ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:世界

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (91)


    地球の生命力を感じる神秘的な噴火。海の底で燃え上がる世界8つの海底火山 - ニコニコニュース
    火山は見上げるものというイメージがあるが、波間に隠されているとはいえ海底にある火山とてときおり暴力的な爆発を起こし、地球が今もなお生きているのだということを実感 ...
    (出典:ニコニコニュース)


    自然災害(しぜんさいがい、英: natural disaster)とは、危機的な自然現象(natural hazard, 例えば気象、火山噴火、地震、地すべりなど)によって、人命や人間の社会的活動に被害が生じる現象を言う。 日本の法令上では「自然災害」は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、
    24キロバイト (3,183 語) - 2019年8月17日 (土) 00:43



    【「炎の竜巻」「呼吸する地面」「侵食する氷」世界の不思議で珍しい自然現象】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (22)


    今回は世界の早業動画を紹介するよ。

    みんな早いけどワニ……

    ワニにしか目がいかないwww







    【ちょww早っwww 世界の職人たちによる凄い早業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (10)


    今回は世界の災害の瞬間を収めた動画を紹介するよ。

    地震、津波が多め。

    序盤の衝撃波? がよくわからん。

    山が崩れる瞬間が恐怖……

    防災対策はしておこう!










    にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
    にほんブログ村



    狩猟・ハンティングランキング




      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中国の地下鉄、将来はよりスマートに―中国メディア (2019年8月18日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    このほど開催された「北京国際都市鉄道交通展覧会並びにサミットフォーラム」では、鉄道交通業界の発展を牽引する企業、?斯柯信号有限公司が最新のソリューション「 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、及び、そこで成立した国家や社会をさす用語。中華と同義。 1972年の日中国交正常化以降、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称としても使用されている。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国
    28キロバイト (4,412 語) - 2019年7月13日 (土) 06:05



    (出典 j.people.com.cn)



    1 納豆パスタ ★ :2019/08/19(月) 06:37:03.02

    中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態
    それは2046年にやって来る
    現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523

    中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。

    この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。

    これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがたい大変化をもたらすだろう。

    ●2040年代に中国は日本より豊かな国になる

    世界経済の長期予測がいくつかなされている。

    日本経済研究センターが行なった2060年までの長期経済予測は、中国が2030年代前半に経済規模で米国を抜くとした。
    https://www.nikkei.com/article/DGXKZO47775960V20C19A7KE8000/

    「2030年展望と改革」(内閣府)によると、2030年で、中国のGDPの世界シェア 23.7%は、アメリカの20.2%より高くなる。
    https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/shiryo_04-2-2.pdf

    これ以外にもいくつかの長期推計があるが、それらのほとんどは、2030年代前半に中国がGDPの規模で世界最大になると予測している。 

    中国の人口は巨大だから、経済規模が世界最大になるのは、さして驚くべきことではないかもしれない。

    日本との関係でより重要な意味を持つのは、「豊かさ」だ。

    以下では、ドル表示で見た1人当たりGDPについて、日本と中国を比較してみよう。

    図1 日中の1人当たりGDPの推移 (単位:ドル、資料:IMF)

    (出典 gendai.ismedia.jp)


    図1に見るように、2010年には、中国の値は日本のほぼ10分の1であった。その後、2012年から15年に円安が進んだため、日本の値は低下した。この間においても中国は成長を続けたので、2018年において、中国の一人当たりGDPは日本の4分の1程度になった。

    (出典 gendai.ismedia.jp)


    図表1の2019年以降の値は、IMFによる推計である。これによると、2023年に、中国は日本の3分の1程度になる。

    さらに将来の時点では、どうなるだろうか?

    以下では、過去の傾向が将来も継続するとしたらどうなるかを計算してみよう。

    上で見た円安による影響を取り除くために、2014年から2023年までの年平均成長率を見ると、日本は2.6%、中国は7.8%だ。

    図2 日中の1人当たりGDPの予測(単位ドル、筆者試算)



    図2は、この成長率が将来も続くとした場合の結果だ。

    中国の1人当たりGDPは、2032年に日本のほぼ2分の1になる。

    そして、中国が日本と同じ豊かさになる「Xデイ」が訪れる。図2によれは、それは2046年だ。

    これは、それほど遠い未来のこととは言えない。現在の日本人の8割くらいの人々は、生きている間に、Xデイを経験することになるだろう。

    同じ趨勢が続くとすれば、その後は、中国のほうが豊かな国になる。2060年には、日本のほぼ2倍になる。なお、この時点では、中国の値は、アメリカの水準をも抜いている。

    以上は過去のトレンドが続くとした場合のものだから、これとは違う結果になることは、十分ありうる。

    実際、OECD予測では、2040年における中国の一人あたりGDPは、日本のそれの6割程度だ。2060年になっても、まだ日本の方が高い(Economic Outlook No 95 - May 2014 - Long-term baseline projections)。
    https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=EO95_LTB

    米中貿易戦争で中国の経済成長率が大幅に鈍化すれば、Xデイの実現は、先になる。

    日本が構造改革に成功し、新しい産業が登場して経済成長率が高まれば、やはりXデイは先になる(あるいは回避できるかもしれない)。

    しかし、これまでのトレンドが続けば、Xデイは避けられない。 

    ●出稼ぎ労働の方向は逆転する

    続きは記事リンク先です。長文です。

    前スレ(★1のたった日時:2019/08/18(日) 21:16:07.09)
    【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566152129/


    【【悲報】2046年、中国が日本を「豊かさ」で抜く……】の続きを読む

    このページのトップヘ