいど)は、飛鳥時代に撰定・編纂された律令による人民把握のための戸籍。主なものに庚午年籍(こうごのねんじゃく)や庚寅年籍(こういんのねんじゃく)があげられる。 正倉院文書に古代の戸籍の一部が残されている。また近年、漆紙文書のかたちで秋田城跡や多賀城跡、下野国府
    18キロバイト (3,279 語) - 2019年6月10日 (月) 13:04



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 猪木いっぱい ★ :2019/07/15(月) 21:28:23.07 ID:LNtW+nQr9.net

    今では時代遅れの日本語のスクリプトで書かれた何十億もの古代のテキストの内容は、彼らが持っているかもしれない秘密を解読される事なく、研究者を長い間困惑させました。

    *し字として知られる古代の筆記体は、8世紀から20世紀初頭にかけて使用されましたが、現在、世界の人口の0.01パーセント未満しかそれを読むことができません。

    現代の漢字に変換されたのは、ごく一部の文字だけです。手書きで言語を転写するには数百年が必要です。

    しかし、日本の人文科学におけるオープンデータのためのROIS-DSセンターCのプロジェクト研究者タリンさんは、突破口の瀬戸際にいます。

    現在、*し筆文字を検索可能な漢字に変換するためのディープラーニング光学文字認識システムの開発に取り組んでいます。

    「私たちが文学から日本の文化や歴史について知っていることはすべて手作業で行われています」と彼女は報道に語った。

    「[テキスト]を書き起こして特定の単語を検索できる検索エンジンを作成できれば、他のテキストの内容がより迅速にわかります。」

    モントリオール学習アルゴリズム研究所の研究者であるアレクス氏はこのプロジェクトを支援しており、GoogleのAI技術サポートと、国立文学研究所の17~19世紀の書籍のラベル付きデータセットは、機械学習プログラムが4000以上の異なる文字をデコードします。

    「機械学習プログラムを開始するときはいつでも、本当に簡単なことから始めたいので、正しいことをしていることを確認することができ、それほど難しいことではありません」

    「最初の繰り返しで、文字通り1文字を検出し、それは徐々に最大400文字、その後4000文字まで移動しました。それは絶えず改善しており、まだ進歩の余地があります。」

    タリンさんは、このモデルは1ページのテキストを2秒で解読でき、平均精度は85%であると語った。
    「日本語の問題は、さまざまな文字が沢山あるということです。機械が学習するのに十分なサンプルを見つけることはできません(100パーセントの精度で十分です)」と彼女は言いました。

    「私が感心したことの1つは、モデルが文字と画像のどちらであるかを区別できることです。イラストは文字に近く見えますが、スキップしても十分に賢いことに驚きました。

    「人間と機械のコラボレーションが増えると、正確性はずっと高くなると考えられます」

    google翻訳
    https://www.9news.com.au/technology/artificial-intelligence-ancient-japanese-kuzushiji-texts-being-decoded-by-ai-google-machine-learning-tech-news-update/18669e01-e7f7-4ff4-b30d-885549a7a952
    ひらがななのに読みづらい
    https://imageresizer.static9.net.au/YE4DxQKW65F55wLgVz2uRCE2Oy0=/1200x0/smart/http%3A%2F%2Fprod.static9.net.au%2Ffs%2F6ce9f4ef-9b23-49a3-a7f5-cd1437d4046b
    一般的日本人は右は読めるが左は読めない
    https://imageresizer.static9.net.au/MfHQ11YGjsAe9h9RVuQ-f56BRi4=/1200x0/smart/http%3A%2F%2Fprod.static9.net.au%2Ffs%2F743ea959-ce27-4a4b-9f8c-527e21778c6d


    【【古代文明】AIによって発見された古代日本の文章の秘密】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    葬儀 (葬式からのリダイレクト)
    葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。 葬儀の様式にはそれを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映される。その意味で葬儀は、宗教が文明に発生する以前の旧石器時代から行われてきていた宗教的行為であるといえる。
    51キロバイト (8,080 語) - 2019年8月18日 (日) 23:18



