ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:衝突

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪急電鉄 阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ、英: Hankyu Corporation)は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。阪急阪神ホールディングスの子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。略称は阪急
    142キロバイト (20,070 語) - 2019年11月11日 (月) 14:45



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 逆落とし(SB-Android) [ニダ] :2019/11/13(水) 22:51:24 BE:155743237-PLT ID:KsKYTDiC0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/boruzyoa.gif
    電車がイノシシと衝突、運行に遅れ 阪急電鉄京都線
    2019年11月13日 18:48

    阪急電鉄によると、13日午後5時20分ごろ、
    京都線の西山天王山-大山崎駅間で、
    大阪梅田行きの普通電車がイノシシと接触した。
    乗客のけがや車両の破損はなかったという。

    この普通電車の運行が8分遅れたほか、
    午後6時半ごろの時点でもダイヤが5分ほど遅れているという。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/72339


    【京都-大阪間の阪急電鉄をイノシシが捨て身の阻止ブロック】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山形新幹線(やまがたしんかんせん)は、東京都の東京駅から福島県の福島駅、山形県の山形駅を経て、同県の新庄駅まで東北新幹線及び奥羽本線を直通して走行する東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線電車を使用した列車の通称およびその列車が走行する同区間の通称である。ラインカラーはオレンジ(■)。 東京駅 -
    54キロバイト (7,796 語) - 2019年9月19日 (木) 18:39



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 木星虫 ★ :2019/11/03(日) 15:59:07.08 ID:8me3wMBb9.net

    イノシシ衝突 新幹線1人軽傷

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20191103/6020005243.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    2日午後、上山市を走行中の山形新幹線にイノシシが衝突し、乗客1人が軽いケガをしました。

    JR東日本によりますと、2日午後9時50分ごろ、東京発新庄行きの山形新幹線つばさ157号が
    上山市の羽前中山駅とかみのやま温泉駅の間を走行中、イノシシと衝突しました。
    この事故で、新幹線に乗車していた60代の男性がすり傷を負う軽いけがをしました。
    また新幹線はその場で停車し車両点検を行った結果、異常がないことから
    午後10時25分に運転を再開し40分ほど遅れが出たということです。

    11/03 09:59


    【【謎w】イノシシ衝突 新幹線1人軽傷】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年10月21日 (月) 01:18



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/10/26(土) 08:17:31 ID:ZEQab8239.net

     線路の脇に横たわる瀕死(ひんし)の母グマ、そばを離れようとせず周辺をうろつく子グマ。新潟県湯沢町のJR上越線で列車がクマをはねた事故から一夜明けた25日、現場周辺では親子グマ2頭の物悲しい光景が見られた。

     南魚沼署によると、衝突時に3頭が目撃され、線路付近に2頭が横たわって発見された。1頭は体長0・6メートルの子グマで*でいた。もう1頭は体長1・2メートルの雌。母グマとみられ、まだ*かに息があったという。残りの1頭は姿が見えなくなっていた。

     湯沢町は母グマを射*るために、麻酔銃を扱う業者を長野県から招請。麻酔を打ち込んでから移動し、地元猟友会が射*る段取りを組んだ。

     業者の到着を待つ間、母グマに寄り添うように体長0・6メートルの子グマが何度も現れた。残りの1頭とみられる。役場職員が「山へ帰って」と時折、爆竹を使って追い払った。

     業者と猟友会が到着し、麻酔銃を母グマに打ち込むと、*だのが確認された。子グマはもう現れなかった。

     魚沼市で6人を襲ったクマに続き、麻酔銃を使用した男性(55)は「親グマが*でいるのが分かり、子グマは山に去ったのだろうが、まだ小さいので冬は越せないのではないか」と話した。

    2019/10/25 20:01 新潟日報
    https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191025503408.html

    (出典 www.niigata-nippo.co.jp)


    【線路の脇に横たわる瀕死の母グマ、そばを離れようとしない子グマ 「山へ帰って…」響く爆竹】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    53キロバイト (7,743 語) - 2019年10月4日 (金) 21:50



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 どどん ★ :2019/10/13(日) 18:04:01.13 ID:vBNw8Kom9.net

     13日午前9時40分ごろ、高松市浜ノ町のJR高松駅近くにイノシシが出没し、通行人の女性(84)に体当たりした。女性は転倒し、
    顔や手足に擦り傷を負ったが、命に別条はない。イノシシはその後駅構内に入ったところで駆け付けた香川県警高松北署員に捕獲され、
    その場で殺処分された。

    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20191013/k00/00m/040/163000c
    高松駅構内でイノシシを取り押さえる高松北署員ら=高松市浜ノ町のJR高松駅で2019年10月13日、同署提供

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【【香川】高松駅近くにイノシシ出没、84歳女性に体当たり 捕獲され殺処分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    リア海がある。南にはティレニア海がある。 正式名称はイタリア語で、Repubblica Italiana(レプッブリカ・イタリアーナ)。通称、Italia [iˈt̪aː.l̺i̯a] ( 音声ファイル)(イタリア)。 公式の英語表記は、Italian Republic(イタリャン・リパブリク)。通称は、Italy
    97キロバイト (11,439 語) - 2019年10月7日 (月) 04:23



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 :2019/10/13(Sun) 10:45:42 BE:754019341-PLT ID:clq4wYb20.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    「冷凍イノシシ」で事故偽装が発覚、イタリア
    https://www.afpbb.com/articles/-/3249060
    イタリアのサルデーニャ島で、乗っていた車がイノシシに追突されたと男2人が訴え出たが、
    警察は「冷凍イノシシ」を使った偽装事故とみて捜査している。地元メディアが10日、伝えた。

     男らはイノシシと衝突したと主張し、地元自治体に損害賠償を請求しようとしていた。
    だが、事故で死んだはずのイノシシの喉がかき切られていたことから捜査員が不審に思い、獣医師を呼んだ。

     獣医師の検分で、このイノシシの内臓が凍っていることが判明。イノシシは事前に殺され、
    冷凍庫に保管された後、計画的に「事故現場」に置かれた可能性が浮上した。

     容疑者の男らは、高額の罰金と少なくとも1年の禁錮刑に直面しているという。


    【冷凍イノシシを置く→イノシシと車が衝突した、自治体は賠償しろ!→内臓が凍ってて嘘がバレるw】の続きを読む

    このページのトップヘ