ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:子供

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    める多くの国では全脳死説がとられている。 大脳死説 意識機能をつかさどる大脳皮質の不可逆的停止をもって脳死とする説。脳幹の機能は維持しつつ大脳だけが欠損または機能停止している状態からの移植等を認めることになるが、意識機能の消失だけを基準にすると植物状態や無脳症児など対象が広がりすぎるため大脳死説は一般には受け入れられていない。
    6キロバイト (863 語) - 2018年12月18日 (火) 10:39



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 みつを ★ :2019/10/26(土) 00:36:05.17

    https://www.afpbb.com/articles/-/3251485

    顔のない赤ちゃん生まれる、医師に6か月の停職処分 ポルトガル
    2019年10月26日 0:25 
    発信地:リスボン/ポルトガル [ ポルトガル ヨーロッパ ]


    【10月25日 AFP】ポルトガルで今月、顔のない赤ちゃんが生まれた。これを受けて、担当の産科医が職務怠慢の疑いで停職処分となった。この問題は、同国に衝撃をもたらしている。

     ロドリゴちゃんと名付けられたこの新生児は今月7日、首都リスボンから南に約40キロ離れたセトゥバル(Setubal)の病院で、鼻と両目、頭蓋骨の一部がない状態で生まれた。顔面の欠損は、出産時に初めて分かったとされる。


     ポルトガルの医療協議会は22日、アルトゥール・カルバーリョ(Artur Carvalho)医師を6か月の停職処分にすることを全会一致で決めた。

     セトゥバルの私立医院で母親の健診を担当していたカルバーリョ医師は、義務付けられている3回の超音波検査を実施していたが、懸念をもたらす問題には一度も言及していなかった。

     妊娠6か月の時、両親は追加の超音波検査を希望。その際同医師は、胎児に異常がある可能性について伝えたものの、問題ないと話して両親を安心させていた。

     母親の親族が民放TVI 24に語ったところによると、同医師は超音波検査では「赤ちゃんの顔が母親のお腹に密着していると、顔の一部が見えないことはままあると説明していた」という。

     ロドリゴちゃんは現在も、生まれた病院の小児病棟に入院している。(c)AFP


    【【顔のない赤ちゃん生まれる】担当医師に6か月の停職処分 ポルトガル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    出生数が少なかったことが大きな原因と考えられる。1966年は、出生数136万974人(合計特殊出生率1.58)であり、1965年の出生数182万3697人(合計特殊出生率2.14)、1967年の出生数193万5647人(合計特殊出生率2.23)と前後の年よりも出生
    10キロバイト (1,253 語) - 2019年10月13日 (日) 12:11



    (出典 get.pxhere.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/17(木) 07:34:10.38

    今年の出生数が「90万人割れ」という見込みが世間をにぎわせている。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減った要因が大きいが、2016年に100万人を下回ってからわずか3年で90万人を割る異常事態である。累計77万部突破『未来の年表』シリーズ、『未来の地図帳』著者でジャーナリストの河合雅司氏が、深刻な人口減少への対策を考えた。

    2年も早く、出生数80万人台へ
    日本の少子化が深刻だ。年間出生数が早くも90万人を割り込みそうなのである。

    厚生労働省が毎月発表している人口動態統計速報によれば、今年1~7月までの出生数は51万8590万人だ。これは前年の同期間と比較して3万2471人、率にして5.9%もの減少である。

    仮に8月以降もこのペースで行ったとするならば、年間出生数は88万9000人程にとどまる計算である。

    ちなみに、国立社会保障・人口問題研究所が2017年に公表した推計では2019年は92万1000人であった。90万人を下回るのは2021年(88万6000人)と見込んでおり、2年も早い80万人台突入となりそうだ。

    当然ながら、状況の改善が望まれるが、今後、出生数の減少に歯止めがかかる可能性は極めて小さい。過去の少子化の影響で、そもそも子供を産むことのできる年齢の女性数が激減してしまうからである。
    そうでなくとも晩婚や晩産が進んでおり、子育て世帯の45.4%は子供が1人しかいない。

    いまさら子供を出産できる年齢の女性数を増やせるわけでもないので、これからの政策としては、晩産化対策に力点を置き、人口減少スピードを少しでも遅くすることである。

    具体的には、20代で出産する人を重点的に支援することだ。かつてのように20代で結婚・出産する人が多くなったならば、第2子、第3子をもうけようという夫婦も増えることだろう。

    20代での出産を支援すれば複数の子供も(photo by iStock)

    社会全体で子育て支援を
    例えば、20代で子育てをしている世帯には税制優遇や児童手当の加算といった「優遇策」を講じることだ。

    企業などの協力も得て、新幹線やイベントのチケットを1日早く予約できるなどといったインセンティブがあってもよい。
    テレワークなど「通勤しなくてもよい働き方」が当たり前となり、子育てしながらキャリアアップできるような仕組みを普及させていくことも必要である。

    そして何よりも重要なのは、こうした政策の展開によって、「若くして子育てをする世帯を応援しよう」という雰囲気が社会全体に広がっていくことである。

    もちろん、結婚も出産も本人の意思である。政策はあくまで「したいのに、できない」という個々人の希望に寄り添う形で進めなければならない。

    ただし、こうした「優遇策」を講じるにしても、あまり時間的余裕があるわけではない。それはなぜか。

    25~29歳の女性数の将来推計を調べてみると、2015年の319万9000人を「100%」とした場合、2045年は4分の3(242万8000人)、2065年には4割減(194万5000人)にまでなってしまうからだ。