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/10/11(金) 06:45:54.48

    2019/10/10 11:00
    蛭子能収「葬式に行くのは、お金と時間のムダ」
    「自分の葬式にも来てほしくない」
    PRESIDENT Online


    蛭子 能収
    漫画家

    他人の葬儀には行くべきか、行かないべきか。漫画家の蛭子能収さんは「葬式に出るとつい笑ってしまう。だから葬式に行くのが嫌だし、自分の葬式にも来てもらわなくていいと思っている。死んだ後に他人の時間と金を奪いたくない」と本音を吐露する――。
    ※本稿は、蛭子能収『死にたくない 一億総終活時代の人生観』(角川新書)の一部を再編集したものです。

    写真=iStock.com/Yuuji

    (出典 president.jp)

    ※写真はイメージです




    葬式に行かなくてはと思うと憂鬱になる

    そういえば最近、昭和の俳優さんをはじめ著名人が亡くなることが増えてきました。とくに平成の終わりごろは、なんだかとても多かった気がします。ただ、僕の知っている人も何人か亡くなったものの、葬式にはまったく行きませんでした。線香をあげにも行っていないし、それはちょっと悪いなあと思っています。

    ただ、これはほうぼうで言っていることなのだけど、僕は人の葬式にまったく行かない代わりに、自分の葬式にも来てもらわなくていいと考えています。不謹慎なのかもしれないけれど、「あの人亡くなったらしいよ。葬式に行かなくては」なんて言われると、「ああ、また行かなくちゃいけないのか……」って憂鬱になってしまうのです。

    なぜなら、単純に葬式に行くのがものすごく嫌だから、です。そんな人って、本当は意外に多いような気がするな。

    たしかに、故人との最後のお別れの機会なので、「いま行かずしていつ行くのか?」という気持ちはなんとなく理解できます。でも、死んだ時点ですでに別れちゃっているわけだし、生きている人がわざわざ集まって死んだ人を見に行くのも……って思うのです。

    それなら、生きているうちに会ったほうがいいじゃないですか。
    https://president.jp/articles/-/30186


    次ページ
    葬式に行くと笑って逝きそうになる
    https://president.jp/articles/-/30186?page=2

    1 2019/10/10(木) 16:53:47.33
    【蛭子能収】「葬式に行くのは、お金と時間のムダ」 「自分の葬式にも来てほしくない」 2019/10/10


    【蛭子能収、葬式に行くのは、お金と時間のムダ 「分かる」「死んだ後などどうでもいい」「金かかり過ぎよな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (110)



    【古き良き中国の農村の様子と家庭料理の再現映像】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    土葬(どそう)は、遺体をそのまま埋葬することである。 人が死ぬといろいろな事情から遺体を見えなくする「葬る」という行為を行なう。石器時代から人の死に際して「葬」が発見されているが、その一つに土に穴を掘って埋める埋葬がある。そのうち遺体そのままに埋めるのが土葬である。もっとも古いものはネアンデルタール人によるものが知られる。
    12キロバイト (1,920 語) - 2019年7月8日 (月) 11:54



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 樽悶 ★ :2019/09/05(木) 22:50:35.14

    現存する南山城村の土葬墓地。ふだんはお参りしないので、野草が生い茂っている。

    (出典 gendai.ismedia.jp)

    湯かん専用の盥。遺体を座らせ、このなかで洗い清めた。

    (出典 gendai.ismedia.jp)

    田原地区の野辺送り。白いのぼりがたなびき、棺を載せた輿車を、近親の女性が引いている。写真提供/十輪寺

    (出典 gendai.ismedia.jp)


    日本の伝統的な葬式である「土葬・野辺送り」が姿を消したのは、昭和の終わり頃とされている。入れ替わるように火葬が増え、現在、日本の火葬普及率は99・9%以上に達する。

