ハンターまとめ速報

ハンターまとめ速報は狩猟、田舎スローライフ、キャンプ、サバイバル、登山、アウトドア、副業などの面白いと思った情報をまとめたサイトです。

    タグ:駆除

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    8m、体重約470kgもある巨大なイノシシが過去には仕留められている。中国東北部のイノシシも体重300kg以上に達するものがある。日本には北海道を除いてニホンイノシシとリュウキュウイノシシの2亜種ないし八重山諸島のグループをさらに分けた3亜種が分布する。いずれもイノシシの亜種ではなく、別種として分類すべきとの議論もなされている。
    54キロバイト (7,861 語) - 2019年10月19日 (土) 07:57



    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2018/09/26(水) 23:32:43.46 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00358768-agara-l30
     スギ・ヒノキの苗木を守る森林防護柵を設置した場合、イノシシが最初に破壊・侵入し、シカはそこを利用して侵入している事例があることが、
    和歌山県林業試験場(上富田町)の調査で分かった。
    試験場は「破壊されるのは地上高60センチ以下。今後対策について研究していく」と話している。

     今回、田辺市内のスギ・ヒノキ人工林で、標準柵(10センチ角メッシュネット)と強化柵(5センチ角メッシュネット)、
    金網柵(10センチ角2ミリ鋼線)を縦4メートル、幅8メートルの長方形にそれぞれ設置。
    その内外に米ぬかと古米を1週間に1度給餌し、自動撮影カメラで撮影した。試験期間は2017年5月26日から189日間。
    この結果、シカは調査開始から3日後、イノシシは21日後に現れ、シカは延べ156日、イノシシは延べ89日確認された。

     標準柵は開始から30日後にイノシシが接地部分を破壊して侵入、その2週間後に側面の破損部分からシカが侵入した。

     一方、強化柵と金網柵は59日後にイノシシが接地部を破壊して侵入したが、シカは調査期間内に侵入しなかった。
    しかし、イノシシは継続して破壊を行っており、最終的には広がった破壊部分からシカが侵入すると推測している。
    シカによる防護柵の破壊行為は確認されなかった。

     イノシシの知能はサルに匹敵するといわれ、破壊行為はネットを固定するアンカー杭の引き抜きや破壊に始まり、
    金網の切断、ネットの折り返し部分のめくり上げなどが見られた。
    このほか、内側から別の箇所を攻撃したり、2匹が同時に引いたり押したりする姿が映っていた。


    【イノシシが破壊、シカが続く 森林防護柵の侵入調査 イノシシの知能はサルに匹敵】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アリ (からのリダイレクト)
    アリ(、螘)は、ハチ目・スズメバチ上科・アリ科(Formicidae)に属する昆虫である。体長は1 -30 mmほどの小型昆虫で、人家の近くにも多く、身近な昆虫のひとつに数えられる。原則として、産卵行動を行う少数の女王アリと、育児や食料の調達などを行う多数の働きアリ、餌を得るための狩りや巣の防衛
    45キロバイト (6,740 語) - 2019年10月13日 (日) 12:41



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2017/06/20(火) 10:47:20.76 ID:0uCN6CYU.net

    部屋の中や車の中に突如として現れ出すアリを退治したい!


    【家に蟻が大発生するんだがどうしたらいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ヌートリア(Nutria、中国語: 海狸鼠、学名: Myocastor coypus)は、ネズミ目(齧歯目)ヌートリア科に属する(以前はカプロミス科に分類されていた)哺乳類の一種。別名は沼狸。南アメリカ原産。日本には本来分布していない外来種で、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律では指定第一次指定種に分類されている。
    12キロバイト (1,621 語) - 2019年9月28日 (土) 04:21



    (出典 1.bp.blogspot.com)



    1 ごまカンパチ ★ :2019/08/08(木) 04:58:48.71 ID:fTIO4HRa9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00010001-kantele-l29
    ■取材中にもあらわれた「ヌートリア」
    (視聴者撮影映像 7月5日)
    『何なんこれ?ヌートリア!?野生??」
    7月、奈良県王寺町の大和川の河川敷で撮影された映像。警戒心なく悠然とヌートリアが草を食べています。
    この周辺で6月以降、目撃情報が相次いでいるのです。

    【近隣住民】
    「ここで2匹みてるから。増えてるのかな。変に構って、噛まれたら困る」

    【近隣住民】
    「でっかい穴があるんですけど、そこに住んでたみたい。みかんが落ちてて。みかんをめっちゃ食べてました」

    取材中にも目と鼻の先にヌートリアが…。

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ■西日本で野生化しているヌートリア
    ヌートリアは、国内で最も大きいネズミの仲間で、水辺に生息しています。
    もともとは南アメリカ原産ですが、第二次世界大戦で兵士の軍服に使う毛皮のために日本に輸入されました。
    しかし、戦後に野生化し…2017年度の調査では生息エリアが西日本全体に広がっています。

