寺院 (からのリダイレクト)
vihāra)は、仏像が祀られ、仏教の出家者が起居し、修行を行う施設である。(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。 本来は仏教用語であるが、キリスト教や神道などを除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている(ごく稀に神社にも用いられることがある)。 「」という漢字は、本来、中国漢代においては、外国の使節を
12キロバイト (1,538 語) - 2019年11月17日 (日) 10:39



(出典 3.bp.blogspot.com)



1 みなみ ★ :2019/11/30(土) 09:33:47.13

11/30(土) 7:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00595108-shincho-life

おまえも死ぬぞ」
「ばれているぜ」
「NO ご先祖,NO LIFE」
「君たちがいて僕がいる」……。

【写真】「強烈!」「シンプルなのに深い」 いま「お寺の掲示板」が熱い!

 一読して何の脈絡もなさそうな言葉ですが、実は、ある共通点があります。

 これらの言葉はすべて、お寺の門前に設置されている「掲示板」に掲げられた言葉なのです。

 最近になって、この「お寺の掲示板」を取り上げるメディアが増えています。新聞や雑誌をはじめ、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系列)や「あさイチ」(NHK)といったテレビの人気番組でも特集が組まれ、2019年9月には書籍『お寺の掲示板』(新潮社)も刊行されました。

 各所で話題を呼んでいる「お寺の掲示板」ですが、そのきっかけは、2018年7月より開催された「輝け! お寺の掲示板大賞」。TwitterやInstagramなどのSNSで掲示板の写真を募集し、その投稿作品を選んで発表する企画です。投稿者は、偶然お寺の前を通りかかった人や、実際に掲示板の標語を書いた寺院関係者などさまざま。

 同賞が、同年10月1日より「ダイヤモンド・オンライン」で連載(「『お寺の掲示板』の深~いお言葉」)が始まると、人生指南になりそうな言葉や、思わずドキッとさせられるユニークで意外性のある言葉が、SNSを中心に話題を呼び、人気コンテンツとなります。2018年7月~10月に集まった投稿は、約700作品。本記事冒頭の掲示板の言葉は、この時に投稿されたものです。

以下ソースで


【【話題】「おまえも死ぬぞ」に10万“いいね” 「お寺の掲示板」の人気】の続きを読む