ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:銃猟

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハクビシン(白鼻芯、Paguma larvata)は、食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属に分類される食肉類。本種のみでハクビシン属を構成する。その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴である。 日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、外来種と考えられている。
    19キロバイト (2,381 語) - 2019年6月8日 (土) 14:32



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 しじみ ★ :2019/09/30(月) 12:23:11.69 ID:j3ZKWSYk9.net

     鼻筋に通った白線が特徴のハクビシンが分布を広げている。環境省のまとめでは37都府県に拡大。もともと関東や四国に多かったが、近畿でも分布を広げている。木や電線を伝って屋根裏に入り込み建物を傷めるほか、農作物被害もある。特定外来生物に指定すべきだという研究者もいる。

     ハクビシンはジャコウネコ科の中型獣。雑食で果物を好むが、小動物や鳥を襲うこともあり生態系への影響が懸念される。もともと日本にいたのか、海外から持ち込まれたのか議論が続いていたが、最近になって遺伝子が調べられ、台湾などから入ってきた外来種と結論づけられた。

     環境省などは2015年に「生態系被害防止外来種リスト」の重点対策外来種に選定。甚大な被害が予想されるため、対策の必要性が高い種と位置づけた。だが、移動や譲渡が禁じられる特定外来生物には指定していない。

     環境省は17年度に、全国のハクビシンの生息状況をまとめた。全国を5キロ四方の1万9255区域に区切って調べたところ、約26%にあたる5052区域で生息を確認。北海道と山口県、九州・沖縄地方を除く37都府県に広がっていた。調査方法が異なるため単純な比較はできないが、02年度の調査時には1216区域しか生息情報がなかったといい、15年ほどで4倍以上になった。

     近畿地方は02年度の調査では確認されなかったが、17年度には全府県に広がっていた。滋賀では7割近く、京都では5割の区域で確認された。

     関西野生生物研究所(京都市)は、10年から京都市で地権者の協力を得てハクビシンの捕獲調査をしている。18年までに捕獲されたのは400頭以上。10年の捕獲数は35頭だったが、徐々に増え18年は87頭に。社寺や文化施設で捕獲されることも多く、9年間で約260頭が捕獲された。なかには50頭以上捕まった寺もあった。


    (出典 www.asahicom.jp)

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM9W4T85M9WPLBJ005.html


    【ハクビシンさん、順調に生息域を広げるw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    シカ(鹿)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。多くのシカ
    17キロバイト (2,229 語) - 2019年10月10日 (木) 17:57



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/10/27(日) 00:45:12 ID:Bbm5wVx79.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-35144429-cnn-int
     米アーカンソー州でシカ猟をしていた男性が、自分の撃ったシカに襲われて重傷を負い、病院に搬送される間に死亡した。
    警察によると、死亡したのは同州エールビルの男性(66)で、23日夜、森の中に倒れているのが見つかった。
    身体にはシカの角で刺された傷痕が何カ所もあった。

    アーカンソー州狩猟漁業委員会によれば、一緒にシカの解体処理を行う予定だったおいに発見された時には、まだ男性は意識があって話すこともでき、
    妻に電話することもできた。しかし救急隊が病院へ運ぶ間に呼吸が停止した。
    角で刺された傷が致命傷になったのかどうかは確認できておらず、死因は心臓発作などの疾患だった可能性もあるが、解剖は予定されていない。

    狩猟漁業委員会の担当者によると、ハンターが傷ついたシカに襲われてけがをすることは珍しくないという。
    仕留めたと思ったシカが、気絶したり負傷していただけということもあり、大抵はハンターが近付くと跳ね起きて逃げるが、その過程でハンターに傷を負わせることがある。
    この担当者は、気絶したシカに近付いたハンターが死亡した事案に遭遇したのは初めてだと話している。

    シカ猟では一般的に、仕留めてから15~30分待って、*だことを確認してから近付くことが推奨されている。
    死亡した男性はエールビルに20年以上も住み、狩猟経験が豊富だったことから、不手際があったとは思えず、予想外の事故だったのではないかと当局者は推定している。

    けがをしたシカは見つかっていない。


    【【狩猟】シカ猟の男性、仕留めたと思ったシカに襲われ死亡 米アーカンソー州】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    シカ (鹿からのリダイレクト)
    シカ(鹿)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。多くのシカ科のメスはツノ
    17キロバイト (2,229 語) - 2019年10月10日 (木) 17:57



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 Ψ :2019/10/05(土) 18:57:21.23 ID:Gbkm7PWC.net

    1990年は35万頭

    食いもんはその辺の山にウヨウヨしてんのに明日のご飯にも困るニート


    【ジビエ猟師も人手不足 2025年には鹿500万頭】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (なまり、英: Lead、独: Blei、羅: Plumbum、仏: Plomb)とは、典型元素の中の金属元素に分類される、原子番号が82番の元素である。なお、元素記号は Pb である。 日本語名称の「(なまり)」は「生(なま)り」=やわらかい金属」からとの説がある。 元素記号はラテン語での名称
    26キロバイト (3,568 語) - 2019年9月6日 (金) 02:50



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/10/05(土) 21:45:49.35 ID:V3YJ4e7v9.net

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100100607
     環境省は1日、シカやイノシシなどの狩猟で鉛弾の使用を全国的に禁止する検討を始めると発表した。
    鉛弾をのみ込んだ水鳥などが中毒死するケースが相次いでいるため、既に禁止されている北海道以外にも対象地域を広げる考え。
    小泉進次郎環境相は同日の閣議後の記者会見で「北海道以外でも非鉛製銃弾への切り替えを進めていきたい」と述べた。

     鉛は有害物質だが、安価なことから狩猟用の銃弾によく使われている。しかし、散弾銃により飛び散った鉛弾は、カモなどの水鳥が砂とともにのみ込み、
    体内に吸収される。また、撃たれた獣を食べるワシなどの猛禽(もうきん)類が鉛弾を摂取するケースもある。

     環境省は今後、鉛弾の影響に関する実態調査や海外の事例収集を進めるほか、狩猟関係者と議論する。
    2021年度に鳥獣保護法の基本方針を改定する際に、全国的に禁止したい考えだ。


    【【狩猟】環境省が鉛弾の使用、全国で禁止検討 野鳥の中毒死防ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    53キロバイト (7,692 語) - 2019年9月25日 (水) 09:21



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/30(月) 18:51:21.083 ID:b0016L/aM.net

    本気で槍ほしい
    毎度襲撃されて困ってる
    ナイフだけではいつか大ケガする


    【さっきイノシシと戦ってきたんだが……】の続きを読む

    このページのトップヘ