ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:シカ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年10月19日 (土) 07:57



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2018/09/26(水) 23:32:43.46 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00358768-agara-l30
     スギ・ヒノキの苗木を守る森林防護柵を設置した場合、イノシシが最初に破壊・侵入し、シカはそこを利用して侵入している事例があることが、
    和歌山県林業試験場(上富田町)の調査で分かった。
    試験場は「破壊されるのは地上高60センチ以下。今後対策について研究していく」と話している。

     今回、田辺市内のスギ・ヒノキ人工林で、標準柵(10センチ角メッシュネット)と強化柵(5センチ角メッシュネット)、
    金網柵(10センチ角2ミリ鋼線)を縦4メートル、幅8メートルの長方形にそれぞれ設置。
    その内外に米ぬかと古米を1週間に1度給餌し、自動撮影カメラで撮影した。試験期間は2017年5月26日から189日間。
    この結果、シカは調査開始から3日後、イノシシは21日後に現れ、シカは延べ156日、イノシシは延べ89日確認された。

     標準柵は開始から30日後にイノシシが接地部分を破壊して侵入、その2週間後に側面の破損部分からシカが侵入した。

     一方、強化柵と金網柵は59日後にイノシシが接地部を破壊して侵入したが、シカは調査期間内に侵入しなかった。
    しかし、イノシシは継続して破壊を行っており、最終的には広がった破壊部分からシカが侵入すると推測している。
    シカによる防護柵の破壊行為は確認されなかった。

     イノシシの知能はサルに匹敵するといわれ、破壊行為はネットを固定するアンカー杭の引き抜きや破壊に始まり、
    金網の切断、ネットの折り返し部分のめくり上げなどが見られた。
    このほか、内側から別の箇所を攻撃したり、2匹が同時に引いたり押したりする姿が映っていた。


    【イノシシが破壊、シカが続く 森林防護柵の侵入調査 イノシシの知能はサルに匹敵】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オオカミ (からのリダイレクト)
    オオカミ(、羅: lupus、英: wolf)は、ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ属に属する哺乳動物。広義には近縁種も含めることがあるが、通常はタイリクオオカミ(ハイイロオオカミ、Canis lupus)一種を指す。多数の亜種が認められている。同属の近縁種としてアメリカアカオオカミ、コヨーテ、アビシニ
    32キロバイト (4,543 語) - 2019年9月27日 (金) 23:57



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/11/02(土) 07:52:20.70

    https://www.topics.or.jp/articles/-/277080
     シカやイノシシといった有害鳥獣の増加に歯止めをかけて生態系を守るため、オオカミを日本の山に放つ意義について考える
    「日米オオカミふぉーらむ2019」(日本オオカミ協会四国支部主催)が、阿南市橘町の橘公民館であり、住民ら約40人が参加した。

     米イエローストーン国立公園公認ガイドのスティーブ・ブラウン氏が、オオカミの再導入で生態系を取り戻した公園の取り組みを紹介。
    「オオカミを入れることでキツネや野鳥が増えた。観光客が増えるなど経済効果もある」とメリットを語った。


    【米でのオオカミ再導入で生態系を取り戻した事例紹介 阿南でフォーラム オオカミを日本の山に放つ意義について考える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    シカ(鹿)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。多くのシカ
    17キロバイト (2,229 語) - 2019年10月10日 (木) 17:57



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/10/27(日) 00:45:12 ID:Bbm5wVx79.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-35144429-cnn-int
     米アーカンソー州でシカ猟をしていた男性が、自分の撃ったシカに襲われて重傷を負い、病院に搬送される間に死亡した。
    警察によると、死亡したのは同州エールビルの男性(66)で、23日夜、森の中に倒れているのが見つかった。
    身体にはシカの角で刺された傷痕が何カ所もあった。

    アーカンソー州狩猟漁業委員会によれば、一緒にシカの解体処理を行う予定だったおいに発見された時には、まだ男性は意識があって話すこともでき、
    妻に電話することもできた。しかし救急隊が病院へ運ぶ間に呼吸が停止した。
    角で刺された傷が致命傷になったのかどうかは確認できておらず、死因は心臓発作などの疾患だった可能性もあるが、解剖は予定されていない。

    狩猟漁業委員会の担当者によると、ハンターが傷ついたシカに襲われてけがをすることは珍しくないという。
    仕留めたと思ったシカが、気絶したり負傷していただけということもあり、大抵はハンターが近付くと跳ね起きて逃げるが、その過程でハンターに傷を負わせることがある。
    この担当者は、気絶したシカに近付いたハンターが死亡した事案に遭遇したのは初めてだと話している。

    シカ猟では一般的に、仕留めてから15~30分待って、*だことを確認してから近付くことが推奨されている。
    死亡した男性はエールビルに20年以上も住み、狩猟経験が豊富だったことから、不手際があったとは思えず、予想外の事故だったのではないかと当局者は推定している。

    けがをしたシカは見つかっていない。


    【【狩猟】シカ猟の男性、仕留めたと思ったシカに襲われ死亡 米アーカンソー州】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (372)


    シカ (鹿からのリダイレクト)
    シカ(鹿)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。多くのシカ科のメスはツノ
    16キロバイト (2,169 語) - 2019年9月13日 (金) 08:16



    【【狩猟者用】鹿の角皮の剥がし方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    奈良市一円の鹿が、「奈良のシカ」として国天然記念物に指定されている野生動物であり、所有者はいない。鹿と人と関係には長い歴史変遷がある。 7世紀後半から8世紀後半にかけて編纂された『万葉集』においては奈良の鹿歌が詠まれ、このころは純粋に野生の鹿だった。同時期
    24キロバイト (4,129 語) - 2019年9月4日 (水) 04:27



    (出典 nikobserve.angolmoka.com)



    1 きつねうどん ★ :2019/09/04(水) 19:17:50.75 ID:CAP_USER.net


    (出典 www.asahicom.jp)


    換気口の周りに集まったシカたちはおなかを芝生につけて休む=2019年8月5日、奈良市登大路町、平田瑛美撮影

     厳しい暑さが続いた夏、奈良市では今年も大量のシカが1カ所に集まる「鹿だまり」がよく見られた。奈良国立博物館新館前の換気口近くでは、100頭以上のシカが身を寄せ、うとうと。観光客たちは足を止め、カメラを向けていた。

     同館情報サービス室長の岩井共二さん(50)によると、鹿だまりは夏の午後6~7時がピークで、9月に入ると見られなくなってくる。換気口からは館内の空気が出てくるが、冷たい空気ではないため、岩井さんは「何を目的に集まっているのか全く分からない」と話す。佐藤宏明・奈良女子大准教授(生態系生物学)も「(集まる理由は)まったくわからない」。

     観光で訪れた大阪府豊能町の大学生、横田凌さん(22)は「1カ所にこんなにたくさん集まっているのは初めて見た。数が多すぎてちょっと気持ち悪いけど、なんだかかわいいです」と笑みを浮かべた。(平田瑛美)

    https://www.asahi.com/articles/ASM8W4JHXM8WPOMB00J.html


    【【大量発生】猛暑で換気口に集まるシカ100頭超 ぬるい風求めて?】の続きを読む

    このページのトップヘ