ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:狩猟

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年11月20日 (水) 05:31



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 靄々 ★ :2019/12/07(土) 21:44:36.96 ID:5SdJuLFL9.net

    工事現場で交通整理をしていた55歳の警備員の男性がイノシシに襲われ脚や背中をかまれて大けが 香川・三豊市

     6日夕方三豊市で男性がイノシシに襲われ大けがをしました。
     6日午後4時30分ごろ三豊市山本町神田の道路工事現場にいた人から「男性がイノシシにかまれた」と警察と消防に通報がありました。

     イノシシに襲われたのは工事現場で交通整理をしていた55歳の男性警備員で左脚と背中をかまれました。男性は観音寺市内の病院に搬送されましたが、全治2ヵ月の重症です。

    (目撃者 話)
    「それはもうびっくりしました。時々見ることはありますけど、人が襲われるのを見たことはない。」

     イノシシは体調1メートル10センチほどの成獣で、警察や三豊市の職員らが捜索しましたがつかまっていません。

    ※ ソースに動画あります
    http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/15693
    12月07日 11:40 KSB


    【【香川】工事現場で交通整理をしていた55歳の警備員の男性がイノシシに襲われ脚や背中をかまれて大けが /三豊市】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年11月20日 (水) 05:31



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/04(水) 13:01:09 ID:e0cAsaTD9.net

    【動画】住宅街の畑にイノシシ…捕獲、その瞬間

    (出典 Youtube)


    埼玉でイノシシ捕獲 きのうは足立区 河川敷でも目撃

    4日朝、埼玉県南部の志木市や富士見市で、イノシシの目撃情報が相次ぎました。イノシシはその後、富士見市内の畑で見つかり、警察や消防が地元の猟友会とともに取り囲んで午前11時すぎに捕獲しました。

    警察によりますと、4日午前7時半ごろから埼玉県志木市を流れる新河岸川で「体長1メートルほどのイノシシが河川敷を歩いている」という通報が相次いで寄せられました。

    イノシシはその後、富士見市内の民家の脇にある畑にいるのが見つかり、警察や消防が地元の猟友会とともに、網などを準備して取り囲みました。

    イノシシは、1時間以上、畑の土を掘り返すなどしていましたが、午前11時すぎに捕獲されたということです。

    捕獲された現場は、東武東上線のみずほ台駅から2キロほど離れた住宅街で、警察によりますと、これまでのところけが人は確認されていないということです。

    イノシシは3日、東京 足立区の荒川の河川敷でも目撃されていましたが、埼玉県警によりますと、新河岸川と荒川はつながっていることから、捕獲されたのは同じイノシシの可能性があるということです。

    2019年12月4日 11時51分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191204/k10012201551000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【速報】足立区・荒川河川敷のイノシシ 埼玉で捕獲
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575425623/


    【【イノシシ】足立区のイノシシ、捕獲 その瞬間…(動画)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    狩猟 (狩猟鳥獣からのリダイレクト)
    大正時代の1918年には「狩猟法」が改正され、狩猟鳥獣や狩猟免許が制度化されたことで、現代の狩猟法に近いものとなった。昭和時代の1929年に全国の狩猟者によって設立された「大日本聯合猟友会」(のちの「大日本猟友会」)は、狩猟道徳の向上、野生鳥獣の保護、有害鳥獣駆除、狩猟の適正化など日本の狩猟において大きな役割を担っている。
    28キロバイト (4,497 語) - 2019年11月13日 (水) 04:23



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 花咲か名無しさん :2018/09/26(水) 01:18:25.27 ID:U6XRG4aB.net

    害獣に関する一般的なスレッドがなかったので立てました。
    イノシシ、タヌキ、アライグマ、ハクビシン、モグラ、カラス、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ……
    収穫に悪影響を及ぼす動物はすべてOKです。ただし、害虫は別のスレがあるので、
    そちらでお願いします。


    【有害鳥獣被害がすごいから対策教えろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    野猫 (ノネコからのリダイレクト)
    野猫(のねこ)とは、ネコ科の家畜種であるネコ(イエネコ)が野生化した個体群である。しばしば片仮名でノネコと書かれる。 野良猫と野猫は、通常は同じ意味だが、狩猟鳥獣としてハンティングの対象として良しとするため、野猫と野良猫は違うものであるとされたこともある。この場合の野猫の定義は、人間の生活圏への依存
    11キロバイト (1,498 語) - 2019年9月24日 (火) 02:14



    (出典 catlife-media.com)



    1 シャチ ★ :2019/11/20(水) 10:07:24.04

     鹿児島県・徳之島で、人から餌をもらっている野良猫や放し飼いの猫などが、国の特別天然記念物アマミノクロウサギなどの希少種を捕食している実態が、森林研究・整備機構森林総合研究所と京都大などの研究で分かった。

     研究チームは「餌やりによって猫が増え、自然環境に影響を与えるということを知ってほしい」と訴えている。

     徳之島にはアマミノクロウサギなどの希少種が生息しているが、森林と人の生活圏が近く、猫による捕食が問題になっていた。

     森林総研の亘悠哉主任研究員らは2014年12月~18年1月、森林域で捕獲した猫から、ふんと体毛を採取。174匹分のふんの内容物を分析したところ、約2割が捕獲前の数日間に、アマミノクロウサギや天然記念物のケナガネズミ、トクノシマトゲネズミなど計6種の希少種を捕食していたことが分かった。

     一方、体毛の分析からは、捕獲までの数カ月間にほとんどの猫がキャットフードを食べていたことが判明。猫が人家周辺と森林を行き来し、希少種を捕食している実態が分かった。

     亘さんは「島の生物は警戒心が低く、簡単に食べられてしまうため影響は大きい。飼うのであれば、しっかり室内で飼うのが望ましい」と話している。

     論文は20日までに、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 



    11/20(水) 9:43配信時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000036-jij-soci
    画像
    鹿児島県・徳之島に生息する天然記念物ケナガネズミを捕食する猫(森林総合研究所提供)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【鹿児島】放し飼いの猫が希少な特別天然記念物を捕食「猫は室内で飼って」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。 ただし、この記事では広義のキツネを扱うものとする。キツネ属、アカギツネについてはそれぞれの記事を参照。 最も広義のキツネとして、和名に「キツネ」(英語名に
    52キロバイト (7,597 語) - 2019年10月25日 (金) 00:03



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 風吹けば名無し :2019/11/14(Thu) 18:05:20 ID:6vIddRPzd.net

    なんでなんや?🤔


    【タヌキはよく道路で死んでるのにキツネは全然だよな】の続きを読む

    このページのトップヘ