ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:猪

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山形新幹線(やまがたしんかんせん)は、東京都の東京駅から福島県の福島駅、山形県の山形駅を経て、同県の新庄駅まで東北新幹線及び奥羽本線を直通して走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線電車を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはオレンジ(■)。 東京駅 -
    54キロバイト (7,796 語) - 2019年9月19日 (木) 18:39



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 木星虫 ★ :2019/11/03(日) 15:59:07.08 ID:8me3wMBb9.net

    イノシシ衝突 新幹線1人軽傷

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20191103/6020005243.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    2日午後、上山市を走行中の山形新幹線にイノシシが衝突し、乗客1人が軽いケガをしました。

    JR東日本によりますと、2日午後9時50分ごろ、東京発新庄行きの山形新幹線つばさ157号が
    上山市の羽前中山駅とかみのやま温泉駅の間を走行中、イノシシと衝突しました。
    この事故で、新幹線に乗車していた60代の男性がすり傷を負う軽いけがをしました。
    また新幹線はその場で停車し車両点検を行った結果、異常がないことから
    午後10時25分に運転を再開し40分ほど遅れが出たということです。

    11/03 09:59


    【【謎w】イノシシ衝突 新幹線1人軽傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    豚コレラ(とんコレラ、英: classical swine fever、CSF、hog cholera)は、フラビウイルス科ペスチウイルス属によるブタのウイルス性疾病であり、症状はコレラとは異なる。ブタ及びイノシシに特有の病気でありヒトには感染することはない。 コレラ菌やブタコレラ
    30キロバイト (4,106 語) - 2019年9月27日 (金) 17:42



    (出典 cdn-ak-scissors.b.st-hatena.com)



    1 ガーディス ★ :2019/09/28(土) 07:01:54.62

    2019年9月28日 6時28分
    *の伝染病、豚コレラの感染拡大が続く中、農林水産省は*への感染を防ぐワクチンの接種を決めました。豚肉の流通も地域を限定しない方針で、豚コレラの発生がないことを示す「清浄国」の認定を国際機関から取り消されるのは避けられない見通しとなりました。

    豚コレラは去年9月、国内では26年ぶりに岐阜県で確認されて以降、合わせて8つの府県に拡大し、家畜の伝染病を監視している国際機関、OIE=国際獣疫事務局は「清浄国」の認定を停止しています。

    農林水産省は今月、*へのワクチン接種を決め、接種した*の肉をその地域だけで流通させることで国全体が「清浄国」ではないとされるのを避け、輸出などへの影響を最小限にとどめられないか、検討してきました。

    しかし、27日開かれた対策を決める委員会で示された案では、豚肉の追跡が難しいことなどを理由に流通する地域は限定しないとしています。

    このままでは、ワクチンを接種した時点で、認定を停止された状態から「清浄国」に復帰するのは事実上、不可能となり、国全体が「清浄国」の認定を取り消されるのは避けられない見通しとなりました。

    農林水産省は「輸出の相手国に説明を尽くして現状を理解してもらい、豚コレラが発生していない地域からは輸出できるようにするなど、影響を最小限に抑えたい」としています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190928/k10012102841000.html


    【頑なにワクチン使わなかった結果→豚コレラ「清浄国」の認定取り消し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (308)


    弓矢(ゆみや)とは、弓と矢からなる武具。狩猟具、軍事上での武器、祈祷や神事のために使われる。また、武芸のためや、近年にはスポーツ・娯楽などのレクリエーション用途にも用いられる道具である。矢は矢入れ(英語版)と総称される矢筒・箙(えびら)といわれる細長い軽量の籠や筒などに収納し携帯する。
    60キロバイト (9,756 語) - 2019年9月15日 (日) 13:44



    【自作の弓矢で狩りに出てみた→イノシシ獲れたったwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.pb01.net)



    1 ガーディス ★ :2019/09/25(水) 07:04:29.43

     農産物の鳥獣被害削減に向け、宮城県村田町は全国の先駆けとなる新たな一手を打った。課題だった鳥獣捕獲後に穴を掘って埋めるという重労働を、減容化施設の導入で克服。同施設では、発酵槽にイノシシを丸ごと入れれば、微生物が分解する。同町ではイノシシの発生件数が急増し、その被害で離農する農家も出ている。同施設の導入で捕獲数を増やし、被害を減らす狙いだ。捕獲後の処理に悩む自治体は多く、同町の取り組みに注目が集まっている。(高内杏奈)

    同町は人口1万937人のうち65歳以上が約40%と、高齢化が進む。同町のイノシシの捕獲頭数は2008年はほぼ0頭だったが、14年に100頭を超え、18年には383頭に増えた。イノシシ被害を食い止めるために、16年には村田町鳥獣被害対策実施隊を発足。隊員は30人で平均年齢は67歳だ。町が許可を出し、年間を通して有害駆除に当たっているが、捕獲後の処理が重労働なことが、大きな課題となっていた。

