ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:寺

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    寺院 (からのリダイレクト)
    vihāra)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。 本来は仏教用語であるが、キリスト教や神道などを除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている(ごく稀に神社にも用いられることがある)。 「」という漢字は、本来、中国漢代においては、外国の使節を
    12キロバイト (1,538 語) - 2019年11月17日 (日) 10:39



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 みなみ ★ :2019/11/30(土) 09:33:47.13

    11/30(土) 7:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00595108-shincho-life

    おまえも死ぬぞ」
    「ばれているぜ」
    「NO ご先祖,NO LIFE」
    「君たちがいて僕がいる」……。

    【写真】「強烈!」「シンプルなのに深い」 いま「お寺の掲示板」が熱い!

     一読して何の脈絡もなさそうな言葉ですが、実は、ある共通点があります。

     これらの言葉はすべて、お寺の門前に設置されている「掲示板」に掲げられた言葉なのです。

     最近になって、この「お寺の掲示板」を取り上げるメディアが増えています。新聞や雑誌をはじめ、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系列)や「あさイチ」(NHK)といったテレビの人気番組でも特集が組まれ、2019年9月には書籍『お寺の掲示板』(新潮社)も刊行されました。

     各所で話題を呼んでいる「お寺の掲示板」ですが、そのきっかけは、2018年7月より開催された「輝け! お寺の掲示板大賞」。TwitterやInstagramなどのSNSで掲示板の写真を募集し、その投稿作品を選んで発表する企画です。投稿者は、偶然お寺の前を通りかかった人や、実際に掲示板の標語を書いた寺院関係者などさまざま。

     同賞が、同年10月1日より「ダイヤモンド・オンライン」で連載(「『お寺の掲示板』の深~いお言葉」)が始まると、人生指南になりそうな言葉や、思わずドキッとさせられるユニークで意外性のある言葉が、SNSを中心に話題を呼び、人気コンテンツとなります。2018年7月~10月に集まった投稿は、約700作品。本記事冒頭の掲示板の言葉は、この時に投稿されたものです。

    以下ソースで


    【【話題】「おまえも死ぬぞ」に10万“いいね” 「お寺の掲示板」の人気】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山岳信仰(さんがくしんこう)とは、山を神聖視し崇拝の対象とする信仰山岳信仰は、自然崇拝の一種で、狩猟民族などの山岳と関係の深い民族が山岳地とそれに付帯する自然環境に対して抱く畏敬の念、雄大さや厳しい自然環境に圧倒され恐れ敬う感情などから発展した宗教形態であると思われる。山岳信仰では、山岳
    12キロバイト (1,760 語) - 2019年7月15日 (月) 13:48



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 底名無し沼さん :2019/02/01(金) 23:17:33.52 ID:vUjfAE2F.net

    語ろう


    【【奥宮】神社参拝登山……どこ行けばいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    神社 (カテゴリ 神道)
    神道や吉田神道と言った他宗教からは独立した神道の神社もあった。近代になると神社は国家神道として神道系の宗教を含むあらゆる宗教から建前上は分離されたが、その位置づけには議論があった。宗教としての神道は教派神道として神社と分離された。 現代においては国家神道は廃止され、多くの神社は神社神道
    45キロバイト (6,073 語) - 2019年7月18日 (木) 03:32



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 樽悶 ★ :2019/09/10(火) 19:27:07.05

    中国メディアは、神道を「不遇すぎる」日本の宗教として紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

    (出典 image.news.livedoor.com)


     日本の人口は約1億2600万人に達するが、文化庁によれば日本の宗教人口は1億8000万人以上となっている。これは日本人の多くの人が「複数の信仰」を持っていることを意味しているが、日本人としてはこれに疑問を感じる人はあまりいないようだ。

     日本特有の宗教である神道の信者も8000万人以上いることになっているが、実際には神道について深くは知らな日本人は多いのではないだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、神道を「不遇すぎる」日本の宗教として紹介する記事を掲載した。

     記事によると、「不遇すぎる」と主張した理由は日本人自身が神道を信じていると言わないからだというが、その一方で日本には熱心に神社を参拝する宗教心のある人が多いのも事実と指摘。信仰というより宗教が生活の一部になっており、島国で昔から災害の絶えなかった日本では、災害の起こりやすい水辺や火山付近に神社があることが多く、国民を引き付けるために政治にも利用されてきたと伝えた。

     また記事は、戦後には公害の頻発で自然への畏敬の念を強めさせ、近年では神道に関連した場所が国立公園として保護されるなどしていると紹介、現代でも神道は日本人の生活に浸透していると伝えた。

     日本人の場合、お盆にはお寺にお墓参りをし、クリスマスを祝い、年始には神社に参拝するなど、熱心に信仰しなくとも様々な宗教の行事が日常に存在する不思議な実態がある。中国も南方の一部地域では道教や仏教が信じられ、日本のように生活に多くの儀式が組み込まれているところもあるが、全体からすると少数派にすぎない。中国では北方などを中心に無宗教という人が少なくない。そう考えると、宗教人口1億8000万の日本人は、信仰心があると言えるのかもしれない。(編集担当:村山健二)

    2019年9月10日 13時12分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17059843/


    【【中国メディア】日本人の宗教観は不思議! そして神道は「不遇すぎる」】の続きを読む

    このページのトップヘ