ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:中国

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    オオサンショウウオ (大山椒魚、Andrias japonicus) は、有尾目オオサンショウウオオオサンショウウオ属に分類される有尾類である。別名ハンザキ。 日本列島南西部(岐阜県以西の本州、四国、九州の一部)における固有種である。和歌山県の個体群は過去に人為移入された個体に由来していると考え
    15キロバイト (1,804 語) - 2019年7月14日 (日) 11:42



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 しじみ ★ :2019/09/22(日) 10:06:52.15 ID:dpaKDvi89.net

    ■絶滅寸前、さかんな養殖や放流が逆効果、中国

    世界最大の両生類は何か。答えはすでに出ていると思われていたのだが、どうもそうではなかったようだ。このほど、ある科学者のチームが新たな回答を提示した。

     大まかに言うなら、世界最大は中国のオオサンショウウオであることに変わりはない。体長1.5メートルまで成長し、体重はゆうに45キロを超える。ほんの数十年前まで、中国南部や中北部、そして東部に至るまで、各地で容易に見つけることができた。

     これほど広いエリアに、山地に隔てられ、何本もの川に分かれて生息しているというのに、これまでチュウゴクオオサンショウウオは1種(学名:Andrias davidi*)しかいないと考えられてきた。

     だが、最近の研究で博物館に保存されていた標本を分析したところ、1種どころか少なくとも3種は存在することが明らかになった。そのなかで最大と思われる種は、新たにAndrias sligoiと学名が付けられ、9月17日付けで学術誌「Ecology and Evolution」に発表された。

    「今の時代、世界最大の両生類を特定するのにここまでかかるとは思っていませんでした」。ロンドン動物学会の保全科学者で論文筆頭著者のサミュエル・ターベイ氏は言う。

     チュウゴクオオサンショウウオは現在、危機的状況にある。Andrias davidi*はすでに近絶滅種(critically endangered)に指定され、野生では絶滅の一歩手前にまで追い込まれている。新たに特定された2種の場合、より深刻であることは間違いないと、ターベイ氏はみている。適切な種の分類により、効果的に保護計画が立てられるようになることが期待される。

    ■さかんな養殖、放流が逆効果

     数が減っている主な原因は生息地の消失や密猟だが、実は手広く養殖されていることもチュウゴクオオサンショウウオの脅威になっている。中国全土の養殖場で多数が養殖されており、そのほとんどはAndrias davidi*とみられる。

     Andrias davidi*の原産地である中国中央部では数十年前にオオサンショウウオの養殖が始まり、以来、養殖は全国に広がった。現在、オオサンショウウオの肉は高級食材として高値で取引されている。

     養殖業者は、これまで多くのオオサンショウウオを川に放流してきた。種を助けるため良かれと思ってやっていたのだが、これが逆効果だった恐れがある。生物は、同じ種でも生息域によって遺伝的な違いがあるため、その土地に元々いなかった個体を導入すると、病気を広げたり、争いや交雑が起こってしまう。

    「本来その場所にいるべきでない生物がそこに置かれてしまうのです」

    ターベイ氏のチームは、2013年から2016年にかけて野生のチュウゴクオオサンショウウオを探して歩いたが、発見できたのはわずか4カ所だけ。しかも見つかった個体の全てが養殖場から放流されたもののようだった。遺伝子を調べてみたところ、その水域のDNAと一致しなかったのだ。

    「そのことに気付いた時にはあぜんとしてしまいました。そこまで状況が悪くなっているとは、誰も思っていなかったんです」と、ターベイ氏は振り返る。この調査結果は、2018年5月の学術誌「Current Biology」に掲載されている。

    続きはソースで


    (出典 cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp)


    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/091900541/


    【世界最大の両生類は中国の「新種」のオオサンショウウオ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    センザンコウの鱗は縁が刃物のように鋭く、体に比べて長い尻尾を振り回すことで攻撃にも利用される。 オオセンザンコウは体長75 - 85センチメートル、尾長65 - 80センチメートル、体重25 - 33キログラム。オナガセンザンコウが体長30 - 35センチメートル、尾長55 - 65センチメートル、体重1
    12キロバイト (1,436 語) - 2019年10月6日 (日) 11:07



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 ちーたろlove&peace ★ :2019/08/31(土) 10:25:46.30 ID:ucK9vd1V9.net

    2019年8月31日 8:15 
    発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]


    【8月31日 CNS】中国・浙江省(Zhejiang)衢州市(Quzhou)開化県(Kaihua)で、野生のセンザンコウが民家に入り込んでいるのが見つかった。センザンコウは、1990年に絶滅危惧種の2級保護動物に指定されている哺乳動物だ。


    【関連記事】密輸されるセンザンコウ、広西で年間約400匹保護
    https://www.afpbb.com/articles/-/3213525

     センザンコウが見つかったのは、華埠鎮(Huabu)葉溪村(Yexi)にある小学校教諭の張杏湘(Zhang Xingxiang)さんの母親の家。土づくりのこの家は1960年代に建てられ、当時から、センザンコウがよく食器棚の下の地面で体を丸めて寝ていたという。センザンコウは薄暗い場所を好み、穴を掘って生活する。