    この年齢層の女性数が大きく減ってしまってからでは手遅れである。

    言うまでもなく、少子化は国力を削ぎ、日本社会を破綻に導く。国家の非常事態にあって、政治家たちの機敏で大胆な決断が求められている。

    未来は変えられる
    さて、『未来の年表』シリーズを刊行して以来、私は若者たちからこんな問い掛けをされる機会が多くなった。

    「日本はこのまま衰退してしまうのですか?」――。

    少子高齢化や人口減少の影響が目に見えて増え、若者に限らず、この国の行く末に不安を感じる人は少なくないだろう。

    このたび発売が開始された『マンガでわかる 未来の年表』の中で「MIRAI君」が描き出した未来は、残念ながら、かなりの確度で起こる〝現実〟だ。過去の成功体験が通用しない激変期に入っていく。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17244139/
    2019年10月17日 6時0分 現代ビジネス


    【【悲報】出生数90万人割れ…まず優遇すべきは「20代の子育て世帯」らしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    結婚 (婚姻制度からのリダイレクト)
    法学上、婚姻制度については人類の保族本能に基づき、これが習俗・宗教・法律といった社会規範によって規律されるものと説かれることが多い。 近代法における婚姻の構成要素として、社会的要素、自然的要素、意思的要素の3つが挙げられる。 社会的要素 婚姻の儀式などの要素がある。結婚の際の儀式については結婚式を参照。
    236キロバイト (19,924 語) - 2019年8月17日 (土) 13:35



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/16(月) 12:55:33.939

    最近の若者の大多数が結婚できないのならともかく結婚をしようとすらしないのはなぜなのか
    金もある女にもモテるけど結婚はしないって意味不明なんだが
    そんなに日本を少子化にしてなにが楽しいの?


    【最近の若者が結婚しない理由……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    銃乱射続いても「銃規制」できぬアメリカの病巣 - 東洋経済オンライン
    8月3日にアメリカ・テキサス州エルパソで、4日にはオハイオ州デイトンで銃乱射事件が起きた。これに至るまでの1年間で、アメリカの銃規制の議論はたしかに変化してきた。
    (出典:東洋経済オンライン)


    銃社会(じゅうしゃかい)とは、が日常的に存在する社会を指す言葉。 この言葉は、日常生活には必要とされないはずの、また簡単に人命を失わせかねない危険な銃器が、社会の至る所に存在し、その治安維持に役立っている反面、治安を悪化させる要因ともなっている状態を指す。 この状態にある社会では、
    18キロバイト (3,015 語) - 2019年5月2日 (木) 06:19



    (出典 www.newsweekjapan.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2017/11/15(水) 16:09:58.38 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000031-jij_afp-int

    米中西部ウィスコンシン(Wisconsin)州で11日、10歳未満の子どもに対して
    狩猟の際に銃を所持することを認める法律が施行された。

    新法は同州のスコット・ウォーカー(Scott Walker)知事(共和党)が署名し、発効した。
    米国では今月5日にもテキサス(Texas)州のキリスト教会で銃乱射事件が発生し、
    銃犯罪をめぐる議論が再燃している。

    多くの州は幼い子どもが大人の監督下で狩猟をすることを認めているが、
    シカやクマのような大型動物の狩猟はおよそ12歳以上に制限している。

    ウィスコンシン州法は、これまで設けていた10歳という年齢規制を撤廃し、
    訓練を受けた大人が同伴していればすべての子どもが猟銃を所持できるようにした。

    子どもは大人と銃を共有することが義務付けられている多くの州とは異なり、ウィスコンシン州の
    子どもは自分専用の銃を持つことができるだけでなく、大型の獲物の狩猟も可能になる。

    全米ライフル協会(NRA)やウィスコンシン・ベア・ハンターズ・アソシエーション
    (Wisconsin Bear Hunters' Association)など同法を支持する団体は、同法は狩猟の伝統を
    後世に伝えることを可能にするものだと主張している。

    一方で反対派は、大人が同伴するとはいえ10歳未満の子どもは危険な武器を所持するには
    幼すぎると批判している。


    【【驚愕】米国に10歳未満の子供に猟銃所持を認める法律があるの知ってた?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【茨城新聞】学校で心肺蘇生普及へ 子どもの突然死 防げ - 茨城新聞
    学校での子どもの突然死をなくそうと、児童生徒や教職員らが心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)を使える救命処置の普及が叫ばれている。国内では学校管理下で ...
    (出典:茨城新聞)



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 水星虫 ★ :2019/08/23(金) 08:05:21.45

    小学2年男児が川で行方不明

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20190823/8010006034.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    22日夜、高知市の川で遊んでいたとみられる小学2年生の男の子の行方が分からなくなり、
    警察は男の子が川で溺れたものとみて付近を捜索しています。

    行方が分からなくなっているのは、高知県南国市の小学2年生、岡林優空くん(7)です。
    警察によりますと、22日夜7時半ごろ、「息子が帰ってこない」と
    優空くんの父親から警察に通報がありました。

    警察が自宅の近くを捜索したところ、南国市に隣接する高知市の下田川の岸辺で、
    優空くんのものとみられるサンダルと本が見つかったということです。

    また、警察によりますと、22日の夕方に優空くんと一緒に川遊びをしていたという4人の児童が
    「優空くんが溺れるのを見た。怖くなって立ち去った」などと話しているということです。

    警察は、優空くんが川で溺れたものとみて捜索するとともに、詳しい状況を調べています。

    現場は、高知市郊外の田畑が広がる地域です。

    08/23 05:47

    ★1が立った時間:2019/08/23(金) 06:44:38.37

    前スレ:
    小2男児が川で行方不明 一緒に川遊びをしていた4人の児童「優空くんが溺れるのを見た。怖くなって立ち去った」・高知
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566510278/


    no title
    【【悲報】「溺れるのを見た」小2男児が川で行方不明 一緒に川遊びをしていた4人の児童「怖くなって立ち去った」】の続きを読む

    このページのトップヘ