ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:進化

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    また、酸素は紫外線に反応しオゾンをつくった。酸素濃度が低かったころは地表にまで及んでいたオゾン層は、濃度の上昇とともに高度が高くなり、現在と同じ成層圏まで移動した。これにより地表では紫外線が減少し、生物が陸上にあがる環境が整えられた。 最初のうちは酸素濃度
    21キロバイト (2,999 語) - 2019年11月8日 (金) 07:13



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/11/13(水) 10:01:13.575

    大蛇ティタノボアとか巨大ナマケモノのメガテリウムとか
    ダチョウの先祖ジャイアントモアとか・・・

    想像画だけでもキモくね?

    で なんで絶滅したの? 地球の重力が変わったの?


    【古代生物ってなんであんなにデカいの?おかしくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ガイア理論ガイアりろん)とは、地球と生物が相互に関係し合い環境を作り上げていることを、ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。ガイア仮説ともいう。 生物学者リン・マーギュリス、気象学者アンドリュー・ワトソンなどが支持者に名を連ねる。 ガイア理論は、NASAに勤務していた大気学者で、化学者でも
    14キロバイト (1,900 語) - 2019年10月22日 (火) 23:39



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 同定不能さん :2013/10/23(水) 16:27:55.82 .net

    全ての生物の役割は? 我々人類は一体何にあたるのだろうか?


    【もし地球が一つの生命体だったとしたら……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (あし)は、一般的に身体の一部を指すが、言語用途によって意味が異なってくる言葉の一つである。 一般に生物学に限らず地に向かい体部を支えるものを指してと呼び、それを機軸として慣用句として様々な意味合いを持つ言葉に発展してきた。 この項では下肢全体を指し同音である脚と、くるぶし以下接地部であるを区別して説明をしている。
    21キロバイト (3,184 語) - 2019年9月18日 (水) 13:52



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 サンダージョー ★ :2019/10/28(月) 11:29:20 ID:CAP_USER.net

    2019年10月26日 09時00分
    https://gigazine.net/news/20191026-why-no-three-legs-animal/

    (出典 i.gzn.jp)


    事故や戦闘などで足を失ったケースや先天的な奇形を除いて、3本足の生物は自然界ではほとんど見られません。なぜ3本足の生物が存在しないのか、カリフォルニア大学デービス校で地球惑星科学を専攻しているトレイシー・トムソンさんが考察を述べています。

    Three‐Legged Locomotion and the Constraints on Limb Number: Why Tripeds Don’t Have a Leg to Stand On - Thomson - 2019 - BioEssays - Wiley Online Library
    https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/bies.201900061

    Why Not Three Legs? - Egghead
    https://egghead.ucdavis.edu/2019/10/01/why-not-three-legs/

    トムソンさんがまず指摘するのは、「3本足を持つ生物は見られないが、2本の足ともう1つの部位(尻尾など)の3点で休息する生物は多い」という点です。この指摘の例が、ミーアキャットやキツツキ。ミーアキャットは2本の足と尻尾を使って直立して休憩します。

    (出典 i.gzn.jp)

    キツツキもまた、2本の足と尾羽を使って木につかまります。

    (出典 i.gzn.jp)

    トムソンさんによると、樹上性の動物の多くは手足以外で体を支えるために尻尾を使用しており、3肢運動をしているといえるとのこと。その中でも、特にオウムは3つめの支えとして「くちばし」を使用するそうで、トムソンさんはオウムを「ほとんど3本足」と表現しています。

    (出典 i.gzn.jp)

    3点で立つメリットは、体を安定させやすいということ。2本の足で直立し続けるには、バランスを取るための大きな足と、体を安定させるための足の筋力が必要です。

    (出典 i.gzn.jp)

    一方で、3本足には「歩けない」というデメリットも存在します。カンガルーは巨大な尻尾を有する生物ですが、その尻尾の大きさゆえに歩くことができません。カンガルーは尻尾を使って、飛び跳ねて移動します。

    一部の動物は尾やくちばしを使って3肢運動をしているわけですが、それでも自然界には3本足の生物がほとんど存在しません。その理由についてトムソンさんは、「遺伝が原因」と語り、「ほとんど全ての動物は左右対称です。進化によって足やひれなどを持つようになる以前の段階から、生命には『左右対称になる』という遺伝子が埋め込まれている可能性があります。そして、左右対称という特性がひとたび定着した後は、ほとんど変化がなかったのだと思います」と述べました。

    トムソンさんは今回の考察について、「進化を1つのプロセスとして理解するためには、まず『進化によって起こりえること』と『進化によって起こりえないこと』を理解することが必要です。今回の考察は、『起こりえなかったこと』に関する洞察を深めるのに役立ちます」とコメントしています。


    【【生物学】なぜ「3本足の生物」は存在しないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    大量絶滅後の100万年を示す貴重な化石を発見 - ナショナル ジオグラフィック日本版
    大量絶滅後の100万年を示す貴重な化石を発見  ナショナル ジオグラフィック日本版
    (出典:ナショナル ジオグラフィック日本版)


    大量絶滅(たいりょうぜつめつ)とは、ある時期に多種類の生物が同時に絶滅すること。大絶滅(だいぜつめつ)ともよばれる。顕生代において起こった、特に規模の大きな5回の絶滅イベント(後述)をまとめて、ビッグファイブと呼ぶことがある。 大量絶滅は、地質時代において幾度か見られる現象である。そもそも地質時代の
    26キロバイト (3,911 語) - 2019年9月24日 (火) 06:38



    (出典 image.news.livedoor.com)


    Earth's five mass extinctions

    (出典 Youtube)



    1 名無虫さん :2015/09/26(土) 23:26:01.14 ID:???.net

    このままだと人類は滅亡する―生物学者らが「第6の大量絶滅期」突入を示唆

    あらゆる生物が死に絶えていく大量絶滅期。これまで地球は、
    5回経験していると言われている。しかし先日、科学誌Science Advancesにおいて、
    現在第6の大量絶滅期に突入していることが発表された。

    絶滅のスピードが100倍速い

    この合同研究にあたったのは、各国の生物学者が集まった国際チーム。
    彼らは化石の記録を調べながら、自然消滅した種の割合と、現時点で絶滅した
    生物の割合を比較。その結果、不気味なデータをはじき出す。

    それは控えめに見積もっても、通常の割合よりも100倍も速く生物の種類が
    消えているという内容で、このまま行けば人類も滅亡する種の1つになると予想された。

    研究に携わったポール・エーリック博士は「私たちの研究は間違いなく、
    現在われわれが6度目の大量絶滅期に突入していることを示しています」と語っている。


    【【気候変動】 第6の大量絶滅期に突入か【生物多様性】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    進化論(しんかろん、英: theory of evolution)とは、生物が進化したものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである。 生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて、現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたと
    58キロバイト (9,215 語) - 2019年9月5日 (木) 11:42



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 岡村隆史「俺は九十九弥市派だ!」 :2011/03/15(火) 00:07:04.23 .net

    あれだけ長く繁栄してたのに


    【恐竜はなぜ知的生命体に進化しなかったのか】の続きを読む

    このページのトップヘ