     開化県林業局の野生動物担当によると、今回見つかったのは体重3キロくらいの成体で、人の生活区域内での発見は、この10年で2回目。

     発見から数日後の26日、センザンコウは古田山(Gutianshan)国家級自然保護区に放たれた。係員の手の中では丸く縮まっていたが、地面に置かれてしばらくすると、森の中に早足で入っていった。(c)CNS/JCM/AFPBB News
    https://www.afpbb.com/articles/-/3242168

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【中国】民家に絶滅危惧種のセンザンコウ→無事に森に戻される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    5歳のロシア男性は2年半しか年金受給されない!?”. 2019年4月4日閲覧。 ロシア関係記事の一覧 ロシアの交通 ロシアの声(全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社) ロシア・ソ連の軍服 ロシア連邦軍 ロシア時間 ロシアの国歌 ロシア正教会 ロシアにおけるイスラーム ロシア大百科事典 社会主義法
    127キロバイト (15,865 語) - 2019年10月25日 (金) 05:51



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 みんと ★ :2019/10/29(火) 19:14:28.54

     【モスクワ共同】ロシアが中国に対し、ミサイル攻撃の早期警戒システムの構築を支援していることが判明、両国が事実上の軍事同盟締結を検討しているとの見方が強まっている。ロシアと中国を敵視する米国が中距離ミサイルのアジア配備を検討する中で、軍事協力強化を急ぐ。両国が同盟関係を結べば北東アジアで日米韓との対立が深まり、日本との関係にも影響が出るのは必至。日ロ平和条約交渉が一層難航するのは避けられない。

     中ロはこれまで「同盟関係」を否定している。しかし、中ロ関係に詳しいロシア国立高等経済学院のマスロフ教授によると、両国指導部は「軍事同盟締結」の方針を決定済みという。

    共同通信 2019/10/29 16:40
    https://this.kiji.is/561816845832127585?c=39550187727945729


    【【国際】ロシアと中国、軍事同盟検討か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    政府開発援助 (ODAからのリダイレクト)
    政府開発援助(せいふかいはつえんじょ、英語: Official Development Assistance, ODA)とは、発展途上国の経済発展や福祉の向上のために先進工業国の政府及び政府機関が発展途上国に対して行う援助や出資のことである。 世界恐慌によって進んだブロック経済による長引く不況や、
    32キロバイト (5,026 語) - 2019年8月24日 (土) 08:16



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ガーディス ★ :2019/10/19(土) 00:18:29.27

    2019年10月18日 21時50分
    日本が40年にわたって続けてきた中国へのODA=政府開発援助で、最後に採択された案件の一つとして建設された施設が、中国東部、江蘇省に完成し、関係者が出席して記念の式典が行われました。

    中国へのODAは、1979年から続いてきましたが、ことし3月までの2018年度に新規に採択された案件で終了し、このうちの一つとして江蘇省無錫に建設された施設が完成しました。

    18日、現地で行われた記念の式典には、この地域を管轄する上海にある日本総領事館の磯俣秋男総領事や、地元政府の関係者などが出席しました。

    およそ380万円かけて建設されたこの施設は、地元で先月から生活ごみの分別が義務づけられたことを踏まえて、住民が環境問題について学習する教室で、出席者たちは、周辺にあるたい肥を作る施設などを見学して現地での活用方法を確認していました。

    中国へのODAはおよそ3兆6000億円供与され、北京の病院や地下鉄、上海の空港のほか、植林の支援など幅広い分野で活用されてきました。

    式典に出席した磯俣総領事は「今後の日中両国の協力は、対等な立場で双方のためになるような形で、両国の課題や国際社会が抱える課題に一緒に取り組んでいくようなものができればと思う」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012139181000.html


    【【40年間垂れ流し】中国へのODA(政府開発援助)、最後の事業で施設完成 これまでつぎこんだ額は3兆6千億円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、及び、そこで成立した国家や社会をさす用語。中華と同義。 1972年の日中国交正常化以降、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称としても使用されている。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国
    28キロバイト (4,412 語) - 2019年7月13日 (土) 06:05



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 ■忍【LV15,そうりょ,JC】ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe :19/10/06(日)23:03:22 ID:Q7M

    !jien

    中国は経済成長を背景に軍事力の増強にも力を入れている。中国の国防費は年々増加しており、その金額は今や日本の4倍弱に達したとされる。

     また、米国のグローバル・ ファイヤーパワー(Global Firepower)によれば、2019年の軍事力ランキングで中国は
    米国に次ぐ2位となった。同ランキングで日本は6位であったため、軍事力では中国が日本を大きく上回っていると言えるだろう。
    (詳細はソースをご覧ください)

    サーチナ 10月5日
    http://news.searchina.net/id/1683159?page=1

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 101◆ !max700
    https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569592978/441-


    【【悲報】中国の軍事力は世界2位なのに! 日本はなぜか中国をまったく恐れていない】の続きを読む

    このページのトップヘ