ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:クマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年11月1日 (金) 09:48



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    3 底名無し沼さん :2019/08/30(金) 14:19:55.66 ID:NkaicUXb.net

    動物愛誤のアホは魚や肉食わないベジタリアンなんだろうな?

    自分は安全なとこにいてたらふく肉食って可愛そうとか言うならオメーの肉をクマに差し出せよ口だけ野郎の偽善クズ


    【熊対策にスプレーって使えるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年11月1日 (金) 09:48



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 かに玉 ★ :2019/11/02(土) 05:51:56.43 ID:N2hSyyry9.net

    クマ?に襲われ男性失明、頭も骨折 秋田の温泉施設近く

     10月31日午後8時ごろ、秋田市添川の派遣社員古田達也さん(46)から、自宅敷地内でクマとみられる動物に襲われたと119番通報があった。

     秋田県警秋田東署によると、古田さんは頭蓋骨(ずがいこつ)が折れたほか、両目を失明するなどの重傷を負ったという。

     署によると、古田さんは自転車で帰宅した直後、「敷地内のかげから出てきた黒い動物のようなものに、いきなり襲われた」などと話しているという。

     現場はJR秋田駅から北に約4キロの閑静な住宅街。約500メートル先には温泉施設もある。署は付近の住民に注意を呼びかけている。(高橋杏璃)

    朝日新聞デジタル 2019年11月1日 10時47分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17318054/

    ★1が立った日時 2019/11/01(金) 11:21:53.04
    前スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572588755/


    【【クマ怖い】46才男性が閑静な住宅街でいきなり襲われ頭蓋骨骨折・両目失明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年10月21日 (月) 01:18



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/10/27(日) 19:32:40.90 ID:ZVOM5aUV9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00010002-fukui-l18

    福井県勝山市中心部の芳野町1丁目に10月25日出没し、住宅街の柿の木で見つかった親子とみられるクマ2頭は、
    二晩を木の上で過ごし、27日午後も近くの木にいることが確認された。勝山市は24時間態勢で職員が交代しながら監視、警戒を続けている。
    県警勝山署は引き続き、周辺道路の通行を規制。周辺住民に外出や一人での行動を控えるよう呼び掛けている。

    市クマ対策警戒連絡室は26日、市民に柿の収穫を急ぐよう文書で区長を通じて要請した。
    不要な柿の処分用のパッカー車を26、27日、市役所南側駐車場に配置している。

    9月中旬以降、クマの出没が後を絶たない勝山市では、10月24日未明、市中心部の昭和町1丁目にクマ3頭がいるとの目撃情報が相次いだ。
    現場は22日に成獣1頭が侵入し駆除された繊維工場や、成器西小、ショッピングセンターなどに近い。ほかにも市街地で出没情報があり、
    市は24日、水上実喜夫副市長をトップとするクマ対策警戒連絡室を設置した。


    クマ2頭が登っている杉の木(中央)=10月27日午後、福井県勝山市芳野町1丁目

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    杉の木から顔をのぞかせるクマ=10月26日午後3時半ごろ、福井県勝山市芳野町1丁目

    (出典 fki.ismcdn.jp)


    関連スレ
    【くま】クマ2頭、丸一日以上木の上に居座る。「隣に柿の木があり、レストラン付きのホテルのようなもの。どうしようもない」福井県
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572136119/


    【クマの親子、二日間住宅地の樹の上に籠城】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年10月21日 (月) 01:18



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/10/26(土) 08:17:31 ID:ZEQab8239.net

     線路の脇に横たわる瀕死(ひんし)の母グマ、そばを離れようとせず周辺をうろつく子グマ。新潟県湯沢町のJR上越線で列車がクマをはねた事故から一夜明けた25日、現場周辺では親子グマ2頭の物悲しい光景が見られた。

     南魚沼署によると、衝突時に3頭が目撃され、線路付近に2頭が横たわって発見された。1頭は体長0・6メートルの子グマで*でいた。もう1頭は体長1・2メートルの雌。母グマとみられ、まだ*かに息があったという。残りの1頭は姿が見えなくなっていた。

     湯沢町は母グマを射*るために、麻酔銃を扱う業者を長野県から招請。麻酔を打ち込んでから移動し、地元猟友会が射*る段取りを組んだ。

     業者の到着を待つ間、母グマに寄り添うように体長0・6メートルの子グマが何度も現れた。残りの1頭とみられる。役場職員が「山へ帰って」と時折、爆竹を使って追い払った。

     業者と猟友会が到着し、麻酔銃を母グマに打ち込むと、*だのが確認された。子グマはもう現れなかった。

     魚沼市で6人を襲ったクマに続き、麻酔銃を使用した男性(55)は「親グマが*でいるのが分かり、子グマは山に去ったのだろうが、まだ小さいので冬は越せないのではないか」と話した。

    2019/10/25 20:01 新潟日報
    https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191025503408.html

    (出典 www.niigata-nippo.co.jp)


    【線路の脇に横たわる瀕死の母グマ、そばを離れようとしない子グマ 「山へ帰って…」響く爆竹】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ (からのリダイレクト)
    クマ()は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,439 語) - 2019年9月23日 (月) 05:37



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 シャチ ★ :2019/10/11(金) 02:31:11.87

    札幌市で8月、市街地への出没を繰り返したヒグマを市が駆除したことに、多くの反響が寄せられた。うち6割が駆除反対の声で、北海道外からは駆除反対が多かった。駆除は避けられなかったのか?

     「殺さないで」「麻酔銃で眠らせて山へ戻せばよかった」「せめて動物園かクマ牧場に送って」。市には電話やメールで600件を超える反響が届いた。記録を集計したうち6割が駆除反対の声で、特に道外からは反対が目立った。

     市街地にクマが出ると、市は「ヒグマ基本計画」に基づき4段階の有害度に応じた対応を取る。今回は畑のコーンが食べられ、追い払っても出没を繰り返し、徐々に人や車を警戒しなくなった。このため市は、有害度を上から2番目で駆除が必要な「経済被害をもたらし被害拡大が懸念される状態」と判断。「人に危害を与えかねず、やむを得なかった」と金綱(かねつな)良至(よしのり)・環境共生担当課長は話す。

     専門家の見解も同じだ。ヒグマの生態に詳しい北大大学院の坪田敏男教授は「あそこまで行動がエスカレートすると、他に選択肢はない。事故が起きる前に駆除できて良かったと思ったほうがいい」と言う。

     麻酔銃で眠らせ、どこかに連れて行くことはできなかったのか。「クマは麻酔銃が当たると走り出し、5~10分は興奮状態が続く。周りに人がいる住宅地ではできない」と坪田教授。では住宅地を離れてからでは?

    10/10(木) 9:00配信朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000015-asahi-soci
    住宅街を歩き回るヒグマ=2019年8月12日午後8時29分、札幌市南区、白井伸洋撮影

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    前スレ ★1 2019/10/10(木) 09:17:40.14
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570675348/


    【札幌市のヒグマ駆除に抗議殺到「殺さないで」「麻酔銃で眠らせて山へ戻せばよかった」苦情は道外からが多数】の続きを読む

    このページのトップヘ