ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:山にまつわる怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    803 本当にあった怖い名無し :04/10/20 16:55:32 ID:rK4Syj4L

     2年前の話。

     夜半、車で雪の峠道を走っていると突然チェーンが外れた。
     降りて見てみると、後輪の向こう側で外れたチェーンがプラリと垂れ下がっている。ホイ
    ールハウスに手を突っ込み、手探りで繋ごうと四苦八苦するうちに、指先に柔らかいモノ
    が触れたかと思うといきなり掌を掴まれグイッと引っ張られた。思わず足を滑らせて転ぶ
    と、車体の下を覗き込む体勢になった。
     子供がいた。ニヤニヤと笑いながら両手で私の手を掴んで放さない。小学生のように見
    えたが、掴まれた手を振りほどこうとしてもビクともしなかった。もがくうちに、頭上でミシリ
    とイヤな音がして車がゆっくりと動きだした。
     エンジンはかけっぱなしだったが、サイドブレーキは掛けてあったし、ATもパーキングに
    入れたあったはずだ、勝手に動くはずがない。後輪の前に投げ出されていた腕の上をタイ
    ヤが通過した時、激痛に襲われながらもそんな理不尽な思いに突き動かされ、私は車の
    窓の方を見上げた。
     車内から子供が2人こっちを見て笑っていた。

     30分後、たまたま通りかかった車に助けられるまで、私は骨折によるショックと訳の分か
    らない恐怖で立ち上がることができなかった。ずっと雪の上で横になっていたため、体は冷
    え切っていたが腕の痛みはあまり感じなかった。車は数百メートル離れた路肩に停められ
    ていた。
     後日聞いた話によると、十年程前に子供が3人その山に迷い込んで亡くなったらしい。


    【【山怖】80「車の子供」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    406 ヘタレハンター ◆aoV/Y6e0aY :04/09/05 12:08 ID:J2rTDEEO

    ヘタレです。ども!
    サンカについて調べてたんですけどね・・・・・
    あまり深く調べると殺されるよ とあるですよ。
    凄く嫌な気分です・・・・・。
    山の民ではないと思うけど、子供の頃山遊びしていた時に
    一緒に遊んでくれたり、魚の獲り方教えてくれた家族のことを
    ふと思い出してね。あの人たちは今どうしているのかナァ・・・。
    逢った場所は静岡の箱根山麓。住んでる場所不明。
    魚釣っていて、ぜんぜん釣れない私にコツを教えてくれたおじさん。
    木の実持ってきて、一緒に食べた子供たち。女性の記憶は無い。
    親父にその話をしたら(親切な人に教えてもらって、このマスとったんだよって)
    他の人にはしゃべっちゃ駄目だよ、その人たちに迷惑かかると困るだろう?
    っていわれたですよ。
    お礼を持っていけってね。徳用マッチ大箱2つ。そのほかこまごまと。
    親父に言われたとおりにお礼の言葉述べたっけ。
    『うちの息子がお世話になります。ありがとうございます』だったかなぁ。
    おじさんとっても喜んでくれて。子供がその包みを大事そうに胸に抱えて
    ニコニコしてくれてました。
    それから暫くして、海よりの土地に私引っ越しましてね。お別れです。

    ガンコな小僧だった私、なかなか教えてくれたことが実践できなくて。
    でも根気よく教えてくれたあの人。木の実の美味しさ教えてくれた
    子供二人。また逢いたいなと思う。37年前に釣った尺物のマスに
    まつわるはなしでした。

    こわくないじゃん!ゴメンナサイ。。



    【【山怖】79「サンカ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    14 山廃屋 (1/2) :04/09/23 17:43:46 ID:e26KfSxM

    昔、群馬北部の里山を探訪した時の事。

    その家は大層人里から離れており、なにかよほどの理由でもなければ訪れないような場所だった。
    そんな場所にも関わらず、一軒家として存在していた。
    人が暮らすにはあまりにも寂しい場所に。

    もう長いことだれも住んで居ないのは明らかだった。

    私はいけないことと思いつつも、戸口に手を掛けた。
    まず抵抗があると思っていたそれは、すんなりと開く。
    私を招くように、暗い玄関が私を誘うように開かれる。

    中に入るとかなり荒れてはいたが、確かに人が暮らしていた名残があった。
    散乱している調度品や装飾品、たたまれていない布団。
    壁の、捲られなくなったカレンダーの日付がやけに物悲しかった。
    1984/5/7 この日付を最後に、ここから人が居なくなったのだろう。

    奥に入ると仏間があった。
    中には位牌と遺影がそのままに放置されている。
    天井近くには板渡しが拵えてあり、だるまが何体も置かれているではないか。
    人が住んでいるならある意味当たり前のソレも、現状では異様な光景として目に映った。
    背筋がぞくぞくした。


    【【山怖】78「件」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    935 Nさんの話1/8 ◆tjIwFprWic :04/09/22 00:21:23 ID:BU7fbjBy

    昔、山あいの村で橋の架け替え工事の手伝いをした事がある。
    親しい相方と二人、民宿に泊まり込みで現場に通っていた。
    俺達の担当は、橋桁の上に掛かるアーチ部分の工事だった。
    谷の両岸から緩いカーブを描く角筒状のパーツを繋げてゆき、
    最後はアーチの頂点で接合する。

    その日は、相方と二人で最後のパーツ内部で作業をしていた。
    俺は右岸側で接合部分のボルト締めを、相方は左岸側で溶接作業。
    すでに結合されたパーツの内部は暗く、背後から固定式のライトで手元を照らす。
    その明かりが一瞬点滅した。
    一旦手を休め、ライトの具合を確かめる。

    ゴンッ!ガンッ!!

    背後から大きな音と振動。
    反射的に振り返って唖然とした。

    接合部から先、左岸側のパーツが無い。
    一瞬前までそこにあった暗闇は消え、
    目と鼻の先にある四角い開口部からは、青い空と対岸の尾根がクッキリと見えた。


    【【山怖】77「指三本」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    819 あなたのうしろに名無しさんが… :04/09/14 13:17:44 ID:kBTDad42

    森の仲間たちというか…

    子供のころ、二足歩行で歩く
    野うさぎに出くわしたことがある…
    小学校に上がる前の記憶なんだが、
    そのころは家の目の前に広がる丘陵地帯が遊び場所。
    得意技は獣道探しw である日、
    ウサギノうんこがぽろぽろ落ちている場所を発見! 
    すわ、うさぎの通り道発見と、付近をうろうろしていたら、
    少し離れたところをソローリソローリと
    二足歩行する野うさぎが…あの愛玩用よりも長い手足で
    キョロキョロあたりを見渡しながら…
    その頃『ピーターラビット』など
    読んだことのないヘチャムクレのお子様だったので
    うさぎも人が見ていないと、二本足で歩くんだなと納得した私。
    あれ以来そんな野うさぎには、再び会う機会はありませんでした。
    トトロ遭遇チャンスぐらいのラッキーだと思っています。



    【【山怖】76「狼煙」】の続きを読む

    このページのトップヘ