ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:哲学

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    哲学の研究に従事する学者は哲学者と呼ばれる。 個々の哲学者による哲学探求の成果も哲学と呼ばれる。 近現代哲学において代表的な哲学者の言説を以下に記述する。 啓蒙思想時代の哲学者であり、またドイツ観念論哲学の祖でもあり、そして近現代哲学に大きな影響力を持ち続けている哲学者、イマヌエル・カントは、哲学について次のように説明している。
    92キロバイト (14,084 語) - 2019年9月26日 (木) 07:27



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 名前は誰も知らない :2018/12/04(火) 08:22:19.79 ID:b4K8RLYl.net

    どうだろう


    【哲学的に考えれば、人類滅亡することが人類が最も望むべき事柄なのである】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ないときにのみ、量子もつれは存在する(逆は必ずしも真ではない)。このときの複合系の状態をエンタングル状態という。量子もつれは、量子絡み合い(りょうしからみあい)、量子エンタングルメントまたは単にエンタングルメントともよばれる。 部分系Aと部分系Bから構成される複合系を考える。部分系Aの純粋状態を |
    8キロバイト (1,380 語) - 2019年7月19日 (金) 05:09



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    【世界五分前説、哲学ゾンビ、五億円破綻、アキレスと亀、エンタングルメント、水槽脳、マリーのアトリエみたいなおもろい話ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    巡回セールスマン問題(じゅんかいセールスマンもんだい、英: traveling salesman problem、TSP)は、都市の集合と各2都市間の移動コスト(たとえば距離)が与えられたとき、全ての都市をちょうど一度ずつ巡り出発地に戻る巡回路のうちで総移動コストが最小のものを求める(セールスマン
    7キロバイト (906 語) - 2019年4月23日 (火) 03:08



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 しじみ ★ :2018/12/25(火) 16:46:50.41 ID:CAP_USER.net

    アメーバはべん毛や繊毛を持たず、細胞質を突出させた仮足を用いて移動する原生生物の総称です。日本の研究チームがモジホコリというアメーバの一種を使い、数学の難問として知られる「巡回セールスマン問題」を解くことに成功したと発表しています。

    Remarkable problem-solving ability of unicellular amoeboid organism and its mechanism | Royal Society Open Science
    https://royalsocietypublishing.org/doi/full/10.1098/rsos.180396

    Amoeba finds approximate solutions to NP-hard problem in linear time
    https://phys.org/news/2018-12-amoeba-approximate-solutions-np-hard-problem.html

    An Amoeba-Based Computer Calculated Approximate Solutions to a Very Hard Math Problem - Motherboard
    https://motherboard.vice.com/en_us/article/gy7994/an-amoeba-based-computer-calculated-approximate-solutions-to-a-very-hard-math-problem

    慶應義塾大学の環境情報学部准教授である青野真士氏らの研究チームは、原形質流動によって移動して落ち葉や朽ち木の表面などに生息するアメーバの一種「モジホコリ」を使い、巡回セールスマン問題の解決に当たらせるという実験を行いました。モジホコリは脳を持たないにもかかわらず、高度な知能に匹敵するような記憶力・判断力を持っていることで知られる単細胞生物です。

    巡回セールスマン問題とは組合わせ最適化問題の一種であり、同じ都市を2度訪問せずに複数の都市全てを訪問し、出発点に戻ってくる最短ルートを導き出すというもの。巡回セールスマン問題は巡回するべき都市の数が増えるにつれて、コンピューターが問題を解決するのに必要な時間が指数関数的に増えることで知られています。たとえば訪問都市が4つである場合は最適解のルートが3つしかありませんが、訪問都市が8つに増えた場合、最適解のルートが2520個にまで増加してしまいます。

    研究チームは計64個の狭いルートを持つ星形プレートの下にモジホコリの栄養源となる寒天プレートを置き、その上にモジホコリをのせました。実験では研究チームがモジホコリに「巡回セールスマン問題を解くアルゴリズム」を与え、モジホコリはそのアルゴリズムに従って解を導き出すという一種のコンピューター的役割を果たしています。実験をまとめたムービーがこれ。

    ■動画
    Physarum: Remarkable problem-solving ability of unicellular amoeboid organism and its mechanism

    (出典 Youtube)


    モジホコリは秒速1mmのスピードで原形質を動かして仮足を伸ばし、プレート上を自由に動くことが可能です。モジホコリはなるべく多くの面積を寒天プレートと接触することで栄養を最大限吸収しようとしますが、光を嫌う性質を持っているために光で照らされた部分に体を広げることはできません。研究チームは星形プレートのルートを選択的に光で照らすことができる装置を開発し、狙ったルートからモジホコリを後退させることができるようになっていました。

    続きはソースで

    (出典 i.gzn.jp)



    GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20181225-amoeba-solves-hard-math-problem/


    【アメーバの一種「モジホコリ」を使って数学の難問「巡回セールスマン問題」を解くことができると判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クオリア(英: qualia〈複数形〉、quale〈単数形〉)とは、心的生活のうち、内観によって知られうる現象的側面のこと、とりわけそれを構成する個々の質、感覚のことをいう。日本語では感覚質(かんかくしつ)と訳される。 簡単に言えば、クオリアとは「感じ」のことである。「イチゴのあの赤い感じ」、「空
    72キロバイト (9,929 語) - 2019年10月12日 (土) 09:10



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    3 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/05/06(月) 02:32:12.230 ID:nZb2jxSy0.net

    宇宙はでかいよ


    【宇宙や哲学やそんな不思議な話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    人生(じんせい)とは、人間がこの世で生きることや、生きている時間、経験などのことである。人生に対する見方や、人生の意味の理解のしかたを人生観という。 人生は短い、ということが言われている。かつては「人生わずか50年」などといった言い回しでそれを表現していた時代もある。
    4キロバイト (514 語) - 2019年8月24日 (土) 12:28



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)





    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/10/09(水) 23:37:58.335

    なに?


    【人生で「健康と金」の次に重要な要素は?】の続きを読む

    このページのトップヘ