ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:解体

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    部落(ぶらく) 集落 - 民家が集合している小規模な地域。原義。 小字 - 大字を構成する区画。 町内会 - 特定範囲の地域住民の自治組織。農村部等で部落部落会とも呼ぶ場合がある。 被差別部落 - 同和問題で差別の対象とされる地区。 ⇒ 部落問題、同和地区 サムライ部落 -
    1キロバイト (171 語) - 2018年10月23日 (火) 05:14



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/05(木) 14:16:54.46

    肉や魚、人によっては米や野菜も含むかもしれない。私たちが口にする食べ物は、“いのち”を犠牲にしたものも少なくない。命を食べて命は生きる――。
    日々の生活で、そんなことを考える機会は少ないし、毎日それに感謝して生きねばならないとなれば少し窮屈だ。

    それでも、例えば、焼肉。牛や豚の赤肉からホルモンと呼ばれる内臓類まで、余すことなく食べている。命をいただくことで、人間は自分の体を作る。その繰り返しだ。
    こうした営みは、牛や豚を解体する屠畜と呼ばれる作業があって初めて成り立つ。

    大阪府貝塚市に、牛の飼育から屠畜、さらには店頭販売までを家族ぐるみで行ってきた精肉店がある。「牛がかわいそう」「残酷だ」。
    そんな理不尽な言葉やいわれなき差別に苦しみながら、大切に飼育した牛を食用にするかけがえのない作業を担ってきた。

    精肉店はドキュメンタリー映画の舞台ともなった。映画を追体験するように店を訪ねてみた。
    出会ったのは、差別に向き合いながら何よりも人や動物の命を大切にし続けてきたある一家の姿だった。


    (出典 static.blogos.com)


    次男の昭さん(当時58歳)が黒毛の牛を「よしよし」と野太い声でなだめながら引っ張り、精肉店前の道路をゆっくりと進む。
    向かう先は歩いて5分ほどの距離にある貝塚市立屠畜場。屠畜場に入れた牛を落ち着かせると、昭さんは自らの腕で牛の眼を覆ってやった。
    その隙に、長男の新司さん(当時59歳)が牛の眉間をめがけてハンマーを振り下ろした。

    今から7年前の2012年3月。屠畜場は102年の歴史に幕を下ろした。その閉鎖前、最後に行われたのが北出精肉店による作業だった。
    その当時の2回にわたる解体の様子が、映画「ある精肉店のはなし」(13年11月29日公開)の中に記録されている。

    気絶した牛が巨体を倒れこませると、体内の血を抜く「放血(ほうけつ)」作業を素早く行う。床に充満する血を水で流し始めると、そこからは時間の勝負。
    かわいがった牛がたくさんの人に「あの肉おいしかったよ」と言ってもらえるように肉の鮮度を意識する。


    (出典 static.blogos.com)


    牛1頭を40~50分で解体 受け継がれた“いのちの職人”の技

    作業には、長女の澄子さん(当時62歳)、新司さんの妻・静子さん(当時66歳)も加わる。
    分担して牛の脚や腕を固定し、新司さんと昭さんが使い込んだナイフで皮をむいていく。牛の腹の部分を開くと、内臓が姿を現した。小腸や大腸、そして胃。いわゆるホルモンだ。

    昔から内臓の処理は女性と子どもの仕事だった。頻繁にナイフを使い分けながら、部位ごとに分けていく。
    大きな水槽で、長さ25メートル以上に及ぶ小腸を洗ったり、頭部から舌(タン)を切り出したり。この時ばかりは、女性2人の表情も真剣そのもの。黙々と作業は進んでいく。

    皮をむいた牛は天井からつるして、最終的には「枝肉」と呼ばれる半身の状態にする。電動のこぎりを持つのは新司さん。
    飼育してきた牛の背骨に刃を入れる。良質な商品にするため、肉を傷つけないように慎重にチェーンソーを扱う。

    次第に、鮮やかな赤色の肉があらわになっていった。それは私たちが、スーパーなどで目にする「ステーキ用」「カレー用」として見慣れた肉そのものだった。
    解体作業にかかる時間は毎回40~50分。黙々と牛と向き合う4人の眼差しは、“いのちの職人”という言葉がふさわしいかもしれない。

    被差別部落として他地域と分断 住民を苦しめる理不尽な差別
    貝塚市がある大阪府南部。1994年に開港した関西国際空港が一つのランドマークだ。だが、それ以上に人々を魅了するのが全国的には岸和田市で有名なだんじり祭り。
    泉大津市や和泉市、熊取町など、それぞれの地域に古くから大切にしてきただんじり祭りがあり、貝塚でも毎年10月に催されるそれは住民の一大イベントだ。

    北出精肉店がある地域のだんじり(山車)は、とかく豪華絢爛だ。
    高さは3.7メートル、幅は2.3メートル。
    正面には、武田信玄と上杉謙信が争った川中島の合戦の模様が描かれ、内部の木彫りのこだわりぶりは際限がない。
    そんな立派なだんじりには、差別に苦しまされた地域の人たちの意地が込められている。

    https://blogos.com/article/418170/
    2019年11月19日 07:07

    前スレ                2019/12/05(木) 07:02
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575496928/


    【食肉を解体する「屠畜」 作業 その担い手に向けられ続ける理不尽な差別】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (373)


    シカ (鹿からのリダイレクト)
    シカ(鹿)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。多くのシカ科のメスはツノ
    16キロバイト (2,169 語) - 2019年9月13日 (金) 08:16



    【【閲覧注意】 かなり分かりやすい鹿の解体動画】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (304)

    ワニ(鰐、鱷)は、ワニ目(ワニもく、学名:ordo Crocodilia) に属する、肉食性で水中生活に適応した爬虫類の総称。 中生代三畳紀中期に出現して以来、初期を除く全ての時代を通して、ニシキヘビ等の大蛇と並び、淡水域の生態系において生態ピラミッドの最高次消費者の地位を占めてきた動物群である。
    25キロバイト (3,412 語) - 2019年8月5日 (月) 23:36



    【【閲覧注意】捕まえたワニを捌いたら腹から生きたカメが出てきた件についてww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    スクリーンショット (107)



    【【閲覧注意】ハンター勉強用にヤギをあっという間に解体する男たちの動画をどうぞw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット (77)



    相変わらず海外の職人は仕事が早いねw

    そしてヤギが多い……

    そして絶対喋りながらやるw

    狩猟者は解体の勉強にもなるね。 【【閲覧注意】お喋りしながらヤギを1頭5分で解体するプロの技w凄すぎww←ハンターは見とけw】の続きを読む

    このページのトップヘ