    年間の農作物への被害は5800万円にのぼるということです。

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ■堤防を「決壊」させる恐れも
    【北海道大学・立澤史郎助教】
    「ネズミの仲間なので、年に2回繁殖することもあるということで、文字通りネズミ算式に増える。もともと湿地帯の生き物で、どんどん巣穴が横に拡張して、
    約7mくらい中で巣穴がつながっていた例もある。あるとき突然堤防が決壊したり…」


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    この写真は2005年、兵庫県加西市でヌートリアの巣が広がり堤防が決壊した様子をとらえたものです。
    各地でこのような危険が迫っているのです。

    ■生態系への影響も懸念
     専門家によると、最も深刻なのは生態系への影響で、大阪の淀川では、希少な魚が卵を産みつける二枚貝を
    ヌートリアが食べあさる例も報告されているということです。
    環境省の「特定外来生物」にも指定されていて、王寺町では、えさをあげないよう注意を呼び掛ける看板を設置するとともに7月からワナをしかけて、
    駆除を行っています。

    果たして、繁殖を食い止められるのでしょうか。


    【【害獣】奈良県の川で『ヌートリア』!? 目撃相次ぐ 堤防を決壊させる深刻な被害も…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年10月21日 (月) 01:18



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/10/27(日) 19:32:40.90 ID:ZVOM5aUV9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00010002-fukui-l18

    福井県勝山市中心部の芳野町1丁目に10月25日出没し、住宅街の柿の木で見つかった親子とみられるクマ2頭は、
    二晩を木の上で過ごし、27日午後も近くの木にいることが確認された。勝山市は24時間態勢で職員が交代しながら監視、警戒を続けている。
    県警勝山署は引き続き、周辺道路の通行を規制。周辺住民に外出や一人での行動を控えるよう呼び掛けている。

    市クマ対策警戒連絡室は26日、市民に柿の収穫を急ぐよう文書で区長を通じて要請した。
    不要な柿の処分用のパッカー車を26、27日、市役所南側駐車場に配置している。

    9月中旬以降、クマの出没が後を絶たない勝山市では、10月24日未明、市中心部の昭和町1丁目にクマ3頭がいるとの目撃情報が相次いだ。
    現場は22日に成獣1頭が侵入し駆除された繊維工場や、成器西小、ショッピングセンターなどに近い。ほかにも市街地で出没情報があり、
    市は24日、水上実喜夫副市長をトップとするクマ対策警戒連絡室を設置した。


    クマ2頭が登っている杉の木(中央)=10月27日午後、福井県勝山市芳野町1丁目

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    杉の木から顔をのぞかせるクマ=10月26日午後3時半ごろ、福井県勝山市芳野町1丁目

    (出典 fki.ismcdn.jp)


    関連スレ
    【くま】クマ2頭、丸一日以上木の上に居座る。「隣に柿の木があり、レストラン付きのホテルのようなもの。どうしようもない」福井県
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572136119/


    【クマの親子、二日間住宅地の樹の上に籠城】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    クマ(熊)は、食肉目クマ科(クマか、Ursidae)の構成種の総称。 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、スリランカ、台湾、日本、北極 最大種はホッキョクグマで、体長200 - 250センチメートル、体重300 - 800キログラム。次いで大型のヒグマで体長100 -
    20キロバイト (2,437 語) - 2019年10月21日 (月) 01:18



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 ばーど ★ :2019/10/21(月) 20:53:42.01 ID:t/cGQm9P9.net

     山形県の温泉街でも異様な光景です。車に並走するように駆け抜ける黒い物体に、撮影した男性も仰天です。

     夜の街中を疾走するのはクマ。20日午後10時すぎ、鶴岡市で友人とドライブ中だった男性が歩道を走るクマを発見。

     クマが走っていたのは鶴岡市湯温海にある温泉街の道路。航空地図で見ると、周りは山に囲まれているのがよく分かります。この道をクマは東に向かって走っていったといいます。

     また、同じころに路上でクマを見つけた男性から警察への通報もありました。そのクマは体長1メートルほどで、付近の住宅のガラス戸を割って家の中に入り、再びガラスを割って外に出ていったといいます。

     クマが侵入した家の住人:「ドスンといって、地震だと思ったらガチャンと。わっと思って、車が衝突したかと思ったら、そのうちガヤガヤっていうから。あらっと思って下に下がったら、皆、外にいて。『クマが入ったぞ、おめえさ』と言われて。びっくりした後『警察には通報したからの』と言われて」

     住人にけがはありませんでした。歩道を走っているところを撮影されたクマと、通報があったクマが同じクマだったかは分かりませんが、警察は付近を警戒しています。

    2019年10月21日 19時39分
    テレ朝news
    https://news.livedoor.com/article/detail/17266436/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【温泉街をクマが疾走 住宅のガラス戸を割って家の中に入り、再びガラスを割って外に出ていく】の続きを読む

    このページのトップヘ