     捕獲後は、地域資源として野生鳥獣の肉(ジビエ)として流通させるのが理想だが、加工施設が遠く、捕獲直後に食肉処理ができないなどの場合は現地埋設するしかない。同町は加工・処理施設がない。さらに町の半分が中山間地のため、重機が入れず、手作業での埋設となるケースが多い。埋設作業は、他の野生動物に掘り返さることを防ぐため、スコップで2メートル以上掘る。1時間以上かかることもあるという。

     カボチャなどを栽培する隊員の佐山芳照さん(71)は「浅く埋めると他の動物に掘り返されて腐敗臭がひどく、山の景観も損なう。処理作業は大変で体力的に限界」と顔をゆがめる。特に秋はイノシシが民家に押し入ったり、水稲被害が甚大だったりで「離農や移住を考える人もいて深刻な問題だ」(佐山さん)。

    微生物が分解 処理頭数増加

     減容化施設に目を付けたのは同町役場農林課総括主査の半沢剛さんだ。自ら害獣駆除に当たろうと、13年に狩猟免許を取得。狩猟後の処理の苦労を体感し、加工処理施設などの情報を集める中で、全国的に珍しい減容化施設の存在を聞いた。施設の導入を町に提案したが、当初は「本当に分解できるのか」「臭いや人体への害はないのか」と相手にされなかった。だが諦めずに、視察や計画書を書き続けた。その間3年。国の支援事業などで費用を賄い、ようやく予算を確保することができた。
     同施設は、スクリューの付いた発酵槽にイノシシを丸ごと入れ、水を含んだおが*と混ぜ合わせる。60度に保つことで微生物を増殖させ、分解処理を行う。1基当たり一度にイノシシ8頭を投入でき、肉は約5日、骨は1カ月で分解できる。 狩猟者は軽トラックにイノシシを載せたまま施設へ進入。イノシシの足にフックを引っかければ自動的に発酵槽に入れられる。4~8月の処理頭数は85頭。手作業で埋設した昨年は同時期で68頭が限界だった。「穴を掘る手間もない。効率化させたことで捕獲頭数も上がっている」(半沢さん)。施設の設置は、発酵の臭いなどを考慮して100メートル内に住宅がない場所を選んだ。

     「狩猟者の負担軽減に向けてフル稼働させ、町を守りたい」と半沢さんは意欲を燃やす。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17127212/
    イノシシが入る箱

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【え? もう猪埋める穴掘らなくていいの? 微生物を分解するスクリュー付き発酵槽爆誕!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    52キロバイト (7,622 語) - 2019年9月18日 (水) 04:31



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/09/20(金) 17:03:36.54 ID:4tkyLhD09.net

    「ねえ、遊ぼうよ」、「嫌だ、あちらに行って」――。野生のイノシシと野良猫の間で、そんな会話が交わされたかのような光景が19日、三重県志摩市大王町のともやま公園・桐垣展望台で目撃された。イノシシは猫の群れにすり寄っては振られ続け、すごすごと森に帰って行ったという。

    この光景を鳥羽市船津町の日報連会員、岡村廣治さん(72)が写真に収めた。桐垣展望台は、真珠の養殖いかだが浮かぶ英虞湾に夕日が沈む絶景の撮影スポットとして知られ、約20人のアマチュアカメラマンらが集まっていた。

    野良猫の群れに近づく野生のイノシシ=三重県志摩市大王町のともやま公園で、日報連会員の岡村廣治さん撮影

    岡村さんによると、イノシシが姿を現したのは同日午後5時過ぎ。柵の内側では数匹の猫がくつろいでいた。イノシシは「のっそりと猫たちに近づいたが、どの猫も迷惑そうにしていた」。7、8分、イノシシが近づいては猫が遠ざかるという場面が繰り広げられた。この間、周囲の人間には目もくれなかったという。

    イノシシは体長70~80センチほどで、成獣になる直前とみられる。市ともやま公園事務所によると、公園内でイノシシが目撃されるようになったのは最近のこと。ハンターが減り増えたとみられる。同事務所は「イノシシに危害が加えられた事例はないが、遭遇しても決して目を合わさず、近づかないように」と呼び掛けている。【林一茂】


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 cdn.mainichi.jp)


    毎日新聞2019年9月20日 16時37分(最終更新 9月20日 16時41分)
    https://mainichi.jp/articles/20190920/k00/00m/040/148000c


    【【画像】野生イノシシさん、猫に遊んでもらずしょんぼり森へ帰る】の続きを読む

    このページのトップヘ