    土葬は、日本の風土から完全に消滅してしまったのだろうか。筆者は「土葬・野辺送り」の聞き書き調査を20年以上独自に続け、平成、令和になっても、ある地域に土葬が集中して残っていることを突き止めた。それは大和朝廷のあった奈良盆地の東側、茶畑が美しい山間にある。剣豪、柳生十兵衛ゆかりの柳生の里を含む、複数の集落にまたがるエリアだ。

    日本人の精神生活を豊かにしてきた千年の弔い文化を、まだ奇跡的に残る土葬の村の「古老の証言」を手がかりに、明らかにしたい。

    ■土葬の森

    近鉄奈良市駅から東へバスで1時間、そこに柳生の里がある。ここにもまだ土葬は残っているが、さらに南へ山中を歩くこと約30分、大保町(おおぼちょう)という集落では今もほぼ100パーセント、遺体は土葬されている。この村で生まれた老人が、数年前、自分が埋葬される山を縁先の窓越しに眺めながら、老妻に看取られ、亡くなった。

    ※省略

    「土葬をなぜ続けるのですか?」と50歳代の村人に尋ねた。「焼かれるのはかなわん。熱いやんか」とおどけながら、「*だら故郷の土に還りたい。それだけや」。彼はそう答えた。

    ■死霊を魂送りする無言劇

    柳生の里の北側、奈良県との境に接する、京都府下の南山城村(みなみやましろむら)にも、今なお土葬が残っている。南朝の後醍醐天皇が立て籠った笠置山にほど近い場所にあり、地図で確かめると、現存する土葬の村は、柳生の里から同心円状に広がっていることがよくわかる。

    南山城村には、土葬・野辺送りにかかわる古い風習が数多く残されている。13年前、老母を亡くした男性も土葬で故人を送った。70歳代、喪主夫人である跡継ぎの嫁の不思議な証言――。

    「みんなが野辺送り・土葬から帰ってくると、空のひしゃくで水甕の水を汲む動作をし、玄関に置いた空の盥(たらい)に、水を入れる真似をしました。これを3回繰り返しました。水汲みの儀礼と言います」

    女性の所作は死者の魂とひめやかに対話しながら行う無言劇のようだ。「南山城村史」には「家の内から外へ死霊を送り出そうとする『魂送り(たまおくり)』の儀礼ではないか」と書かれている。

    そのあとも無言劇は続く。

    「野辺送りから帰ってきた人たちは、空の盥の中に足を交互に入れて洗うマネをします。さあ意味はわからへんけど。ただアシアライと呼んでいました」と夫人は語る。こちらは*ケガレや死霊を恐れたタタリ封じのような無言の動作である。

    ※省略

    島ヶ原から土葬がなくなったのは、昭和50年代半ばという。同村から東西に走るJR関西本線の隣駅には、今も土葬が残る奈良市月ヶ瀬村(つきがせむら)、さらに隣の駅には、前述の南山城村がある。土葬の村が集中するエリアにありながら、比較的早めに土葬がなくなったのは、このお棺割りの風習の凄絶さゆえといっても過言ではない。

    ※省略

    こうした野辺送りに必要な葬具は、ふだん十輪寺という真言宗の寺に大切に保管され、出番を待っている。野辺送りの総勢20~30人の近親者は、手作りされたそれらの葬具を持つ役を与えられる。松明や灯籠、飾り用品など葬具のいくつかは、冒頭で紹介した仮門のように、村人自身が竹細工や紙細工で、通夜、葬儀までの間に作り上げる。町の葬儀会館で葬式を出すのに比べると、はるかに手間がかかっている。

    なぜ、そうまでして土葬・野辺送りにこだわるのか。

    「長い間村で生きてきた人を、一瞬で送るのは私にはどうしてもなじめません。“無駄”をいっぱいして故人を送ることが供養になると思うのです」と老住職は語る。

    2019.09.05
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66905


    no title
    【奈良県で「土葬の村」発見!なぜ、今も、村人は土葬を選ぶのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