ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:警官

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フェレット(英:ferret, white footed ferret)は、イタチ科に属する肉食性の哺乳小動物である。 ヨーロッパケナガイタチもしくはステップケナガイタチから家畜化されたもので、古くからヨーロッパで飼育され、現在は世界中で飼われている。狩猟、実験、毛皮採取、愛玩用に用いられる。体長は、成体で35
    27キロバイト (3,998 語) - 2019年11月7日 (木) 05:08



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 :2019/11/07(木) 08:30:50.10 ID:nA3gYuQW0.net BE:837857943-PLT(16930)


    (出典 img.5ch.net)

    フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

    大分県警大分中央署で交番勤務だった2002年に通報を受けて捕獲を試みたフェレットに手をかまれ、感染症の治療を続けていた
    県警の男性警部補が今年1月に41歳で死亡していたことが、県警への取材で判明した。地方公務員災害補償基金県支部は7月、
    警部補の死亡を公務災害と認定した。

    県警によると、警部補は大分市の大分駅前交番で勤務していた02年6月26日早朝、「近くの公園にフェレットがいる」と110番を受けて出動。
    捕獲作業中に手をかまれ、3カ月後に感染症の蜂窩織炎(ほうかしきえん)を発症した。警部補は入退院を繰り返して治療を続けたが、
    今年1月18日に同県別府市の病院で死亡した。

    警部補の遺族から公務災害の申請を受けた地方公務員災害補償基金県支部は、かまれたことと警部補の死亡に因果関係があるとして
    7月26日付で公務災害と認定した。

    フェレットは体長30~50センチほどのイタチ科の肉食性動物で、ペットとしても人気。獣医師の佐伯久・おおいた動物愛護センター所長(61)は
    「フェレットも野生化すれば、野良猫などと同様、かまれた傷口から雑菌が体内に入って広がる可能性がある」と指摘する。

    県警によると、当時の記録が残っていないため、フェレットがペットだったか野生かは不明。捕獲されたかどうかも分からないという。

    https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/region/mainichi-20191106k0000m040304000c.html

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    【【悲報】フェレットにかまれ警官死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    53キロバイト (7,743 語) - 2019年10月4日 (金) 21:50



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 :2019/10/17(Thu) 16:51:10 ID:ho+ODh5e9.net

    市街地でイノシシ襲う 4人けが

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20191017/1090005622.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    17日、栃木県足利市の市街地で、イノシシが次々と人に衝突したりかみついたりして、あわせて4人がけがをしました。
    足利市は「河川敷にいたイノシシが台風で川が増水したことで、市街地へ迷い込んだ可能性もある」と話しています。

    警察によりますと、17日午前9時すぎ、足利市の東武鉄道伊勢崎線の福居駅で、
    ホームにいた20代の女性が体長1メートルほどのイノシシにかみつかれ、足や腕にけがをしました。
    さらに近くの道路で、自転車の男子高校生がイノシシに衝突され、
    けがをしたほか、駆けつけた警察官もかみつかれ、足を4針縫うけがをしました。

    その後、駅で目撃されてから2時間後、近くの住宅の庭に入り込んだイノシシを
    この家に住む72歳の男性が捕獲し、この際、男性は手や足にけがをしたということです。
    イノシシは地元の猟友会が処分しました。

    足利市内では今月14日にも9歳の女の子を含む2人がイノシシに衝突され、けがをしていて、
    市は「河川敷にいたイノシシが台風で川が増水したことで、市街地へ迷い込んだ可能性もある」と話しています。

    イノシシが2頭いたという目撃情報もあることから、市は引き続き注意を呼びかけています。

    10/17 15:03


    【市街地でイノシシ出現 4人けが 警官もやられるが72歳が捕獲www】の続きを読む

    このページのトップヘ